町田内視鏡クリニック
横浜市瀬谷区瀬谷3-1-29 TEL 045-300-6055

年月

院長のひとりごと

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

>> 淡々と:もうじきティップネスの感謝祭があるらしい。そういえば、昨年そういうものがあると、体芯力レッスン受けるようになって知ったのだから、そろそろ1年かなあ。初めは何が何だかわからなくて、先生の予約も思うようには取れなくて、心配しいしい始めたんやった。まるきり運動能力のない婆さんを最初から教えるのんは、さぞかし気が重かったやろうなと思う。そやけど一年近くなって、振り返ってみると体に安定感が出てきたし、その結果仕事で疲れなくなったことが、とてもありがたいと思う。この先いつまでこの仕事(結構ハードワークでっせ)続けていけるんかはわからんけれど、淡々と先生の指導に従って体を動かしていけば、なんとかなりそうな、そんな気が….。中には、マッチなんかよりずっと大変な症状を抱えて先生に縋る人もたくさんおられるとか。仕事しっかりやりたいのが目的っていうのんは、贅沢かも知れまへん。とにかく続けよう、淡々と。 (2018/09/29)

>> 向こうの手えに乗ってもうた:昨日ファミマのカードPCでこさえたけど、うまくできたかどうかはわからんかった。お昼にナースたちが飯食うてるところでそれゆうたら、今どきTカード作る人自体、珍しいでという。みんな持っとるらしいわ。で、ますます競争心をあおられて、弁当買ったとき店員さんに”昨日登録したんやけど、うまくいったかどうかわからんのや”て、ゆうた。うまくいったみたい。もう8ポイントついたぞなもし。これやったら、もちっと、お昼が高うても、カメへんわ。と思うた瞬間、向こうの術中にはまったわいとにやついたわたくし。ほんまにあほやなー。今度は一万円ずつ払っといて、財布出さんでもええようにしよっと。さらに術中に嵌ったわたくし(笑)。 (2018/09/28)

>> ファミマのカード:瀬谷駅近くの7−11が潰れて、仕方ないから駅構内のファミマでお昼を買っていた。二人分だから、1500円位にはなる。そのたびに店員さんがTなにやらカードお持ちですかって聞く。持ってないというと、知らぬ顔してレジ打っておしまい。昨日たまたま町田から乗ったタクシーの運転手さん、ひょんなことから、元はファミマの店長のそれより上にいたという話になった。で、Tなにやらカードについておせえてもろたん。ふうん、ほなら、聞いてみるけど毎朝忙しそうやカラ言いだしにくうてなー。今朝、幸いレジが空いてたのでおばさんのところで聞いてみた。そしたら早速カードだしてきて自分で登録せえという。いつもたくさんお買い上げいただいてますからねー、すぐポイントたまりますよ〜。ときやがった。クリニックに出勤してせないかんこと少々済ませて、カードの登録へ。3分でできるて書いてあったけど、そうはいかんかった。でけたんかどうかも怪しい。明日つこてみよっと。 (2018/09/27)

>> 先発品と後発品:明らかに先発品が優れている薬剤がある。けど、このところは後発品もしのぎを削っていいものを出してるメーカーもあるらしい。ところで生活保護では、特別な理由がない限り後発品を出せとのお達しが、東京都福祉保健局とかいうところから出されたらしい。これまでは努力目標だったが、これからは公然と義務化されるそうだ。そんなんは知らんかったが調剤薬局勤務している娘から、あんた、そんなことくらい自分で調べとかな知らんデーと言いつつも、このページやと教えてくれた。ほんまや、こりゃ義務じゃ。医師が先発品が必要と考えた場合にのみ処方が許されるって。こんなこと書いてるけど、実際は怒られて泣き寝入りなんやろなー。実際面倒なことになってきている。そやけど中には後発品のほうが高価な薬剤もあるそうな。どないせえちゅうんな。でも調剤薬局も大変らしい。もし先発で出された場合、疑義紹介しないで渡しちゃうと罰則になるんやろなー。すべては保険組合が超赤字ってえのんが根源じゃろう。 (2018/09/26)

>> ATMて何ですか?:この前外来へ来られた女性(あ、マッチより年上(笑))、外から先生が来て内視鏡だったので、少し外来に余裕があって、話などされて行かれた。あのねえ、亭主が死ぬとね、いろいろ電話がかかってくるのよ。へー、どんな?土地、家屋の名義がどうとかさ、それでねお教えしますからお振込みくださいって。で、どしたん?あのね、ハックのATMに振り込むように言ってきたから、ATMて、なんですかって言ってやったの。ホシタラね、もうええですって。あらま、振り込め詐欺って、亭主が死んだとき来るってわかったわ。それを虐待するのはATMなんて知らないって言えばいいんだわ(笑)。その人は本当にあの現金自動支払機をATMというとは知らなかったんだそうだ。昔はキャッシュディスペンダー(サーかもわからんが(笑))って言ってたらしい、事務長の話(笑)。 (2018/09/25)

>> 酒粕チューブ入り:これを昨年は探し回ったんじゃ。3年前小田急OXで見つけて、重宝したん。かす汁何度も炊いたん。で、一昨年はOXには探しても探してもなくてネットで調べて大七酒造で見つけて購入。最初は確か、わからんままに、醤油などで味付けされたのも買ってしまって、持て余したん。で、昨年はようやっと真っ白なる酒粕チューブ購入。で、昨日帰宅したら大七酒造から封書が来ていた。今朝クリニックへもってきてそこからFAX注文しようと思うたけど代金が不明なのでややこしから結局楽天へ注文。そこまでは良いんだけどとろける酒粕(純米)と、とろける酒粕(純米大吟醸)とは、どこが違うんか不明。当然大吟醸というやつのほうが高いんだけど、どうせかす汁こさえるならええほうがええと思うて10パック注文した。早うしとかなまた無いようになってからでは遅い。日曜の午前に届くようにした。さあて、かす汁をうまいと感じる寒い日がまた来るんやろうか。 (2018/09/22)

>> 起訴するぞって葉書:昨日帰宅したら、マッチあてにおかしげな葉書が。文章も何を言ってるのかようわからんのやけど、要するに、下記のところに電話するなり連絡セナ、お前の給料差し押さえるぞってことが言いたいみたい。ちゃんと郵便局の葉書じゃ。差出人は不明。で、連絡先は書いてある。お前が関係している会社に、金(のことやろ、どうせ)払ってないから、法的手続きとって、給料差し押さえますって。をいをい、わしは体張って仕事して、人に給料は払いよるけど自分は給料なぞもろてへんがな。わずかな生活費を事務長からそれも渋々もろてるだけやで(笑)。こないな葉書でも引っかかるぼけ老人と思うてか。ま、ええわ、そのままゴミ箱へと思うたけど何かの証拠じゃ、とっとけ。とテーブルに放り投げてある。それにしても郵便料金払って、合うんかいなこの脅迫まがいの葉書。なんや、気の毒になってきたわ。しかも文章が稚拙なの(笑)。あ、起訴したければ、どうぞ(笑)。逆さに振っても鼻血もでんぞな(笑)。 (2018/09/21)

>> 天井は落ちんかったけど:昨日の夜の講演会は満席。なんや知らんけど、モルタルなんか、鉄筋かは、わしは分からん。そやけど上の階が落ちてくるゆう感じではなかった。階段教室になってて、あれれ、昔神奈川大腸疾患研究会ここでやっとたわ。やっぱり川手さんの言う通り旧いモルタルなんやろか。ま、ええわ。ちょっとの間じゃ。これで落ちてきたら運が悪いと思わなあかん。で、結局のところ、昨日の講義と前回の講義受けた連中は、長期処方ができますちゅう、マスクはされてるけどそういう感じ。途中舟漕いだから抜けたとこもあるけど、ベンゾジアゼピンを抜くのんはあれこれ手立てはあるものの、専門家でもなかなかできへんみたい。ま、最初の処方は頓服以外は処方せんようにしましょってことげな。高齢者ではパキシルなんぞに替えたりするのも副作用で抵抗あるみたいだし、長時間作用型にしても実際には困難を伴うげなぞ。田舎の開業医にとっては、なかなかのこっちゃ。ま、天井が落ちんかっただけよかったちゅうことで。 (2018/09/20)

>> 天井が落ちてくる不安:今日は夜、抗不安薬について横浜医師会主催の勉強会。これに出席しとかんと、抗不安薬、睡眠薬の患者さんへの投与ができへんようになるってんで、この前の7月やったかいな、みなえげつないで〜、ようけの開業医が集まっとったわ。ホンで,どえらい寒かってん。ほやから今日は、長袖のシャツに、ある方からいただいたストールをリュックに入れとるん。これだけ準備したら大丈夫やろう。そやけど、会場が今日は桜木町の医師会館。えらい旧い建物や。そこの3階が会場で、入りきれんセンセらが4階に詰め込まれるらしいで。そこまではええんやけど、あの建物、ミシミシゆうような感じじゃわ。ひょっと地震でも起きたら、いや地震がおきんでもや、4階がいっぱい詰まって天井が抜けでもしたら、どないなことになるんやろなー。どえらい不安やなー。この不安をどうにかしてくれるっちゅう講義かいなー(笑)。 (2018/09/19)

>> パートの看護師さん募集:またまた、おめでたじゃが。しかもその人は旦那さんが造園業の会社立ち上げてしもたから、生まれた後も復帰はできないらしっす。またまた募集セナあかんのんかいな。次々と波が襲い掛かってくるもんじゃのー。今週中に募集広告出すらしいけど(事務長が管理)、ええ人来てくれるかなー。連休中は、松本清張と海音寺潮五郎の交代読み。話は約50年ほど行ったり来たりする。しかし、人間模様というものは、時代を問わず、場所を問わず似たようなことが繰り返されてると思う。昨日は、張作霖の爆破事件のところじゃった。西郷さんは井伊直弼の圧政を恐れた島津久光に南の島へ送られるところ。その頃は大久保とは無二の親友じゃったのになー。 (2018/09/18)

>> 昭和史発掘:昨日は午後休診。体芯力まで時間を持て余すのだけど、検査件数を入れすぎると事務長から文句が出て、腹立たしいので、さっさと帰る。駅向こうの本屋さんへ寄ってみっけー。松本清張、昭和史発掘。それも文庫本で14,5冊はあったろうか。松本清張は好きだけど、殺人は読むとトイレいけなくなるので敬遠していた。どうしても読みたいものだけ、ごくたまに。昭和史発掘は実際にあった事件を清張の鋭い分析で掘り下げていくのが面白い。3話めにあったのが芥川の自殺。芥川は短編が多くて、学校の教科書以外は読んどらん。あんまし好きやないちゅうこっちゃ。清張の分析によると芥川もただのおっさん。第一高等学校同期の菊池寛(これはわが郷土が誇る唯一の文豪にして、実業家)が、永井荷風に褒められたのが、滅茶苦茶うれしくて、そこから伸びていくのに対して、芥川は師匠の漱石からべた褒めされるが、それほど嬉しくもない。もともと芥川が漱石の愛弟子なのだから。その辺からして、人間力の強弱がうかがわれるようだ。それでいて文壇の評価、読者の評価にはえらく敏感だったようで、要するに自尊心の塊みたいな作家のようじゃ。女性問題もあったらしい。体芯力を挟んで帰宅し、そこいらへんまで読んだところで眠くなり、いい気分に。あとまだまだ、楽しみはあるぞ。なにしろ第一巻しか買ってないのだから。途中のいろんな事件については、昔断片的に読んでるけど、ま、いいか。 (2018/09/15)

>> セ、先生、な、雪崩が:昨日の午後大腸検査ちう。大腸内視鏡医ならわかってくれると思うが、よそで癒着ありと言われて、痛い目にあわされ、自分が挿入するのは初めてという被験者の場合、ここまで無痛で来られたら、あとは大丈夫という目安の場所があるのだわ。そこまでの間はなんぼ修練を積んでいても多少緊張する。で、そこへ入っていくとき、ガラッとドアを開けて、外回りのナースが”せ、せんせ、た、大変です。雪崩が…”という。”どこがな、あたしの部屋やろ、あそこの棚んとこやろ、カメへんカメへん、ほっとき。あ、財布だけ出とったら、とったらあかんで”と笑いながら….。検査は無痛で深部挿入。それからは、観察。病変がなければどうってことはない。その人終えてから、部屋へいったん戻って、所見書く。ありゃま、入られへんがな、この部屋。資料とか、そのうち読もうかなと思てるもんが全部落っこちて、それをどかさな入られへん。しゃーない。パッと見て大したことないものは、ぜーんぶゴミ箱へ。大体業者の持ってくる資料はためになるものも多いんやけど、大抵はクリアファイルに入ってくる。そやからちょっとした刺激で、雪崩を起こすんじゃ。昨日、半分くらい捨てた。まだ、いつ雪崩が起きてもおかしゅうない状況じゃわ。(笑) (2018/09/14)

>> 潰瘍性大腸炎:この疾患は確かに増えてきている。で、治療を続ければ長期予後はよい。ときどき癌の発生の早期発見もかねて、内視鏡検査は必要ではあるが、…。ところが、この疾患に対する厚生省の仕打ちは冷酷きわまると、感じているのはマッチだけではないはず。疾患の申請をしておけば、そしてそれが通れば、検査も治療も安く上がる。でもこの頃はその保証を切られる患者さんが散見せられる。当院はその診断に対しては、厳格な線を引いていると自負しているのだけれど、それでも軽症だと思われると切られる。近年は良い薬が開発されて、多少の増悪は開業医で何とかなる人が多いのだ。でも、その時にはかなり高価な薬剤を使用することになる。国はお偉いさんのポンポンに金を取り込むのは平気だが、疾患を抱えて生活している人の財布から金を巻き上げるのも平気らしいわ。 (2018/09/13)

>> 検査件数:他所の内視鏡クリニックから比べたら、驚くほど少ない人数しか入れてないのに、昨日ナースから、やんわりと文句が出た。あまり多いとミスも出てくるし…。と言うのだ。だから言ってやった、これでいいと思ったら、もう成長はないんだよと。うちはスタッフの人数が多いから(よその先生から指摘されてる、税理士さんからも)決して儲かってなんかないのだ。生活するにかすかす。それでも、患者一人の額が高いから儲かってるように思われるらしい。心外だ。スタッフには、きちんと休日とれるようにしてあるし、働くときには目一杯やってほしい。院長だけだわ、休みなしでやっとるの。"(-""-)" (2018/09/12)

>> 海音寺潮五郎、西郷と大久保:大河ドラマは、一応見ている。幕末ものがすきだから。そやけど、筋立てというのか、あまりにも杜撰。何ら、必然性を説明することなくいきなり大政奉還、そして来週は竜馬暗殺(らしい、予告によれば)。こんなにもざっとした脚本があるんやろうか。出ている俳優さんが気の毒じゃわ。歴史をある程度知っとる人間が見れば、あ、すっ飛ばしやなーってわかるけど、子供などが見たら全然つまんないと思う。で、西郷さんをそういう風に考えたくないからも一遍読んだロト、海音寺潮五郎を購入。昨日から読み始めた。やっぱり、歴史は必然性があるのだから、あまりの奇矯な筋立てはしてほしくない。NHKの恥さらし。あ、ついでに粗忽の釘のCDも購入、イヒヒ。 (2018/09/11)

>> 粗忽の釘、春風亭一之輔:土曜から日曜の丑三つ時に起き出しておせちのキャンセルしたには訳がある。土曜日の大腸内視鏡がいつもと違って、とても緊張セナあかん状況の人が緊急で入ったり、そもそもがたくさんの予定も組んでいたため、くたびれてご飯食べたら寝てしもうたのじゃった。で、夜中に目が覚めて、こらいかんとお風呂へ。烏の行水済ませたところ、そこまでは地震のことばかりだったんだけど、落語が始まっていたん。で、演題は粗忽の釘、だれでもがやる有名な古典だそうだ。そやけど一之輔師匠のんは滅茶苦茶おもろいん。ヨネスケさんも言ってたけど、おもろいん。それで、笑いこけて、もうい寝られへん。で,暮れの休日診療所勤務と、冷凍おせちの配送日が一致してるんやないかいなーと、不安になってん。スマホで確認したらやっぱり一致。でゴソゴソ起き出してPCに向かいキャンセルしたという次第。昨日のうちにほかの冷凍おせちで31日に配送してくれるとこあったので切り替えた。よかったわ。粗忽の釘のおかげや。世の中何がためになるやらわからへん(笑)。ちなみに一之輔の粗忽の釘聞いたことない人一遍聞きなはれ。ものすごうおもろいで。 (2018/09/10)

>> 奥方自慢:昨日は体芯力レッスン。運動の合間に鈴木先生は奥方自慢をなさる。普通のおっさんが奥方自慢をすると、場合によっては聞き苦しく感じるものだし、我々の世代では少なくとも他人に向かっては、いやぁ愚妻でして…などと嫁さんをくさすものだと思っていた。ところが先生は違うんだなー。褒める褒める。まず頭がいい、気風がいい、その上美人(賀来千香子に似てるらしい)ときたら、ああた除けるとこないやないですか。それがちっともいやらしく感じないのはせんせのお人柄。もちろん奥様の素晴らしさなんだろなー。お目にかかったことはないけれど、センセがご自分のジムをご開業なさった時には御目文字が叶うかもしれない。それまでこっちが生きてればの話じゃが。あ、100歳まで歩けるんやった(笑)。 (2018/09/08)

>> 永野秀樹という人:関西方面での甚大なる台風の被害がまだ収まらぬ間に、いきなりの北海道大地震。途方に暮れるとはこのこと。私らも生きてる間にこのような被害に直面する運命なのだろうか。さて、日本レスキューボランティアセンターの会長(というのか理事長というのかはわからん)永野秀樹さんという方。ひょんなことからFBでの友達になってるんだけど、早速に北海道の支援を立ち上げた。勿論まだ記憶に新しい熊本の大地震の支援から、広島の台風の支援と、これでもかと言わんばかりの天災にも次々と支援メンバーを送り込んでいる。というか、彼の周りにはそういう人が集まって来るんだと思う。日本の若者が、目覚ましい働きぶりを各地で展開している。もともと、どういう仕事をされてきた人かは知らないし、お目にかかったこともないけれど、今の日本にはなくてはならぬ人であることは間違いない。おそらく私財を投じての立ち上げなのではなかろうか。写真拝見すると白髪のおっさんだけど、いつまでも元気で活躍されることを祈ります。FBのお友達を勝手に永野さん率いるボランティアーセンターの仲間にお誘いしてますけど、そういう意味あいですから、あしからず。 (2018/09/07)

>> 症例検討会:昨日は田坂で勉強会。ワッシは自分とこの二症例ためとかなあかんから、昨日は出さんかった。そやけど、勉強になった。面白い症例がいろいろ。みんなも頑張っとるなー、ワッシも頑張るどー。佐竹先生からあと10年はどうしても頑張らなって、嘘やろーと思うたけど、元気が出てくるのが不思議。遅くに寝たら、今朝早くに北海道で地震。もう日本中無傷なとこはあらへん。首都圏だけじゃ。日本中が災害に見舞われて、救助の力も底ついたころ、こっちへ来るんかなー。それならそれで自力更生セナあかん。よっしゃ、まだまだ頑張るぞー。 (2018/09/06)

>> おせちと冷凍肉の注文:台風が来よったというのに、お昼休み、おせちの注文と冷凍肉の注文した。おせちはめんどくさいから自分では作らん。シュガーレディ、高島屋、家庭画報と転々としたが、どれも値段の割にはいまいちどころか…。今年は初めてアマゾンに。3人しかおらへんけど、2,3人分のはあまりうまくなさそうだから、5人分くらいの3万円超えたけど、ま、いっか。パルシステムを受け取れる水曜日が年末のお休みじゃないから、仕方ないやろ。冷凍で4段折り買って、毎日一段ずつ解凍して食べる。そういうとスタッフはみんなあきれる。ほなってさ、箸でああた、ほじくり返してつぎの日食べるの嫌やん。でも、あっち食べたいなーってあるやないですかー。あかんねん。ワッシそういうの苦手やねん。栗きんとんだけはないと娘が膨れるので、別に買う。あほみたいやなー。で、お肉。冷凍庫はお肉もいっぱいにしときたいんやけど、らでぃっしゅぼーやに申し込んだら、定期購入で、野菜やらも一緒に買わんとあかん見たいや。クッソっと思ってググったらオイシックスというのが出てきた。これ、お肉だけ買えるみたいや、ってんで早速注文。今度の日曜に来る。ま、どないなもんか食べてみて、おいしければまた買おっと。日曜祝日しか御休みないから、そこを買い出しで潰すのんが嫌なん。貧しい生活ですわ。 (2018/09/05)

>> 体の中と外と:昨日の投稿で、FBFがトイレの下水栓の詰まりのことで、いろいろアドバイスをくれたり(半分はふざけてる(笑))したんだけど、実際うんこは大した量じゃなかったけど、濁り水の中に胆汁の色がついてるのんは、気持ちが悪かった。この中へホース入れてどうにかせえと言われたら気絶するかも。見ただけで、食欲減退。そやけど不思議や。われわれ、いつもいつも前処置パーフェクトな大腸検査ばかりしてるわけやない。お年寄りだったり、前処置薬が気持ち悪くて飲めなかったりした被験者の腸内とさほど変わらんわけや。そういう時には決して気持ち悪いとは思わない。視野が悪くて、病変見落としたら困るしなー。どないぞならんかいなーと水で洗浄しながら進んでいく。もちろん便臭は防ぎようがない。それでも汚いと思わないのだから人間て不思議。体内にあるうちはきれいなんや。いったん外へ出たら、たとえ自分と自分の家族のものであっても気持ち悪いもんや。摩訶不思議。 (2018/09/04)

>> 日曜の午後に:殺し見よったら、事務長が一階のトイレ、流れにくいーってゆうてくる。ほならどこか電話したらええんやろー。ここへしたらええわってゆう。”なんで自分でせんのかなー普通の家はそういうことは男がするもんやで”と娘が悪口を言う。今更しゃーないから電話する。”あんたの今の電話めちゃタカビーやがな”とこれまたお叱り。夕方来てくれた。で、まず見積もりという。で、してもらった。まずおっきな吸引ポンプ出してくる。うーーーん、これでどうでしょうかねー。ちょっといまいちですかねー裏の下水栓のところ見てみますわ。….。えらいこっちゃ、そこがいっぱい詰まっとる。(朝から尾籠な話ですんまへん)これは、もう一遍見積もりしてとか何とか言うので、あのなあ、見積もりとかいよる間に直してんか、日いが暮れたらあんた、どもならんやろ。ってんでとにかくそこと次の栓も見てもらった。大きなモーター付きの機械が運び込まれる。お兄さんは濡れてもええようにカッパ着るからいかにも気の毒。結局裏の家(とお兄さんは言わんかったが他にそのあたりに大きな木はない)木の根っこが伸びて桝に入り込んでたみたい。見ますかっていうから見せてもろうた。どひゃー。これ、袋に入れますから、燃えるゴミで出してください。一件落着。まだ明るい時間だった。それから見積もりしてもらって事務長が現金払いでおしまい。よくできた修理屋だった。これこれの修理しまして現金でいくらいくらお支払いいただきましたと会社へ電話して途中でこちらへ変わってくれと。へーへー、よくしていただきました。そうしないとインチキする社員がおるんやろうか。そこまでせんでもと思うけど。 (2018/09/03)

>> 剣客商売、活と殺:昨日は昼頃軽いめまいの兆候が。午前で診療終わるので体芯力やめて帰宅して眠ったほうがええカモと、思ったけれど、いやいや、冷房の中での一日座り仕事が祟っとると思うて、午後4時からの予約通りにティップネスへ。眩暈らしい兆候を訴えると先生は、話をよく聞いてくださり、頸からきてますかねーと、左右差を見て下さり、右の胸鎖乳突筋を抑える。いててっ!!しばらくすると、なにやら知らんけど、立ち上がれた。腓骨についてる筋も、凝ってるらしい。なんで格闘家なのに、わかるんですかと聞くと、格闘家だからですとおっしゃる。昔は剣客商売っていうのがあって、腕の立つ剣術使いは(とはいっても士官はしてないはずとワッシは思う)各地を回って、活かすと殺すを武器に名士の家で、治療してあげては、宿泊(只でだよ)してたという。おそらく、次男、三男で、家を継ぐことのできなかった武士が剣術を磨いてそういう道を選んだのだろう。平手造酒もそうかいな〜。あ、あれは用心棒じゃった(笑)。ほう、剣客商売といえば池波正太郎ではありませんか、もう何べんも読みましたわ。というと先生はそれは読んでないですと。それにしても、すぐにここってわかるのがすごい。しかもものすごい力で押されてる気がするほど痛いんだけど軽く押してるだけだそうな。剣客商売、いまだ健在。 (2018/09/01)