町田内視鏡クリニック
横浜市瀬谷区瀬谷3-1-29 TEL 045-300-6055

年月

院長のひとりごと

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

>> 薩摩びと:白薩摩で有名な沈寿官が祇園で芸者にせがまれて、歌った唄が、関が原退却戦の歌である。関が原で島津勢は西軍に属していた。正午過ぎ、敗戦が決定するや、退却せざるを得なかったが、しかしまわりはみな敗勢のみで、退路(ひきぐち)がなかった。やむなく家康の本陣に向かって中央突破の退却をするという無謀な、しかし考えてみればそれしかない方法をとったが、ともかく主将を守るために兵は次々死んだ。火の中を掻い潜ってゆくようなものであり、はじめ千人前後いた人数が、ようやく戦場を脱出して伊勢路にさしかかった時には八十人くらいに減っていたという。(中略)退却軍が烏頭坂にさしかかるころには(沈寿官は)頭を振り立てて立ち上がり、やがて島津豊久が主将の身代わりになって敵陣に突入して敵のつきだす無数の槍のために空中に跳ね上がって死ぬくだりになるとポロポロ涙をこぼし、芸者もぼう然としてしまって三味線を鳴らすのを忘れる始末だった。なるほど”武骨の薩摩”と言うものであろう。(司馬遼太郎、街道をゆく、肥薩のみちより抜粋)こういう、戦記物の類は今は流行らない。動物愛護などという猫なで声の方が圧倒的に支持をえる。しかし、日本民族に流れる血の源流をたどることも、必要なのではなかろうか。 (2017/05/31)

>> 新装版、大きな活字で”街道をゆく”:来た来た、第3,4巻が。ベッドで寝っ転がって読む分には、肩がこる重さではない。問題は電車の中。筋トレしてるから片方の手はつり革ないしドアの棒にとられている。そこで、多くは左手だけで読むことになるのだけれど、ページをめくるのが大分大変。マッチは手のひらが小さいので、左手で本を支えながら、親指だけでページをめくれないのじゃ。仕方ないっす。一瞬右手の吊皮を放して瞬時にページをめくる。やれやれ、それが一仕事じゃわい。今朝は田原坂のところを読んだ。そこらのお婆さんは、先の大戦(第二次世界大戦)よりも、田原坂の方がそりゃあ、激戦でしたとのたもうそうな。こういう、庶民の生の経験を拾い歩いて紡いでいく司馬先生の街道をゆくがおもろいのじゃ。ついでに秀吉の九州征伐にも関が原にも屈しなかった島津氏は、清正を崇めつつ仮想敵国と考えておった。幕府の隠密はいったん薩摩ン国へ入ったからには決して生きては帰れんじゃった話は有名。そのエネルギーが明治政府をこさえたが、田原坂で潰えたのう。いっそのこと、大河は島津家を取り上げたらどうじゃろ。関が原から命からがら逃げかえった圧巻もあるでのう。 (2017/05/30)

>> サラダ麺さえ:土曜日、いつもマッチはお昼は早い、ってか掻き込むのが早いので、さっさと終わる。で、下へきてナースたちがお昼食べてるのを周りで見て囃し立てたり〜、ろくなことをしない。美人ナースがサラダ麺を食べていたのを見たが、何やら美味しそうに見えた。”へ、そんなもん食べられるんかえ?”と聞いたら、みんな一斉に美味しいですよという。今朝、7−11でそれなら買ってみようかいと、意気込んで入ったが、さてとなると、何やら薄気味悪く手がでない。結局冷やし中華に。明治維新になって、四足を食べるようになり始めたころ、みんな気味悪がってなかなか手が出せなかったというけどそんなものかいな―。それでも井伊家では、殿様は近江牛を食べていて、将軍家に献上していたそうな。贅沢するやつは、こっそりしてたんやなー。マッチ無理。サラダ麺さえ、手が出せません(笑)。 (2017/05/29)

>> 韓のくに紀行:昨日歯医者さんで順番待ってる間に、街道をゆくの1巻目は読んでしまったので、第2巻。韓のくに紀行。前に読んだようにも思うんだけど、それに韓国には全く興味がないので(一時みんな馬鹿買いしに行ったみたいだけど、そういうの興味なし)、この巻きはどうなることやらと思いながら今朝の電車で、筋トレしつつ読み始めたが、まあ、おもろいことおもろいこと。流石は司馬先生。対馬が米が採れないため、倭寇になって、今の釜山へ何か品物を持って行って、米と交換してもらったらしいが交換してもらえない時には強奪したらしいこと。日本国は江戸時代まで見て見ぬふりをしていたらしいこと。江戸時代になってようやくわずかな米を対馬藩に扶持したようなことから書いてあり、なるほどなぁ、日本と韓国の関係はそういうこともあったんだなと思いつつ。韓国の男は行儀がいいから、日本の男が大酒飲むと素裸、褌一丁になるなんて,おぞげを振るうらしい。朝から電車の中で、笑いながら筋トレ。 (2017/05/27)

>> 字が小さいんや:こうなったら、もう一遍読もうと司馬遼太郎、街道をゆくをAmazonに注文。一つ懸念があった。文庫本のンは字が小さいんや。須田画伯の絵もちょっと出てるのが魅力なんやけど、メガネ外さな、読めまへん。前に小田急で字のおっきいのンを購入したこともあるが(全巻ではないぞ)、これはバッグに入れて持ち歩くことはかなわん。悩みの種がまた一つ。そやけど、ちっこうてもええわ。ってんで朝日文庫の1巻2巻を購入。読み始めた。めっちゃおもろいけど、やっぱ、字がちっこい。信長のおもしろさは、桶狭間の奇襲や、長篠の戦の火力戦を創案し、同時にそれを演じたというところに象徴されてもいいが、しかし、それだけでは信長の凄味がわかりにくい。この天才の凄味はむしろ朽木街道を疾風のごとく退却して行ったところにあるであろう〜と来るのだから、読んでるほうはたまらない。キャー、司馬遼太郎〜〜〜。今日帰りにヤッパリ字の大きいほう買おうかなー。悩ましいなー。 (2017/05/26)

>> 歴史を学ぶ意味とは:今朝の4時からラジオ深夜便は司馬遼太郎編集者の元産経新聞記者(窪内隆氏)の、話だった。4時から何をやるかは深夜12時前に放送するので、朝は起きてなければと思って、寝た。大抵そういう時は寝過ごすんだわ。けど運よく目が覚めて窪内氏の話を拝聴できた。彼は社会部の記者で上司から、何やら(忘れた)について150字で書けと言われ、困ってたら、文化部部長の福田さん(司馬遼太郎の本名)の所へ聞きに行けと言われたそうだ。そしたら約30分くらいの間に本が一冊書ける位の情報をもらったそうだ。その後彼は福井へ転勤。挨拶に行ったところ猜^罎砲呂茲Δ叡里蟾腓いおるからのう。挨拶しとけや”と言われたそうだ。梟の城で直木賞もらった翌々日だったそうな。お忙しいでしょうけど、紹介状かいてもらえませんでしょうかと頼んだら、”そんなもんは書けん”と。何しろ知り合いというのが松平春嶽、柴田勝家、お市の方はじめ30人くらいあげられたそうな。彼が福井へ赴任してからすぐ竜馬が行くの連載が始まった。で、誰もそんなもの気にもしてなかったらしいが、あまりにも新聞の申し込みが多いので、どうしてですかと聞いとけと上司が言った。いちいち聞くと全員が竜馬が行くを読みたいからと答えたそうな。そんな、司馬さんが彼に残した名言は、”物事は見てからモノ言えよ”だったそうな。面白かった。そそ、竜馬の資料は神田の古本屋に注文して3000冊来たそうな。トラック2台分だって。それに目を通してから書く気になられたらしい。歴史ものを書こうと思われたきっかけは、東京湾に米軍が攻めてきたときに戦車で戦えと言われ、福田少尉が”国民が逃げて来た場合どうするのですか”と聞いたら、上官が踏みつぶしていけと。こんな阿呆な上官の命令で戦争してるけど、日本を作った先人はもっと素晴らしかったに違いないと思って、できればそういう小説を書きたいと思われたことだったそうな。 (2017/05/25)

>> 人生の終い方、NHK出版、小澤竹俊著:今朝の電車の中でFB見ていたら、先般NHKで放映されたらしい(マッチは毎晩、夕飯後すぐ寝て、夜中に起きだしてお風呂入って二度寝します(笑))番組の紹介と、人生の終い方という著書の案内の記事があった。小澤先生の本なら間違いないし、ちと早すぎるかなという気もするが、備えあれば憂いなしで、すぐさま注文完了。今晩家に届くことに。瀬谷というところはどんなもんかなーと思うこともしばしばあるが、瀬谷で開業したからこそ、小澤先生とも直接お知り合いになれたんだわ。感謝感謝。 (2017/05/24)

>> 不愉快なFB:今朝電車の中で筋トレしながらスマホ見ていた。FBのページ見てたら、この方とお知りあいでは?とのコメントで、写真が出る。共通のお友達4人ですなどと。知らんなあ,そやけどお友達て誰かなと思ってそこをクリックするとついこの前までは共通のお友達の名前が列挙されていたんだ。ああ、この筋のお友達かと思って、でも知らないのでスルーしたり。ところがだ、今朝は共通のお友達4人ってところをプチっとすると、お友達申請されましたって。ちょっとお、何もしてないぞ。しかもその人の写真は瞬時に消えるのでどなたに申請したかも不明状態。明らかに相手に対しても失礼ではないか。これはFBの新たな手口カモ。巨万の富を稼いでるやつだから、えげつないことも平気でやるんだろな。いわば、詐欺じゃろ。どなたか知らんけど、マッチがマッチが得て申請した方ごめんね。 (2017/05/23)

>> なんちゅう草かなー:土曜日も気になってたんだ。玉学まで行く間の坂道に、他所んちのブロック塀の外側に、涼しげな草が生えてる。見ると草の先っぽに細いホオズキみたいな鞘が。きっとこの中には種があるんだろなー。月曜までしっかり生えてたら写メとろっと(土曜は電車がちと早いからそんな暇ない)。で、今朝、やっぱり生えてるわ。この欄にはアップできないけど、FBに載せよっと。知ってる人おせえて。 (2017/05/22)

>> また、やらかした:今朝は、紙ごみ溜まってたけどちょっと早く行こうと思ってそのままにして急いで歩いたのに〜〜。大和で来た電車すぐ乗っちゃった。筋トレしながら、スマホ見ながら。足がいつもよりきついわー。と思ったら、何と特急に乗ってしもうた。またやった。瀬谷飛び越して二俣川じゃ。くっそー。で、階段のぼってくっだりのホームへ。ようやく急行に乗れましてん、いつもの土曜より遅く着きましてん。特急要らんのになー( `ー´)ノ。 (2017/05/20)

>> さっき通知が来た。今年二人目が内視鏡技師試験受けてた。合格した。これで小さなクリニックだけど、二人も内視鏡技師ができたぞー。嬉しい、嬉しい (2017/05/20)

>> 電車内痴漢:このところ、キャー痴漢って騒がれて、線路に飛び込んだ男がおったって報道が。真偽のほどは、定かではないが、女もおかしい。何でもかんでも近くに好かん男がおったとしませ。キャー痴漢って言われただけで、その男は地位も名誉も家庭も壊されることさえあるらしい。ふざけるな。痴漢が嫌なら、触りとうなるような裸みたいな恰好で電車に乗るな。公共の場所だぞ。そら、女を守る必要はあるわな。ほやけどな、それと同時に男の人権も認めなあかん。男が皆痴漢ではないのじゃ。息子と娘を持つ親としてはそういいたい。で、今朝は小西さんの投稿をシェアーしてもうた。(笑)そういう女はきっと、電車の中で平気でマスカラたらいうもんをつけ探すねやろ。アハハハハ (2017/05/19)

>> 欲しいリュックがなかなか:この季節になると、持ってるリュックに不満が。両手を空けて歩きたいので、必ずリュック。それに、定期、スマホ、ガラケー、財布などはすぐ取り出せるようショルダーバッグに入れる。リュックは、ある程度大きくないと、何も入らない。そやけど、雨の季節を迎えると防水のンが欲しくなる。で、ググってみたり、お店へも行ってみたが、防水のンはえらい大きいんやわ。何ぼ婆でもな、体裁悪いのンは嫌やしな。さりとて中身濡らすのはもっと嫌。で、お隣のイシケンで撥水加工したのを購入。意外と安かったし、重たくなかった。ま、今年の梅雨はこれで行くか。真夏用のは暑くないようにメッシュのを昨年手に入れた。これで降られたら、カバーもあるしなー。いざとなったらポンチョ。これも今年は白で透ける奴。それでも暑いかも。あー、これから先数か月が、こたえまっせ(笑)。 (2017/05/18)

>> 小さな花:毎朝通る道沿いの石垣の隙間から、かわいらしい花が見えてる。昨日綺麗だったけど、今朝はもう枯れかかってる。一電車遅れてもええから写真撮っとかな。と思うて撮りました。こんな小さな花でも一生懸命生きてるんやなぁ。 (2017/05/17)

>> 洗濯機の掃除、続き:一昨日、ドラムから乾燥フィルターまでの手を入れることのできない空間のごみはあらかたとった。昨日、事務長が固定されたフィルターを外したらその裏に埃がこびり付いてるらしいぞって言うから、帰宅後すぐ見てみる。外してもらったフィルター、ありえないくらいの埃というか、糊のようにこびり付いてる。ダイソンで吸ったくらいではとてもとても。で、しばらく洗剤を入れた桶につけ込んだ。お風呂の前に見てみたら、いくらか柔らかくなってたので、爪でごしごし。ようやっと透けて見えるよぅになった。パナソニックからは替えのフィルターは売られてないそうだが、ヨドバシに売ってるらしい。2枚買ってきてもらうことにした。これで、毎日掃除できるし(あ、こういうものの掃除は苦にならないの)、乾燥もうまく行くかも(笑)。 (2017/05/16)

>> 洗濯機の掃除:まだ買って3年なのに、このところ乾燥が出来てない状態が続いていた。フィルターのところまで、水滴が上がってくる。フィルターはもう一つ購入して、使うたびに洗ってるし、何やらメッシュの所も、毎回硬く絞った雑巾で拭いてるのになー。昨日の午後、娘が意を決してか、洗濯機の蓋の分解にとりかかった。放っておくわけにはいかないので手伝ったら、やれプラスのドライバー持ってこいだの、ここ抑えとけだの、人使いが荒い。よく見ると、フィルターの小部屋とドラムとの間の部分に、大量のごみがへばりついてるのがわかった。捨てる菜箸を持ってきてこそげとる。その後ダイソンの掃除機で吸う。何とか乾くようにはなったわい。娘の言うにはシリコンの、そこの部分を掃除する棒が百円ショップで売られてるそうで、それで掃除したら何のことはないらしい。そやけど、これメーカーの設計上のミスやで、ああた。パナソニックじゃ!!結構高かってんで!! (2017/05/15)

>> 結局司馬遼太郎:昨日は髪のカットが早く終わった。その後、4時から玉学で歯科の予約とってた。ぅーーーん、その間、時間持て余すし。さりとて一旦帰宅して、その後玉ちゃんバスに乗るのもなー。性格として、予約時間より少しでも早めにつきたい人間だから。遅れるなんてとんでもない。結局町田で降りて小田急8階、本屋さんで何かないかと…。あったあった、司馬遼太郎大抵のものは読んでしまった気がしていたけど、何やらめっけた。”大阪侍”大坂やったかもしれん、手にもってそこらあたりを眺めると、何やらあるのだ。合計で文庫本5冊。全部司馬さん。嬉しくなったんだ。けど普段の荷物の他に、本も持って移動セナあかん。リュックに早速詰め込んで、玉学へ。待ち時間の間に”大坂侍”読めばいいや。大分早く着いて、読み始めた。どうも彼の初期の作品らしく、司馬さんの書いたものにしては、話が下へ下がる。にやにやしながら読んでると”町田さん、どうぞー”。しめしめ、早く呼んでもらえたわい。ぁ、付け足しとくけど司馬さんの作品はたとえ話が下へ下がっても、濡れ場は苦手のようですな。さっぱりして、よろしい!! (2017/05/13)

>> そこは自費診療になりやす:一昨日ためしてガッテンで、CRPのこと言ってたので、必ずそれを希望する人が来ると思っていた。看護師さんのところで、内視鏡検査の前の血液検査してる時に”あのう、CRPが…”と聞こえたので”あ、やりますけど、そこは病名入らないので自費診療になりますよぉ―”結局2000円位余分にかかるみたい。というのは保険診療と自費診療と一緒くたにすると混合診療になって違反とされるから。ってことで希望の向きはどうぞ。ただしそれについてだけは保険診療はできまへん。たとえば発熱患者とか、腹痛血便なんつう人は院内で簡易のCRPやるけど、これは当然保険診療。潰瘍性大腸炎などの経過見るときは高感度CRPもちろん保険診療。よろしくー(笑)。 (2017/05/12)

>> パーフェクトshow:マッチは書類書きが苦手。で、ポリープ切除後の証明書、いっつもどこかしら間違えるんだ。ってか書き洩らしもあるし。この前5通書いたん。5通とも受付さんから付箋がついてきて”ここ書き足して下さい”とか。もろもろ。しゃーないから書き足して付箋にウッドストックの判子押すことにしている。書類には押しませんからご安心を。で、5通中5通が間違えやったからパーフェクト賞じゃわと、笑ってしもうた。いえ、賞はあげられませんって言うから、今日のタイトルはパーフェクトshowにした。(笑) (2017/05/11)

>> あなたのパソコンは危険な状態です:この前、買ったばっかりのPCなのに、もうウィルス対策の期限が切れた。数日前から忠告が出ていた。事務長がソフトを買ってくるからということで、昨日その数字を入れてもらった。そやのに、事務長は、そのウィルス対策が気に入らないという。3人それぞれ使ってるパソコン3台分なので、マッチは、任せっきりに。それはいいんだけど、ソフトが気に入らないからと言って機嫌が悪いのじゃ。夕飯食べながら気分が悪くなり、早く切り上げて片付け、血圧測ったら142/86じゃが。このような数字は、滅多にないのじゃ。慌てて、夜の薬飲んで自分の部屋でもう一度測ったら、114/76。ま、ええわ。早く寝た。パソコンは危険と警告きてる以上使ってウィルスでも入った日には事務長がどなること、間違いなし。で、ささっと寝て、夜中にお風呂。今朝まだちと高かったけど、筋トレしながら出勤。なんだか別のソフト買ってくるらしっす。それまでは家のPC使いまへん。 (2017/05/10)

>> 迂闊に注意もできへんしな:昨日の帰り、町田から玉学までが乗り換えとなる。で、例のごとくドアに向かって立ってたら、えらい大きな声でしゃべっとる女がおる。振りかえると、ああた、スマホじゃんか。それも口元覆うわけでもなく、当然のようなベシャリ!!。相手は上司ないしはお得意先。すみませんとえらい謝っとる。何やこいつは。どう見ても吉永小百合ではない。そやけど、新卒ちゅう新鮮さも感じられないから、中途採用かも。それにしても辺りかまわず、何じゃい。よっぽど注意したかったけど、このごろのことやさかぃ、逆切れでもされてああた、ブスット一発やられたら怖いしなー。周りの人たちもじろじろと強い視線を送っていた。こういうのに気がつかないようでは、あんた、お務めは長くは続きもはんで(笑)。 (2017/05/09)

>> そりゃ、座りたい時もあらあな:電車内筋トレ始めて、2か月近くなるかなぁ。行きと帰り、実際電車が動いてるのはそれぞれ30分位ずつだから、筋トレは一日一時間。そりゃ、座席がガラガラの時もあって、ちょと座りたいなーって誘惑もあらあな。そやけど、今朝の長谷川せんせのFB見よったら、65歳過ぎたらもう努力セナなんだら、要介護になるのンをじっと待つだけなんやて。ちょっと、それ待ってつか。あたいは、週に6日通勤して、働いとるけど、65なんてとっくらとうに過ぎとるわいな。やっぱ、頑張って筋トレもせな。副産物でこの前も書いたけど、前には入らんかったパンツが入ったぞな。そのパンツ13号や思とったから、書かんかったねんけど、家帰ってよう見たらああた、11号やったぞな。(*´▽`*)。やっぱ辛くても続けよっと。今日どこに力入っとるのンか観察しながら筋トレしたら確かに臍下丹田にも、少々なれど、力は入っとる。そらそうや、揺れる電車の中で右手でつり革持って、つま先立ち、膝曲げとるのやからな。こういうのおまけっちゅうねやろな(笑)。 (2017/05/08)

>> どなたか、おせえて:このところ殺人の場面やらがFBに投稿されるらしく、悪質な投稿をカットするシステムがこれまでよりも充実すると聞いている。そいでもさ、今朝、玉学で電車待ちの時、スマホ開いてたの。お友達のYさんが、Nさんの投稿にコメントしてて、マッチはまず”いいね”押したの。それからマッチでもわかる内容やったからお節介にお返事しようとして、お返事ってところおしたの。そしたらさ、急にYさんのコメントは非表示になりますって.えー、(@_@)。ついで、この投稿はスパムですとかFBにふさわしくないとか、3項目出て来て選ぶようになってる。またまた(@_@)。慌てて彼女に謝りのメッセ。そこで、おせえてほしいのンは、そういう場合、マッチの画面だけでYさんのコメントが非表示になるのんか、それともそれを読める人全部の画面で非表示になるのンか知りたいん。って言うのは昔、マッチが虫が大っ嫌いって書いたら、わざとに(いじわるではないのだけど)気色悪い虫の写真アップしてきたお友達がいたから、いっそいで削除したわな。そしたら相手にもわかったみたいで、その後また、冗談の言い合いになったけど。虫の場合だけは悪いけど削除させてもらうで。自律神経に影響しますさかいに(笑)。 (2017/05/06)

>> 創造の美と瓦解の美と:マッチは、本を読むとき大抵複数の本を並列で読む。今回司馬遼太郎の書いた、幕府瓦解時の、長岡藩筆頭家老(百石取りでしかなかったが、あまりの知力と胆力のためにこの人に藩を託すしかなかったがゆえ、筆頭家老となった)河井継之助の生涯を描いた”峠”と、江戸開府時の荒れ果てた関東平野を治水から始まって小判鋳造やら、江戸を世界一の首都に作り替えていくという話”家康江戸を建てる”(筆者忘れた)とを並行して読んだ。後者はいわゆる関東の立ちションベンの逸話から始まるが、家康から江戸を建てることを託された代官たちが、われを忘れて数代にわたって仕事に邁進していく姿は興味深かった。そして、河井継之助、これは陽明学を礎におそらくその時代切っての、広い世界観を持ちながらも、主君への”義”を自らの中心に据えて、薩長と戦い、傷つき、もう命の限界を知ったとき、従僕に棺桶を作らせ、薪をくべさせて自分を焼いてくれと言って亡くなった。創造の美と瓦解の美は、全く異なるようではあるが、生きるという意味を考えさせられる。 (2017/05/02)

>> お尻が裂けたら:小橋先生からご指摘あったように、気分的には筋トレで三段腹がわずかながらよくなった気がしていた。今朝はこのところ穿いてなかった◎◎号のパンツを穿いてみた。お尻が入った。で、これで行くんやと娘にゆうたら”あんた、電車の中でお尻が裂けたらどないするん”とにべもない。それでも、筋トレっちゃ、どないするんなと聞いてきた。あいつもするんかな。 (2017/05/01)