町田内視鏡クリニック
横浜市瀬谷区瀬谷3-1-29 TEL 045-300-6055

年月

院長のひとりごと

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

>> 仕事納め:今日で今年の診療はおしまい。新年は5日から診療開始。仕事納めとはいっても何も行事はない。淡々と。 (2017/12/28)

>> 初めて味わった体芯力Rの凄さ:鈴木先生の本を読んで、何度かレッスンに通って、確かに先生が簡単な体操のかたちを直してくださった後は、体の可動域が広がって気分がいいのはわかっていた。ところが家で本に書いてある通りにしたところで、それほどの効果があるようには感じられなかった(正直な話)。で、マッチは大腸内視鏡医。もうやり始めて30年近いから、相当な数はこなしている。それでも千例やれば千通りの大腸があり、不思議と当院には他院で挿入困難な人が集まって来るらしい。簡単な人ばっかりだと何人やってもどうってことはない。しかし、難しい症例、挿入が困難を極めるちゅうのンがおるのじゃ。昨日の症例もそうじゃった。数人終わって、その人。直腸からS状結腸へ入れない。そんなことはありえないと思うでしょう。ところが中にはある。ひょっとしたらそういう人はそのすぐ奥にがちがちの癌があることもあり、やめることは敗北だ。で、当院にはクリニックには贅沢な最新式のスコープを備えておるが、それでもスコープをどう回転させても入れない。仕方なく細径スコープに切り替えて、その上左側臥位から仰臥位、そして右側臥位でマッチの脚に患者さんの下腿が載るようにして、必死で入れていく。結局何とか深部挿入できた。挿入困難には何かわけがあろうからCT依頼。その後も他の患者さんが下剤かけてまっている。しかし、もう肩は懲り、疲れ果てて吐き気がしてきた。このまま次をやったらろくなことはない、で、先に済ませていた患者さんをムンテラするということで、数分検査を待ってもらった。その間に、体芯力Rの中の最も基本の座ってする体操。これがいつもはつまんない。で、ええ加減にやっとったから何か効果があるのンか、正直わからんかった。昨日はその短い時間にそのつまんない体操を2回通りやったん。ありゃりゃ、元気が出たわ。まだこれから何人でもできるでー。鈴木先生のレッスンに通いながら、タグ付けまでして宣伝させていただきながらここまで効果があろうとは。吃驚したのなんのって。いや、これはもう続けるしかないわいな。 (2017/12/27)

>> 皿洗いの謎:うちに時々見える患者さんがいる。何でマッチに一言ゆうてくれんかったんかは不明じゃが、1年くらい前に、横浜労災で頸と腰の手術を同時に受けたそうな。そういう術式が一般的なものなのかどうかは消化器内視鏡医であるわたクスにはさっぱりわからん。一言ゆうてくれとったら、長谷川先生に相談するなり、伊藤かよ子先生の本を進めるなりして、せめて手術にストップかけないまでももう一度熟考してもらえたのにと思うと、激しく後悔がある。と言うのは手術は成功したらしけど、予後がめちゃ悪い。なんたって、しばらく来ないからどうしたんかと思っていたら、歩行器で来たわな。それで、手術せんかったらよかったって。もう遅いわな、あんた。で、で、それから半年。一生懸命リハビリしたらしく、今は杖で外来に。で、この前変な話を聞いたのじゃった。リハビリのつもりで食後の皿洗いを買って出たのだけれど、奥さんがいい顔しないんだって。わたクスはその理由がわからんかった。なんでやろなーと、そのおっさんと一緒に考えたけどわからんかった。で、今朝の中山先生のFB投稿を見て、真実を知る事になったのじゃった。どうせそのおっさんは水道の水流しっぱなしで皿洗っていい気になってるに違いない。奥さんはそれ見てハラハラ、あらお水勿体ないじゃないって。そっかあ、そういうことかあ。今度来たらおせえてあげよ。それにしても整形で手術受ける前には一言わたクスに相談してくだはれや。長谷川せんせでも何でも紹介するきな!!馬鹿な話じゃ。 (2017/12/26)

>> 二進も三進も行かんようになって:久しぶりに娘も一緒に土、日とお休み。で、一緒にテレビ見ながら番組の悪口を言う。松本清張の”鬼畜”の宣伝が流れておった。”あのなあ、玉木宏ではあかんわな””そやなあ、現実味がないわな””そやろ、こんだけの顔しとったらな、さあゆうたらあんた、ホストにでもなってなあ、そこらの金持ちのおばはんから、何ぼでも搾り取れるがな””そやなあ、ビートたけし(前に一緒に見た同じタイトルの主役がビートたけしやった)ではなあ、そうはいかんわな””そらそうや、人間にっちもさっちもいかんようになるから、あんた子供殺すんや””そう考えてみたら、あの時の監督はピッタシの役者選んだわなー”二人ともビートたけしは好かんのやけど、必要な役者やという点で一致を見た(笑)。勿論玉木宏のやつは見んかった。あほらしいて。 (2017/12/25)

>> 何でもかんでも:お蔭様で当院は口コミの患者様が大勢みえられる。そやけど、中にはうちとは全く分野が違うのではないかと思われる人も…。気の毒ですけど、うちは胃の内視鏡、大腸内視鏡は他所よりは幾らか自信もって、診療してますけど。そして、一般内科についても生活指導くらいはシッカリさせていただきますけど、また、CTなど必要な時にはしっかりした設備の病院に直に検査依頼できますけど…。それ以上期待されてもなぁ。無理なものは無理。昨日遠くから見えた方、申し訳ないけど説明してお帰りいただいた。その方にとってはご自宅の近くの親身になって下さる先生を探す方が賢明と思ったからだ。何でもかんでもと言うわけにはいかないのだわ。人間だもの(笑)。 (2017/12/22)

>> 江戸開城:この前町田小田急8階の本屋さんで時間を潰していたら、海音寺潮五郎の”江戸開城”が、棚積みされていた。表紙が、コミック調なのが気に入らなかったけど、手に取ってみた。海音寺潮五郎はこれまで何度か読もうとしたけど、文庫本は字が小さくて疲れるので、途中で放棄。しかし今度の本は、字も通常の文庫本と同じで、読みやすい。早速買ってティップネスへ持ち込み、レッスンの時間を待つ。それにしても徳川慶喜てえのンは、どっちつかずの肝の座らん男じゃのー。山岡鉄舟やら勝海舟が、居らんかったら、とっくに切腹もんじゃぞ。さて、これから西郷・勝の会見を読み始める。体芯力Rのレッスンはいつも午後4時を予約していただいてるから、時間潰すのが大変だけども、お蔭でとんとご無沙汰の本屋さんへ寄れるのはいいことだ。やっぱり、Androidなんかで読むのよりずっと便利。今週は髪のカットが体芯力Rの前に入るから、本屋へは寄れないがの〜(笑)。 (2017/12/21)

>> 要介護にならないように:マッチ自身は大腸内視鏡が専門だけど、身過ぎ世過ぎのためには当然胃内視鏡検査もやる。最近は殆どが除菌もすませ、胃に病変が見つかることは少ない。逆流性食道炎とバレット食道は掃いて捨てるほどいるが。で、薬の処方してもう楽ちんだろうと思う人が、そうでもないと言って再診する。話聞くと、職場のこととかもあるが、5,60歳代となると親の介護が負担になってるケースが多い。同居の人も、そうでなくて毎日親のもとへ通ってる人も、様々だ。在宅介護と言うけれど、それは当人たちにとってみれば大変なこと。マッチの母は何度も圧迫骨折を起こして入退院を繰り返したが、マッチの仕事がきついのをよく理解してくれて、自分から施設へ希望してくれた。しかも、知り合いの古宇田さんが伝手で格安でいいところを紹介してくださったのだ。だから毎日曜日亭主と車で顔見に行くだけで、負担にはならなかった。母がなくなって9年。今度はこっちの番だ。娘は薬剤師だからその給料では私の施設料金はとても払えないだろう。マッチはとにかく生きてる間は歩けなくては困るのじゃ。娘に負担は掛けたくない。そのために体芯力Rレッスン受けるのよ。人間、明日のことはわからないからこんなこと言ってたって,交通事故に遭うかもしれないし、脳梗塞起こすかもしれない。でもでも、生きてるうちは歩きたい。”100歳まで歩ける体芯力R体操”。鈴木先生、厄介な生徒ですが頼んまっせ!! (2017/12/20)

>> 21世紀を生きる君たちへ:司馬遼太郎の子供たちへのメッセージ。この夏、横浜そごうで産経新聞社主催の司馬遼太郎と会うと言う展示会に行って、扇子買ったり、葉書も買ったけど、21世紀を生きる君たちへと言う子供向けの本も買ってきた。とても内容がよかったので、孫たちに送ってやりたいと思っていた。知人にチケット(産経新聞社の知人から貰った)をあげて、その本を2冊買ってきてと頼んでおいたのが、ようやくマッチの手に入った。何だっけと言うほど忘れていたが、折角だから今日郵便屋さんが集配に来るから、クリニックから送ってやろう。もしかしたら教科書で読んでしまっているかもしれないけど、いい本だもん。生きにくくなりそうな時代だけど、まっすぐそしてしなやかに生きて行ってほしい。 (2017/12/19)

>> 棒術、巴、その2:イシシシシ、棒を持ってな、左前腕の回内して、背中へ棒を回すチュウのンだけをせんせからは学んだ。そいでせんせの動画見て、あちゃーって思うたから、見よう見まねで、左右交互に棒を振り回せるようにと思うてやってみた。勿論初めはあかんかった。動画見てもせんせがどういう動きしとるのかさえわからんかった。くっそーと思ってしっかり見ては試みたぞえ。ほしたらな。出来るようになったン。早速土曜の午後クリニックで大腸検査終わってから、待合室(もう誰もおらんからちっと広め)で、やってみた。受付さんは目を白黒させて、せんせそれ以上元気になったらどないなるんですか?って。昨日は娘の部屋で見せてやった。娘の部屋だけはなんや知らん未だにLEDやないから、天井から蛍光灯の紐がぶら下がっとる。”ちょっと、あんた、電気の紐に引っかかるやろ。やめてつか”とお怒り。半分あきれとる。しゃーないから自分の部屋へ戻って一通りやってから寝る。あれやると体温まるわ。お風呂上りやったから余計に。よく眠れたぞ。今朝から、また週が始まる。よっしゃー!! (2017/12/18)

>> 棒術、巴:昨日体芯力R行ってきた。最後の方で棒術巴を少し習った。面白いので、帰りに東急ハンズでラミビ棒と言うものを2本買った。家とクリニックでできるやろ。帰宅してから鈴木先生のページに棒術の動画が出てたけど、流れるようなスコープ捌き(いや棒捌き)、とてもとても。訓練訓練。この歳になると大腸内視鏡で疲れることが多かったが、このごろは疲れが少ないような気がしてきている。楽に検査治療ができればいいんだ。 (2017/12/16)

>> 横浜西部コロンクラブ:昨日は横浜開港記念館で症例検討会。いろんな症例が出されて面白かった。内視鏡とは関係のない鶴見の宮下裕子先生も来てくださって、久しぶりに帰りにお喋り。次回が4.12で消防官の木家浩司さんにCoaido119の講演をコロンクラブでしていただくことになった。みんなまだ知らないから目を白黒させていたが、面白い話を聞かせてくれそうだ。帰りはみなとみらい線で横浜市大女医4人組となった。菊名で降りて宮下先生と立ち話。”あたしさぁ、体芯力Rやってんのよー””あら、それ興味あるのよー””早速鈴木先生に申請してみなよ”と言って別れた。何じゃかんじゃ言っても横浜市大は小さな学校だから、同門だと話に花が咲く。マッチは今夕体芯力Rレッスン!! (2017/12/15)

>> 消防官、男じゃ:消防官の中にもいろいろある。ついこの前何やら不祥事もあったらしいが、マッチの知り合いの消防官は、そんなもんやない。人命救助もポンプ車も、すべて経験して、その上被災地救援にも跳びまわってる。乗り合わせた電車の中で、見知らぬ人が倒れた時、必死で対応したそうな。他のお客はスーっと消えて行ったらしい。何もかも熟知していざという時人命救助する、そう言う人間ばかりだったら世の中丸く収まるのになー。ちなみにそいつの名前は木家浩司。東京消防庁の消防官で中隊長。現場のたたき上げ。こういう男が娘の婿やったらどんなに安心なことかと思うが、世の中そうそううまく運ぶものではない。木家さん、応援してるからねー(^^♪ (2017/12/14)

>> 自らの良心に従って:昨日の朝は、びっくりするような電話。当院も人間がやってる以上、100%完ぺきとは言えない。ただ何か起きる恐れがほんのわずかでもある場合、現段階でできうる最善の方法をさせてもらっている。そして、その方は安全だと確信するに至っているが、お怒りの電話が。自分は死ぬのだと。いや絶対に、そのようなことはないのだが、取り付く島もない。騒ぎになったので一応弁護士さんには連絡した。その方との話が拒絶された以上、向こうの出方を待つしかないのだけれど、とにかく自らの良心に恥じない診療を続けていく。人からどう見えようとそれはわからないが、一つ一つ積み重ねていくことしか、できないし、そうするのが最善と考えている。気持ちを落ち着けて話を聞いてほしいんだけど。 (2017/12/13)

>> 税理士小石先生:昨日お見えになった。帰り際にマッチの午前の診察も終わってご挨拶がてらお喋り。何やら封筒みたいの出されたから、あら、還付金かしらって喜んだら”いえ、受付さんの年末調整ですがな”とにべもない。マッチのンは春の還付金、大したことないげな。”マッチせんせと話してるときりがないので、もう帰りますよ。午後も仕事で訪問ですから””ありゃりゃ、またまた儲け口でっか””いやいや、儲けるのンは事務所で、あたしじゃありませんよ”って。”それにしても毎日よく書けますね(あんなくだらないこと…ここをおっしゃらないのは人間が出来てる)””いや、もう癖になっとるんですがな。””小島先生も毎日書けばいいのにね”と。颯爽と次の儲け口へと去られた(笑)。 (2017/12/12)

>> くだらない会話:昨日は事務長が夕方ちょっと気持ち悪いって言うから、それなりの処置をして、仕事から帰って来た娘と二人だけの夕食。たまたまニュースで大谷翔平の大リーグ移籍が決まったと。”これさあ、こんだけの男やし、まだ23やろ、女がもうとっくに狙とるでなー。””当たり前じゃわ、もううようよしとるわな””誰が落とすんかいの〜””あはははは、みものじゃの〜”亭主はこのようなくだらない会話は好まないから、静かに食べるのじゃ。娘と二人なら、どこまでも品が下がる。”おっさん(事務長のこと)大丈夫かなー””さあな、移らんように気ぃ付けてな、お互いやすめん仕事じゃきの〜” (2017/12/11)

>> 日常生活の中で:昨日は体芯力Rレッスン。先生はマイナスをプラスにしなくてもゼロでいいんですよって。要はズレタ関節をニュートラルに戻せばそれでいいと言う話。”じゃさ、わざわざ体操する時間作るのって結構大変だから、日常生活の中での体操教えてください”ってお願いした。”それじゃあ、朝起きた時、掃除機を掛けるとするでしょう。その時には…”と始まったので、恥を忍んで”あのう、わたクス、掃除機掛けへんのです。娘が時間みてかけるんです。朝は起きたらささとご飯作ってチョと体操して、血圧測って食べたら出かけるんです〜〜〜””それじゃあ、寝床の中で体動かす方法教えましょう”と。マッチには大変役に立つ体操。先生はなんぼでも引き出し持ってるから何にでも答えて下さる。今朝から、いや夕べから早速実行。よく眠れるし朝の気分不調まるでなし。颯爽と出かけてきたぞな。いやはやすごいわ。アップされてる写真だと若くて身のこなしのいい方ばかり出てるから、気後れを感じる人もいるかもしれないわな。大丈夫、その人その人に合わせて下さるから、レッスン受けてみなはれ。 (2017/12/09)

>> マイナスをプラスに:昨日は自分のクリニックで胃内視鏡検査を受けた。自家診療は許されないので、勿論ドックと言うことで。内視鏡のアルバイトに来てくださってる須田先生にお願いした。マッチはもとから咽頭反射が、めっちゃ強くて、田坂の時も佐竹先生にお手数かけたのじゃ。で、8%キシロカインを勝手に倍に薄めて、うがい。鎮痛剤は塩酸ペチジン35mg、鎮静剤は論外な量、サイレース1.7mg(その道の人なら、これが馬鹿げた量であることはお分かりだろう)。通常若い男でも0.7mgくらいで寝てしまう。それでも、まだ起きてて、口をもぐもぐっせてたんだって。自分でも知ってるよ。意識うっすらあったもん。今朝まで、ぐっすり。マッチが自分のクリニックで楽な内視鏡検査を目指すのは、一つには自分があかんたれだから。苦しいとスコープ引き抜いてしまうの。大腸はゲーゲー言わないから、それほど使ってもらわなくても大丈夫。で、今週は水曜田坂の症例検討会も体調悪くて不参加。昨日の鎮静剤で、まだしっくりは来ない。で、で、夕方町田ティップネスで体芯力Rパーソナルレッスン受ける。今週のマイナスをプラスに持って行くために。この体芯力Rは、受動的な整体などの治療と異なる点は調子をよくする方法をしっかり教えていただくことで、自分でプラスに持って行けるという点。普通のマッサージなんかだと受けた時だけよくてもすぐ戻っちゃうでしょ。自分でマイナスをプラスに持って行けるのが体芯力R。よっしゃ、来週も自分の主催する横浜西部コロンクラブがある。体調を整えないと。 (2017/12/08)

>> 寒い:今朝は冷え込む。それに、須田先生に胃内視鏡してもらうから、朝食べずに来たら、めっちゃ寒い。毎年受けてるけど、もちっと暖かい日に受けてるから、いやー、寒さが応えるわ。患者さんがイライラして待つ気持ちわかるよ。 (2017/12/07)

>> また、患者さん怒って帰ったわ:保険医療を全く理解してない患者さんが多すぎる。もっともマッチも自分が開業するまでは、他人ごとだった。月一回保険証を出すのだって、何でやって思うたわ。昨日来た人、いつも来てるんだけど多めに血圧の処方してあげている。昨日も出したが、これはいくらなんでも無理ですって事務さんが。受付さんがこれは無理ですって言うと”もう、薬ないんだよ。なくしちゃってさ。””それじゃあその分だけは自費診療になります””ほならもう薬飲まんでもええっちゅうことか、不親切な病院じゃ”とお怒り。あのねぇ、保険診療はあくまでみんなが健康な人も含めて払わされてる基金で成り立ってるの。自分の不注意でお薬何処かへ行っちゃったでは出せないんだわ。みんな保険診療だと安いから、売薬以下で買える程度に考えてる。保険はそうでなくても崩壊しつつあるというのに。怒り。 (2017/12/06)

>> 大病院への紹介:現時点では病床数500床以上の病院で診てもらうには初診で5千円払うか、または我々みたいな町医者からの紹介状が必要となる。今度からはそれが400床以上の病院にも当てはまるという。ハッキリ言って、迷惑な話。勿論大病院と同じ診断能力があるとは言えないけれど、こと自分の専門分野に限って言えば、大病院なんかでさほどでもない医者よりはよほどましだと自負している。時に大病院で大腸内視鏡検査を受けたいのだけど紹介状かいてくれと言う初診の患者さんがいる。チョと待てチョと待て、それ、話おかしいよね。万が一うちで診断できないとか、深部大腸まで挿入できないとかなら、さっさと紹介すらあな。けどさ、診てもないのに、紹介状だけ書けってのはいくら何でも失礼と言うもんではないか。結局当院での予約はとった。で、前日の検査食、下剤まで持って帰った。後で電話してきて、やっぱり大きいとこへ行くからと。それはいいよ。どこででも受けて下され。そやけどいったん持って帰った検査食や、下剤、引き取れと言うらしい。ふざけてるよね。じゃ、自分がその返品されてきたもの持たされたら嫌だよね。そういうのって信用問題でしょう。うちはそういう場合のお口に入る物品については返品は受け付けません。普通薬局もそうだと思うけど。自分中心に地球が回ってると思う人、いるんだよねー。 (2017/12/05)

>> オレオレメール:金曜の午後、スマホにメールが。見てみると”楽天会員の支払いがなされていません。このままですと法的措置を取ります。もし不審な場合には以下の電話に御連絡下さい”って。へ、チョと待てチョと待て確かに時々楽天でカード(楽天カードにあらず)で買い物したことはあるけど、家族にばれて困るような買い物はしとらんぞ。これ怪しいわ。と思って楽天のページをパソコンで開く。そういうメールがランダムに送られてるらしく、不審な場合にはお電話をと。電話したが混んでるようでそのまま20分お待ちくださいだと。頭に来たのですぐメールを削除した。こんなメールでホイホイ電話(スマホから)した場合、それこそいろいろ個人情報垂れ流しになって、被害こうむるんやろなー。法的措置だってぇ、うちには顧問弁護士居るし。イケメンやし。何でも持ってこいちゅうんじゃわ(笑)。阿呆が、そう簡単に騙されるかい。 (2017/12/04)

>> 思い込んだら試練の道を:昨日は夕方町田ティップネスで体芯力Rレッスン。マッチは御調子もんだから、何やら機械使っての、レッスンの時、先生がきっついトレーニングってホントは間違ってるんですよとおっしゃるから、イントロまで付けて”思い込んだら試練の道を〜〜”って歌い始めた。先生もすぐ乗って来て小声で歌う。”せんせなんかまだ生まれてなかったでしょ””いや、再放送で見ましたよ”。周りから見たらあの師弟はいったい何をおせえてるんだろって思うだろなー。でもみんな自分のことに必死だから、かめへん、かめへん。ようやくちょびっと体の動かし方がましになって来たみたいで、先生からもお褒めの言葉。また、一週間空いたら元に戻るんかなー。いやいや、合間みてはやるぞー。とにかく台所仕事の時、脚がくたびれなくなったのは事実じゃ。それこそ、思い込んだら試練の道を〜〜かもかも(笑)。 (2017/12/02)

>> 心の病と恋の病と:昨日は三ツ境の森田先生が検診がてら内視鏡にお見えになられた。で、検査終了後、鎮静剤がまだ残ってるからか、口が軽いのなんのって。うちの隣の瀬谷メンタルクリニックの院長先生が滅茶苦茶別嬪やていう話をしておいたのだが、何か知らんけど見に行ったらしい。チョと待てチョと待てご自分の後輩やないでシュか。で”いや聞きしに勝る別嬪ですわ。あれならスーッと惹かれます””せんせ、男の患者やったら絶対惚れるわなー。心の病の上にああた、恋の病まで重なったらどないなるん?””いやねぇ、患者さんには惚れささなあかんのですが、ああ言う科は””ほなって、話がややこしゅうなるやないかいな””ええんです、そこをうまいこと潜り抜けること、彼女はできますから”って。それはそれはべた誉め。”僕だってね、患者さんから誘われることだってあるんですからね”って、ご自分のイケメン度のアピールも忘れずにおっしゃったのは笑えた。 (2017/12/01)