町田内視鏡クリニック
横浜市瀬谷区瀬谷3-1-29 TEL 045-300-6055

年月

院長のひとりごと

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

>> えげつないのンは、せんせやがな:昨日は体芯力レッスン。始めてどのくらいになるか忘れたけど、そういえば、体が楽になって来ている。仕事するのに、この歳ではとふつう思うだろけど、元気なん。日曜、祭日以外に休みもないのに、元気なん。やっぱ、せんせのレッスン続けてるからやろなー。たとえ週に一回でも汗だくになるまで、きちんと理屈に合った体の動かし方を、させられるのやから…。せんせはイケメンのくせに、レッスン中はおもろいことばっかり言うて生徒を笑わせる。昨日は”えげつない”という言葉。若いころは(今もワッシから見たら子供みたいなもんじゃが)、めちゃくちゃもてたラシッス。怪我で入院したら毎日毎日女性ばかりがお見舞いに来るのでナースがあきれてたらしっす。そやろなー。せんせ、えげつないで〜。ようけの人たぶらかして、元気あふれさせて。ま、ええわ。娘がいよったわ、あのなあ、女に手ぇの早い職業おせたろか。美容師、バーテン、バンドマン。整体師、消防官、スポーツインストラクターやゆうでって。アハハ、言えてるわ。(笑)えげつなー。ちなみにせんせは勿論のこと町田のティップネスではスーパー売れっ子、と言う婆さんがいたが、その人はまだせんせの真価を知らない。とてもあんなとこに収まるような人やないで。もっともっとえげつないでー(これ褒め言葉だっせ(笑))。 (2018/06/30)

>> ま、ええやないかい:昨日の予選最後で日本代表の戦いぶりがこき下ろされてたらしいな。ワッシは、寝ながらたまたま深夜放送でラジオで聞いてたから、あんまりわからんやったけど、ま、ええやないかいな。監督も日本代表率いてまだ数か月。ここまでの結果を期待した人はおらんかったやろう。叩かれても、ええやろ。それも試練やろ。あの灼熱地獄の中でよう頑張ったわ。ワシら、そこにおるだけで救急車もんじゃ。決勝に残って何ぼって、金も動くのやろう。代表にはなってみないと、その辛さはわからんし、ましては監督においてをや。侍の潔さは我々が心の中に持ってればよろし。 (2018/06/29)

>> 夏バージョン:今朝の暑いこと。台所で朝ごはん支度してると汗がだらだら。大体において、起きるのが遅かった。で、今朝から夏バージョン。リュックを大急ぎで網編みのに替えた。それを探すのにも手間が。バスにした。暑いわ〜〜。いつも涼しいところで仕事しよるから、さあゆうたら体力あらへんかもしれへん。暑さにも馴れなあかんなー。 (2018/06/28)

>> ぎっくり腰:と言っても、マッチではない。マッチはそういうものにはもうならない。なったとしても軽いうちに自分で調整できる。今朝のFBで、うちに来られる患者さんが、ぎっくり腰で動けないって出てた。心配になって、いろいろメッセ入れたりしてるが、それどこじゃないみたい。今出勤して来てカルテ見て電話入れてるが、通じない。大丈夫かー。仕事の詰め込み過ぎやなかろうか。安静より動ける範囲で、動いてみてー。痛み止めの処方、奥さんでも取りにきて―!! (2018/06/27)

>> 夏休み:今夏の夏休みが何日から何日までか、さっき初めて見てみた。事務長は昨年から、いや多分もっと前から決めて、クリニックカレンダーにしてあるんだけど、ワッシは興味なし。明日から休みじゃと言われれば、そうかいな。明日から仕事じゃとなればそうかいな。これはしかし、勤務医の時から、同じ。給料もらっての休みだろうが何だろうが、同じじゃ。一つだけ関心事がある。それは水曜日、パルシステムの届く日が、休みに当たるかどうかなのじゃ。何でって、猛暑やろ。なんぼドライアイス入れてもろたって、家に帰る時には冷凍は冷凍でなくなるから、水曜日がお休みに当たる時以外には冷凍は注文せん、いや、できん。で、シュガーレディー使ったりもするが、いまいちお高いわりに美味しくない。で、パルシステムの冷凍が買えるかどうかは大問題。で、さっきクリニックのカレンダー見てみた。オ、今年は15日が水曜じゃ。しめしめ、その2週間前にはどっさりこと冷凍注文したろっと。昨年の正月休みは水曜は外れておったために(休みの最後の日やった)なんちゃ買えんかった。この恨みを一気に晴らしたろ。(笑) (2018/06/26)

>> ストラディバリウス:昨日の休日診療所、相方は三ツ境の渡辺ファミリークリニック院長先生。感じのいい先生。午前のわずかな患者さんが終わって、お昼となった。で、どこからそういう話になったのかなー。奥様が音大出でピアノ弾き、お嬢様も音大学生で、こっちはバイオリンだと言う。”せんせ、いっちょ頑張ってストラディバリウスでも買うてあげなならんなー””冗談じゃないっすよ、桁が違いますから。せんせ辻久子知ってます?””知らいでか、あの有名なバイオリ二ストを””あの人、家内の大おばさんで、家一軒売ってストラディバリウス買ったんですよ。今も92歳で元気ですよ”ってなことから、玉川学園にお婆様の住んでらっしゃる諏訪内晶子さんが持ってるとか、千寿真理子さんが持ってるとかそう言う話になった。今はもう最低でも一億語千万以上、高い奴は、5,6億するらしいわ。そりゃあ、患者さんちまちま診て、稼いでるようじゃオッつかないねーと言うことで、我々、自分が病気になったらお終いじゃと、終いは大笑いになった。楽しい休日診療所だった。ちなみに興味本位で調べたら諏訪内さんは借りてるようであった。自分じゃもてないわな。 (2018/06/25)

>> 黄表紙来たぞ:黄表紙と言えば、江戸時代の草双紙。山東京伝あたりが有名だけど、それやない。体芯力体操の鈴木先生の、体のたるみを引き締める体操の第3弾。ポッコリお腹、垂れさがったお尻、太い脚…。これが、このたび出版された、先生の黄表紙の見返りに書かれてある文句じゃ(笑)。これ、マッチのことやないかいな。ま、ええわ、ほんまやカラしょうがない。そう言う体形と諦めておったが、先生のレッスンを受ければ、ちったぁましになるんでないか。ま、外見はともかく、同じ仕事をしても、体が疲れにくくなったことは間違いない。こういうのんは飽きっぽいマッチなんぞは、ええなあと本を見ても、2,3日しか続かない。やっぱり、無理やりお願いして先生のパーソナルレッスンに加えてもらってよかったわ。レッスンがあると、いやでも時間をやりくりして、体操する。先生の方こそ、貴重な時間をレッスンに割いてくださるんだもの。一生懸命やらんでどうする。ってなわけで、真面目にレッスン行ってるわけ。中高年の悪い体形の見本みたいなワッシでも、先生は何とかしようと、頑張って下さる。有り難いことじゃ。他の日もちょいちょい合間を見ては続けなあかんなぁ。ぁ、自分でもコツコツ努力できる向きには是非どうぞ、手に取って読んでみて、実践してくだされ。 (2018/06/23)

>> 嬉しかった:昨日の午後は事務長の前立腺の画像診断の結果が出てるとのことで、大和市立病院へ、付き添って受診しました。で、腫瘍マーカーが高い割には、画像診断上はどこにも転移がなかったとの話で、涙が出ました。後は、どの治療を選ぶかだけ。事務長は主治医とマッチとにお任せと(笑)。結局今朝からホルモン剤服用、時々注射に行って、それからしばらくたってから放射線と言う選択をした。最初見つかったときには”僕が(ここの仕事)できなくなったら、誰かシステムできるやつ雇ぇばいいから”と言っていたが、PCだけじゃない、税金のこと、金銭のこと、スタッフの社会保険のことなどなど、わたしゃなーんにもわからへん。他には得難い戦友じゃ。いやはや、割と楽な治療で、予後もよさそう。あー、ホッとした。今朝、出がけに薬飲むの忘れるなーと言ったら、ごじゃごじゃ言うなともう憎まれ口。 (2018/06/22)

>> メガネ吊るす紐:昨日知人からいただいたメガネ吊るす紐、早速つけて重宝しております。昔ちょっと老眼がかかり始めたころ、使った事があるのだけど、プラチナチェーンで長すぎて、ちょっと不便やった。そのうちに、チェーンがごちゃごちゃになってもうて、ほどかれへん。で、メガネにつける八の字型の柔らかなプラスチックもおかしくなって、引き出しにしまい込んだままやったん。で、昨日いただいたものは、組紐みたいなやつで、ごちゃごちゃにはならんし、付け始めると具合がいい。電車の中で本読んだり、スマホいじったりするとき今までバッグの中にメガネをしまっていたけど、マッチのバッグじゃから、メガネはすぐ傷つきそう。これで、メガネも安全。わーい、嬉しいなっと(笑)。 (2018/06/21)

>> 糞ころがし:昨日のラジオ深夜便での受け売り。サッカーの試合を聞きながら寝ちゃってたので、そのあとお風呂へ入り、ラジオ深夜便。ああいう試合聴きながら(第一見ないのかって)、寝るとはと思われるだろけど、眠たいものはしょうがない。で、昨日の深夜便のトークはファーブル昆虫記。そんな気持ちの悪いもの聞きたくないなーって思ってたんだけど、気持ちの悪い話は第一回、二回で終わってて昨日は、糞ころがしの話。これは面白そう。大体サバンナの乾燥地に居て、羊や牛のうん子を手早く、球にして巣へ持ち帰るから、うん子はあっという間になくなるそうな。一時オーストラリアが放牧を始めたころ、この昆虫がいなかったために、うん子を処理することができなくて、きれいな草原があっという間に毒草地になったり、蠅が大量発生したそうな。それで困り果てて糞ころがしを輸入したところ、蠅がぐんと減ったとか。エリザベス女王がオーストラリア訪問の帰り、タラップで何度も手を振っていたのは、別にオーストラリアと別れるのが寂しくて振ってたわけでなく、あまりの大量の蠅に、たまらなくて手を振ったとか。ところで、我が国で初めてファーブル昆虫記を翻訳したのはかの有名な大杉栄だったらしい。へー、そう言う面もあったんやなぁ。大杉栄には。 (2018/06/20)

>> マッチの地震対策:東日本大地震が起きてから、あ、その前から割合と地震対策はしてある。まず、都内へ出たら、地下鉄はなるべく乗らん。新宿の花園トンネルは、タクシーの運転手に通らんといてと言う。(笑)運転手も、僕もあそこ嫌いですて(笑)。で、家では停電もあるから、乾電池で点火できる石油ストーブの新品の奴、それとイワタニのカセットで使用できるコンロ。それから極めつけはNASAが開発した(ホンマか嘘かは不明)30年持つという缶詰セット。水はもちろん多量に保存。なるべくカレーの缶詰などおいしそうなものは常備して。それからキャリーバッグに避難所行かないかんとき用のために、下着と当面の血圧の薬なぞなぞ。自分にとって必要なものは完備。あ、家族のは知らん。各自用意すべしじゃから。そう言うとこは、私、冷たいのよ。危機を感じたら自分で用意しとけちゅうの。そやけど、欠点ありじゃ。それらのものは散らばっていて、どこに何があるのやらわからん。わかってるのはキャリーバッグだけ。ぁ、その中には家族の食事も入っとるよ。着替えは自分のだけじゃ。今度時間作って整理しよっと。とはいえ、すごいのが来たらあかんわ。それは用意があってもなくても同じこと。そやけど、避難所で、あれがない、これが無いとはいいとうない。気が小さいのよ、わたクス。 (2018/06/19)

>> ごろにゃんしちゃった:娘はいつも帰りが遅い。仕事もあるんだろけど、仲間との食事やら買物やらでほとんど顔見なかったわ。で、昨日は久しぶりに娘とごろにゃん。職場で頭に来たこと(対患者の家族などなど)を、ふんふんときいてやる。こっちも頭に来たことを話す。一応テレビつけてるけど、中身はどーでもええ。で、足の裏をごにょごにょしてやって、ねこっ可愛がり。しつこくすると怒るからころあいで。今週の水曜はまた高校の時のお友達と飯食いに行くそうな。ホンマにもう、家をないがしろにしくさって。でも、かわいい。そやけど昨日の夕方町田警察(警視庁やで)のパトカーがきて出て来いと。へ、アリバイあるぞなと思って行ったら、誰かが隣近所の門扉にいたずら書きしてるみたいだって。我が家もそう。ほなら防犯カメラでもつけなあかんな。ま、空き巣やとしても中へ入ったら、こら盗るもん無いわ。置いて行ったろかとは思うやろけど、娘の帰りが遅いのンが心配や。今日から新人ナースが来てくれますねん。また賑やかになるんやろなー。 (2018/06/18)

>> あと1分半です:いやはや、昨日のパーソナルレッスンはきつかったわ。はじめは脊椎周辺をほぐしてくださって、いい加減眠気がさしてきたところ。このまんまだと楽ちんじゃなー。その後がいけない。”町田さん、歩き方を直します”ってんで、いろいろ動かされる。で、自分じゃわからないからポケッとした顔しとったんやろなー。”こちらへ来てください”ミラーのついてる広い場所。”こう言う歩き方ですよ”と先生が示して見せたのが何ともはや、阿波踊りの男踊りみたいなん。”えー、そうなん?”あまりに先生の歩き方がおかしいから、げたげた笑うて、その場にひっくり返ってしもうたのじゃ。ほんまかいなー。けどそうなんやろなー。”片足立ちが苦手でしょ?””そうです、片足立ちできへんから、体のバランスが取れにくくて眩暈っぽくなります。どして、そんなんわかるんですか?””そりゃトレーナーですからね。”確かに。それからは歩き方の練習。トレッドミルみたいなやつ使って言われたように歩く。これがああた難物なのじゃ。周り見渡すとどの爺婆でも一人ですいすいやっとるん。けどワッシはできへん。心拍数200に。これは嘘やねーとか最初は文句つける余力があった。先生のお手本のように歩き始めると(どうせお手本のようにはできてえへん)きついんじゃ。しばらくして先生は”あと、1分半頑張りましょう”って。ま、その1分半の長いこと永いこと。どこが時刻の設定かなと思いつつ機械が止まったのでホッとした。それはそれは頭から背中まで汗びっしょり。十六茶持ってて飲んだけど、この次はソルトタブ用意しとこっと。うちへ帰りどっと寝た。今朝は筋肉痛、少しはましになるんかなー。先生に教わったように検査の待ち時間を骨盤動かすようにしてみよっと。いやはや長い1分半じゃった。 (2018/06/16)

>> 医療保険:当院ではかなり大きなポリープまで切除するので、当然医療保険の書類を書く(これも例にもれず、訂正印だらけだけど)。で、疾患の発症は当院の初診日と決めてある。これはどこかの先生から紹介された場合であってもそうする。どの時点から自覚症状があったかは話が別。ところがじゃ、当院初診して、大腸内視鏡の予約をとってから、医療保険に入るというケースがまれにある。当院は一度で検査と治療とを兼ねる場合が多いので、いきなり切除となるのだ。で、医療保険の書類を患者さんが持ってくる。こちらはその人がいつ保険に入ったかは知る由もないから、カルテ通りの記載となる。後から問題となって、どの時点からの発症か保険会社から問い合わせが。それっておかしいよね。入るほうも入る方なら入れる方も入れる方。内視鏡のクリニックに受診して、検査予約してますと言わなあかんやろ。言うたとしても勧誘員は一件でも契約とりたいから、いや、そんなんかまへんでとかゆうて、騙して加入させたものなのか。いずれにしてもこちらは文書料と言うものは、頂くことになってるから、それで保険金が下りなかったら丸損と言うことに。もう、もう、うちゃ知らんで〜。入る時もきちんと申告してくだされ。受診しといて、慌ててはいるちゅうのもなー、それ知ってて無理やり引っ張り込むちゅうのもなー。わしゃ、知らん。 (2018/06/15)

>> 訂正印だらけ、その2:昨日、事務さんから言わせたら杜撰な書類書いてる記事をアップしたのじゃった。夕方の外来で、ドア開けっ放しにしてたら、潰瘍性大腸炎で、初発から診せてもらている男性。まだカルテは回ってこないから、お呼びすることはできないのだが、にやにや笑ってるではないか。ちょっとぉ、あれ、読んだんやろ。ハイ、読みましたぁ。やばい。ちゃんと書くで。とやり取りしたところでカルテが来る。ほんまにこのごろは書くとこが多うてなあ、と下手な弁解するが、向こうも慣れ親しんだ人だから、どうってこたあない。ま、病状が安定してくれているのが一番の朗報。力入れて書こうかい。ところで今朝、昨日書いておいた患者さんの書類が返って来ていた。ここ、書かれてませんって。書いてないのだからして、訂正印とはならない。きれいな書類で提出できる。(その前にもう3個ほど判子押してあります)。 (2018/06/14)

>> 訂正印だらけ〜〜:今年も潰瘍性大腸炎の調査票書きこみの時期が来た。一昔前は調査票も簡単なら、診断治療さえしていれば、通ったものだった。近頃は、軽症だと認めてもらえない。そのうえ、調査票そのものがページ数も膨大になり、いちいち書きこまないと患者さんが不利益を被るので、こちとらは大変じゃ。しかし、老眼の医師のことを心配してか、書く欄が大きゅうなったのは嬉しい。そのかし、しつこくしつこく書かせるのじゃ。結果軽症と判断されると振り落とされる。相当な薬を飲んでいるからこそ落ち着いて居るのに、お構いなし。この間から次々書いてる書類、テキトーにぶっ飛ばすから受付さんが、いちいち付箋付けて返してくる。ひどいのは判定した日には患者さん来院ありませんがとか(笑)。安倍総理は金持ちだから、同じ疾患でも何ぼでもお金払えましょうが、庶民はそうはいかん。もちっと緩くしてくれんかのー。しかもじゃ、同じような人でも審査する奴のに寄ってかどうか知らんが切られる人と、通る人がある。なんだこれ。 (2018/06/13)

>> 新幹線の恐怖:ふと思うんだけど、ほかの乗客はただ見てたんでしょうか。犠牲になった勇敢な人を少しでも助けられなかったのでしょうか。その場にいなかったから発言権はないけど、正直な感想です。あまりにも哀れでないですか。彼にはまだ若い奥様も小さなお子様もいらっしゃる。女であっても、後ろから手助けくらいはできたのではないでしょうか。 (2018/06/12)

>> この部屋は掃除不要です:年に4回の床掃除。日曜にやってもらうのだけど、業者は床に荷物置くのを許さない。従って、前の土曜日帰りに、床の上のものは机に上げるとか、しなければならない。コロコロ回る車付きのものは置いててもいい。ワッシは大腸検査終わった後で荷物あげたりするの嫌だし、月曜来たときに仕事の前にそれらをおろすのンがすかんから、院長の部屋は掃除しないでってことがしょっちゅう。カメへんカメへん埃で死なへんし。ってんで一昨日の土曜も出入り口に張り紙してもろうたわい。御蔭で出勤後すぐ仕事に取り掛かれる。年に一回くらいはしてもらうん。そやないとエアコンがおかしなるから。(笑) (2018/06/11)

>> 来た来たフライパン:昔からのお友達の元オリンパス小野さんと、新たなるお友達の金崎さんから、鉄のフライパンがいいよって教わった。そんなに錆びへんでって。で、早速注文してたら昨日体芯力Rから帰って、ぐっすり眠って居たところを、ピンポーン!!オ、来た来た、ケユカの鉄のフライパン。急いで箱を開けたら、いつも使ってるのと同じサイズ。よかったぁ。すぐに洗剤で洗って、水をふき取る。一応錆びないように油を引いた。今朝はそのフライパンで目玉焼き。うん、鉄だけあって小気味よく焼けるわ。お皿に移して即水道のとこ持って行って、ジュワー。今までのテフロン加工だとそれができへんかってん。少し冷ましてから、洗わなあかん。それだけでも気分ええわ。目玉焼きもうまいこと焼けたし。ま、いっか。油は引いといた。 (2018/06/09)

>> 機械さえあれば、できるツーもんでは:昨日の外来では、びっくりするほどの超高齢の方が初診で、便潜血陽性。当院では、大腸内視鏡が主なる任務ではあるが、あまりにご高齢だと、前日の下剤から心配になって来る。かなりの量の下剤と、頻回の排便。聞けば一人暮らしとか。とても無理なので入院で丁寧にやってくれる病院を紹介した。その患者さんは、その足で病院へ行かずに、主治医の所へ。それなら、別のここにしたらと、あまり大腸検査をやってないと思える病院を勧めたらしい。こう言っては、えらそうに聞こえるかもしれないが、長年それ一筋で外来、検査、治療とやって来た医師から見たら、無謀としか考えられない。機械さえあればいいと言うものでもなく、多数の検査をこなして来た熟練医とさらには機械も現時点での最高の物を置いてなければそもそも無理なのだと思っている。それでもなお、前処置など神経を配らなければ安全な検査はできないのだ。 (2018/06/08)

>> 身にかかる火の粉は:昨日の朝、玉学から定位置で小田急に乗った。町田でウオーって、わめく声とともに、歳の頃なら27,8歳、細身の男がど派手な格好して乗ってきた。ぞっとしたわ。マッチの前の優先席へどっかと座るん。キャー、おとろしいなあ。で、最初は下向いてスマホ見てたけどどないな奴かチラ見した。右手の甲に、西郷どんの奄美大島の嫁さんがしてると同じようなタッツー、見ると前腕にまでかかっとる。こらヤクザやなー。目ぇ合わせたらえらいことになると思うて、スマホいじり続ける。次の相模大野でマッチは降りたが、そいつはそのまま残った。やれやれ。で、その状況をアップしたら、茨城の会社社長鶴田さんから、例の凶器になるボールペンどないしましたって。買ったんやけど今わからん。昨日家へ帰って探しましたがな。リュックの底に入っとったわ。で、今朝からバッグのすぐにもつかめるポッケへ入れ替え。マッチは内視鏡ばかり握ってるから案外握力はあると思う。おとろし気なんが乗ってきたらじっと握りしめて、待つことにする。傷害しても、緊急避難やろ。過剰防衛て言われてもかめへん。身にかかる火の粉は、振り払わねばなりません。そのペンはいざとなったら車のフロントガラスをも割れるらしいです。さあ、相手のどこをそれで突っついたルカ考えとくわ。 (2018/06/07)

>> 早速おいでなすった:事務長が退院してから、昨日まではのんびり、今日からは普通に働くって言ってたん。それでも、いつもよりは遅く来てもいいよってことになっとったん。出勤して2階のPC立ち上げたん。その時何やらいう所を開いて、これから開始しますって状態にせんといかんらしい。入院してる間は、それさえもできへんかったらどないショーって恐る恐る。何とかうまく行ってた。さっき出勤していつものように立ち上げたけどマウスが効かへん。へえーっ、電話?。そしたらUSBボードからいったん引き抜いて見って言うが、ダメ。もう一つの机の上にある他のマウスと交換してみてって。やっぱりあかんわ。下へ行って立ち上げたら、おかし気なメッセが出て動かへん。じゃ、もうすぐ行くからそれまで待っててって。やれやれ、事務長の回復待ってたように壊れるもんじゃのー。ま、ええわ、そのうち何とかなるやろ。出番でっせー、事務長。. (2018/06/06)

>> FBの不思議ちゃん:昨日の夕方、今時間大丈夫ですかってメッセが。医学部同級生の子からだ。開けてみたときはもう1時間ほどたっていたけど、大丈夫だよーって、返事。それから待てど暮らせど返事ないので、お風呂も入り寝てもうた。で、今朝、PC開けてメッセ見たら、送信者のアカウントが怪しいからそれが確定されてから受信となります、なんつう摩訶不思議なメッセ。何かあったのかなー、ちょっと心配だけど、学生時代からおっちょこちょいだったから、マッチを他の友人と間違えてのメッセやったんんかなー。ま、様子見るとしよう。 (2018/06/05)

>> 次から次へと:事務長が一旦退院してきた。予定より一日早かった。娘はまだ起きたばかりで、ごぞごぞしていたのでマッチひとりで迎えに行った。で、帰宅後、いろいろ掃除など済ませてくれてたのはいいけど、悩ましい発言が。あのなあ、目の左上にギザギザしてぎらぎら光るものが見えるん。目つぶとっても見えるん。と言い出した。元々緑内障があるので、びっくりや。万が一にも網膜剥離の前兆やったらあんた、直ぐにも手術じゃわ。早いか遅いかで術後の視力が決まるやないかいな。昨日は日曜日。いったん旭中央に問い合わせてみたが、眼科医なんかおるはずもない。で、眼科の救急捜すんでしたら、ここそこへ。と教えてもらって、電話。近くでやってる二次救急は杏林大学ともひとつ何やらいよった。で、結局、急をようするかどうかを見てほしいと言ったら、それなら日曜当番が町田ルミネの上の方にあると言う。何でもええから行ってこんかい。調べたら単なるコンタクトレンズだけ見てる先生ではなくて常に緑内障も診てるらしい。午後3時からの診察に。だってさ、電話で症状ゆうたら、気になるようなら来なさいって。で、混んでたらしいわ。滅茶苦茶。散瞳してもらいよるでメッセ来たから、もうすぐやなーって。電話来た。大丈夫ですって、老化現象で房水が少し減って来てて、そう見える事がありますが、網膜剥離は心配ないですって。あーよかった。わたしゃ、一家3人なのに二人も病人抱えられへんわ。娘は町田でついでに買い物して帰ってきた。夕飯は皆ですき焼き。その前にトイレ掃除も娘がしてくれた。お前、トイレ掃除好きやもんなー。好かんわ誰やって。そやけど誰かがセナしゃーないやろて。 (2018/06/04)

>> 長い1週間:事務長なしでのクリニック業務は、それはそれは緊張を強いられる1週間でした。彼にとっては何でもないことでも、わたしゃどうしていいかわからないから、トラブルないことを祈るのみでした。そしたら案の定木曜日、ファイリングシステムがおかしくなりましたが、運のいいことに向こうからの電話で、事なきを得ました。やれやれ。疲れたわ。いつもなら、夕飯食べてちょっと夕寝(笑)して、お風呂に入り体芯力Rの基本の動作やってから寝るんだけど、そしてこういう疲れた時こそやればいいんだけど、それどこやない。早めにお風呂入ったら、バタンキュー。昨日はパーソナルレッスンだったけど、全然家でやってないから体が硬い。先生に、疲れてできませんでしたと報告。ただでさえ忙しいんですから仕方ないですよと、またまた新たな運動も教えて下さった。久しぶりで元気が出て、帰宅後すぐ眠くなって…。ピンポーン。クリーニング屋さんに起こされ、夕飯食べてお風呂(こういうとこだけちゃっかりしてるから、夕飯前にお湯を張る)。また泥のように眠った。さあ、元気出さなくっちゃ。 (2018/06/02)

>> 窮すれば通ず:画像システムが昨日の午前、いっぱい検査入ってるのに、急に故障。そらまあ、そう言うものは急に起きるもんだわ。ファイリングシステム落としてもらって、二階へ。早速事務長から怒られながら習った事が役に立つわ。まずは、何かおかしなことがあって、今までの蓄積データが壊れたら困るので、今のファイリングをコピーするところから。ふんふん、で、始めたん。ほしたら、習ったときと違って、あまりにも時間がかかるん。エエッ、これどないなるんや。しばらくたってからコピーするのに5時間少々かかりますって、憎たらしい表示が。見るとグラフみたいのがどんどん動いていく。あちゃー。こらあかんわ。泣きたくなってきた。機械が壊れたから検査できませんとは死んでも言えまへん。そこへじゃ、不思議なことがあるもんじゃ。2階の机の上の電話が鳴った。通常は外線は事務を通すので、直接は受け取らない。直接受け取るたびに、あほか、音の違いが判らんのンかと怒られとった。そやけど、とにかく電話に出た。事務長の声で、もしもしー。まさに天の助け。あんたなあ、5時間かかるて。そりゃお前違うもんコピーしよる。中止して元へ戻っていいから。事務長はまるで目の前にPC画面が見えるかの如く指示する。左の端から何番目の絵を左シングルクリック、それから開いたら、ずっと下へ行ってそのプログラムの右クリック,一回だよ。それから右の上の方へ持って行って貼り付け。5時間かかるちゅうのンはフォルダをコピーしとるんじゃ。ふうん。言われた通りにしたらすぐ直った。で、検査開始。ところがところが、次の次の患者さんでまた起きた。今度はさすがにマッチがすぐ治した。電話で報告しといた。そんなに起きるのはおかしいから内視鏡室のパソコン電源一回落としてみって。さあて、それからあとは全部すんなり。なんであの時電話が鳴ったのンかなあ。不思議じゃなあ。夫婦愛ちゅうもんじゃろか(笑)。 (2018/06/01)