町田内視鏡クリニック
横浜市瀬谷区瀬谷3-1-29 TEL 045-300-6055

年月

院長のひとりごと

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

>> 仕事納め:今年の仕事は今日でおしまい。患者様のご理解に支えられて今年も無事すぎてきました。今日はどうしても郵便局へ行かなければならない用事があるので、午前の竹中先生の後、午後に長嶋先生が見えたらお願いしてちょっと行ってこようと思う。昼休みの時間でも、大腸検査の準備中の患者様がいらっしゃるので急なことが起きた時、ドクターがいなければまずいだろうから、少しの間も留守にはできない。 (2016/12/28)

>> めでたさも3分の一なりおらが春:昨日のけちけちお節に友人の山本さんが、一茶の俳句をもじった文言を返して来た。めっちゃ面白かった。確かにその通りだわ。その句が出て来るだけでもすごいのに、さらに捻ってる。座布団3枚。昨日は皆に披露した。”めでたさも三分の一なりおらが春”。 (2016/12/27)

>> けちけちお節:このところシュガーレディ―でお節を購入している。3段なので、毎日一段ずつ。35時間前に解凍して、食卓へ出す。それを喋ったら、ナースたちが驚いて、”へ、一日にぜーんぶ出して、食べ残したら綺麗にして次の日にまた出すんだよ、普通は”という。”そんなことしたらバッチイじゃん”とマッチ。”大丈夫大丈夫、きれいだからさ”と。”いやいや、落下細菌ちゅうもんがあるでよ””せんせんとこ、けちけちお節だねー”とナース。ケメちゃんにメッセしたら、爐─一の重を一日に,二の重を二日にってやるんですか。”と驚いていた。そんなに不思議なことなのかなー(笑)。 (2016/12/26)

>> 坂を登る:先週眩暈があってから、ずっと出勤はバスで成瀬まで。でもそろそろ歩いとかないとまずいかなーと思って、今朝から玉学まで歩きで。6時前に自宅を出るとあたりは真っ暗。街灯の明かりだけが、頼り。それでも頑張って登ったあの坂。久しぶりだったけど難なく上れた。駅に着いたら暑いのなんのって。爽健美茶をのむ。いい気分。やっぱり人間動ける間は動くようにできてるんだね。 (2016/12/24)

>> 富士フィルム迅速診断キット:ひょんなことから、テレビで宣伝している富士フィルムのインフルエンザ迅速診断キットを買うことに。発熱し始めてから診断がつくまでの時間が短いとのこと。つまり、ウィルス量が少なくてもちゃんと診断できるんだって。うちはインフルエンザとかほとんど来ないから、無用の長物だろうけど。いままでの診断キットより正確なら、ま、いいか(笑)。 (2016/12/22)

>> 徐々に改善:山内先生に教わった肩関節周囲の筋力アップ運動、始めたら、不思議と眩暈の症状は徐々によくなってきた。昨日は駅の階段手摺を持って降りたけど、今朝は手すりのそばへ寄っただけ。へへ。 (2016/12/21)

>> あと10日しか:何やかんやで忙しく過ぎると、今年ももう10日しかない。年賀状まだ一枚もできてない。ひぇー。なんとかせねば。 (2016/12/20)

>> 眩暈:今朝もちょっと眩暈が。先週すぐに脳神経外科で調べてもらって、悪いところはないのだからと、言い聞かせて、出勤。伊藤かよこ先生の腰痛の本を引っ張り出した。痛みを好きになること、なるほど、マッチにとってはこの軽いめまいを好きになればいいんだろな。多分に神経症的な徴候のあるマッチは、どこか一つくらい不具合がないとあかんのやろな。全然不具合がなければ暴走してしまう。昔は、ブレーキ掛けてくれたのが腰痛、腰痛克服した今は、軽いめまい。トラベルミン院内にあったなぁ。ナースが来たらもらっちゃおっと。 (2016/12/19)

>> 床が見えたぞ:マッチの部屋は6畳、板張り。ベッドと机タンスを置いて、クローゼットからはみ出た洋服を吊るす奴、パンツを吊るす奴が置いてあるからもともと床は少ない。その上いろんなものを床おきしてる〜〜〜。昨日カイロへ行ったら、いらいらしない片付けの方法みたいな本があった。待ってる間読んでいたら床が物であふれて見えないのが貧乏の象徴だそうだ。えーーーー、ま、貧乏ではあるけど、これはなんとかせねばと。帰りがけに亀山先生が本を貸してくださった。その著者は先般”人生を変える幸せの腰痛学校”を書かれて、ベストセラーになっている伊藤かよこ先生のお友達だそうだ。急に親しみを感じて持ち帰りベッドで読んだわ。さあてと、そうそうまずは薬の整理。小島先生から余分に処方貰ってるから、いっぱい転がってる。古いのもある。で、これを机の引き出しへと片づけた。30センチ四方が床に。えっへん。今日はその隣にある買い置きの資生堂化粧品をどうにかするぞ。伊藤先生の”人生を変える幸せの腰痛学校”は、思いがけないところで人生を変えてくれるかも(笑)。 (2016/12/17)

>> 開院記念日:昨日は開院記念日だった。忘れてて夕方になって思い出した。受付のAさんのお誕生日と一緒だからだ。そそ、うちもう丸8年なんだよね〜。そうですよ、先生忘れちゃいけませんよ。晴れて、9年目に突入したんだった。 (2016/12/16)

>> パーフェクト!!:ポリープ切除した後、医療保険に入ってる人は給付金が下りる。で、その書類だが、マッチはいろんな仕事の中で最も不得意。まじめに書いてるんだけど、必ず落としがある。事務さんが、ここ書いて下さいと、付箋をつけて来る。一度で通ったためしがない。書くたびに”パーフェクト!”と言って渡すけど、それが返ってくるんだわ(笑)。 (2016/12/15)

>> 朝寝坊:今朝も目が覚めたらなんじゃ、この時間は。バスで来た。心に引っかかってたことが解消されて、気が緩んだのかもしれない。 (2016/12/14)

>> 最期まで気遣い:近間先生の投稿を読んで、久しぶりに母の最期のことを思い出した。そろそろ亡くなって丸8年。何度も骨粗しょう症で骨折を繰り返し入退院。その後、私の仕事の忙しいのを邪魔しないようにと思ったのだろうか。自分から施設に入ると。それでも、その直前に入れてもらった介護型病床では、入ったその日に、古宇田さん(私の代わりに付き添って連れて行ってくださった)には、あの窓から、飛び降りたいと漏らしたらしい。呆けた人ばっかりの病棟だったからだと思う。。これはいけないと、すぐに古宇田さんに探してもらい、オレンジヒルズというところへ。そこで数年暮らしたのち、直腸脱になって、旭中央へ入院。そこで噴門部の隆起型癌が発覚。その時手術していればもう少し生きられたと思う。だけど場所が噴門部では胃全摘。高齢になってからの胃全摘で食べられないのはかわいそう。で、病名は胃ポリープにして、施設に返した。その後特養が空いて、入れてもらった。毎週、私が作っていくそうめんやおうどんを美味しい美味しいと食べてくれた。しばらくそれが続いた後、夜中に立ち上がろうとして大腿骨頸部骨折。緊急手術となった。それから1か月、最後の一週間だけ食べられへん、お腹がすいとるのに食べられへん。と。私が買って行くコンビニのお稲荷さんを,餓鬼のように頬張っては、咽せこむ。それは1週間と続かなかった。最後は私が開業して3日目の夜、事務長が、病院車を先導して元居た特養の附属病院(主治医はよく母を見てくれた)まで連れて行ってくれた。夜はまだ意識があった。母ちゃん,此処へもんて来れてよかったなあ。うん、雪夫ちゃんが連れて来てくれたんや。翌朝、母の呼吸が止まったと知らせが入った。開業4日目で忙しかったが、息子に任せて顔を見に行った。きれいな死に顔だった。 (2016/12/13)

>> ケメちゃんちのお隣さん:ケメちゃんは相模原のマンションにお住まいだけれど3か月前からお隣さんが越してこられたって。でも、全くお会いしたことがなかったらしっす。で偶然旦那様がお会いしてアメリカ人だってわかったって。なんだかサンタクロースみたいな感じの方らしい。土曜日にはお招きしてお食事会になるとか。旦那様はESSに入ってたので、喋れるそうだけどケメちゃんはダメなんだって。とはいえ、そこそこ喋れるに違いない。それよりも、長年培ってきた小原流の生け花の腕も鳴ってることだろうな。いいなあ。どんなことになるやらは来週日曜のメールで教えてくれるんだって(^^♪。 (2016/12/12)

>> ホッとしたら:今週はいろいろあった。眩暈から始まって、いろいろ。けど異常なしで安心。お礼も昨日の午後すませた。何やらホッとしたのかな。今朝起きたら、おそーい。仕方なくバスで出勤。 (2016/12/10)

>> コロンクラブ:昨日は寒かったけど、晴れ。日本大通りとかいう駅出たらすぐ目の前に横浜開港記念館。ぐるっと回る階段が大時代の建物。信号渡るときに、カップルが(アベックて書いて笑われたから、訂正)写真とってた。は〜〜〜ん、そういう建物なんだ。ま、なんでもいいや。とにかく大腸やってる先生たちが来てくださって、症例で少しでも勉強になれば。昨日も無事終了。さあて次回に向けてさらなる症例を見つけるという意気込みで検査するぞ。 (2016/12/09)

>> 昨日も今日も:連荘で勉強会。コロンクラブ、集まってくれるといいなぁ。症例の準備しよっと。 (2016/12/08)

>> おしゃれ泥棒ならいいけれど:昨日のうちに、印鑑証明取りたかった。今日は田坂で明日は横浜開港記念館で大腸の勉強会があるので、帰りは11時近くなる。昨日終業が少し遅くなったので、慌てて相鉄飛び乗ったし、大和でも相模大野行きに無理やり乗り込んだ。けれど町田の証明書だしてくれるところまで7時に間に合う?町田はホームから小田急町田店の3階へ行くエスカレータがあって、それに飛び乗り、小田急百貨店の3階をまるで泥棒が警官に追っかけられてるような勢いで...。裏の出口が町田市役所出張所。電車の中でスマホ検索したら7時まででもうすぐ閉まりますって書いてあるではないか。息を切らして飛び込んだ。”印鑑証明お願いできますか””はい、この書類に住所とお名前を。まだ5分ありますから、慌てないでいいですよ”。無事もらって帰った。この夏入った医療保険がマッチの支払いで確定申告が娘のところに来ると思っていたのに来なかった。今は新たに保険に入るとそういうのがうるさいらしい。税務署が金を巻き上げるためにはしょうがないんじゃわ。仕方なく契約者を娘の名前に。そうすると雀の涙ほどの娘の通帳から引き落としになる。そうはいってもいつまでもマッチが払ってやるわけにもいかんだろう。書類の書き換えになんと印鑑証明まで必要なんだってさ。御蔭でおしゃれ泥棒ならいいけれど、婆泥棒が百貨店内を走りまくったのだわ。 (2016/12/07)

>> イワシの頭でも:昨日の午後子安先生受診。MRI,頸動脈エコーなどなど、検査受けてきた。結果を聴くときの患者さんの不安な気持ちがよくわかる。結局、何もなかった。先生、脳の萎縮はありませんか?一応頭部の写真は少しはわかるので、萎縮はないなと思いながらも聞き返した。”はい、全くありませんよ。””頸動脈にはほんのわずかなプラークがあるにはありますが、僕だったらバイアスピリンなど使いません。エパデールで十分です”と。めっちゃ安心した。早速佐竹先生にメッセ。先生から”良かったね、先生の頭は萎縮なんかありませんよ、過形成ならあるかもしれないけど。イワシのすりつぶした奴(エパデールのこと)で十分じゃないですかと。はーい、注意しながら仕事しまっす。(笑)MRIは、箱の中に閉じ込められる不快な検査だけど20分で終わるとのことだったので、この時とばかりに呼吸法、目を閉じて息の数を数えた。240数えた時点で終了ですと。1分で12回か。もちっと少ない呼吸法ができるといいな。 (2016/12/06)

>> 眩暈:昨日、殺しを見てから夕飯の支度を半分くらいして、一寝入りした。目が覚めたらなにやらふわふわ。あれ、起きたな。このごろ滅多に来ないけど例の眩暈が。慌てて、娘に電話する。娘は掃除機もって階段などの掃除中。携帯持ってないみたい。仕方ないからしつこくかけた。部屋へ来たから、”眩暈がするんや。ご飯してつか””あ、いいよ。で、どうなん。大丈夫かえ””薬飲もうかな””いらんやろ”。さしあたって月曜の検査が気にかかる、長嶋先生に電話したら、月曜お休みだって。”じゃ、伺います。この間からいろいろご迷惑おかけしたから”と。気持ちよく引き受けてくださった。一安心して一眠りしたらだいぶ良くなり、お風呂入って寝た。知り合いも早いとこ医者行った方がいいよと勧めてくれるので、午後には長嶋先生にお願いして二俣川の子安先生のところへ行こう。で、夕方の外来はお休みします。ごめんなさい。 (2016/12/05)

>> どうせ実弾が飛んだんやろ:カジノ法案が何やら委員会を通過したって、耳を疑った。江戸時代、大名の下屋敷で中間や折助がこっそり丁半賭博をやっていたんだって。いわゆる手慰みって奴。それを町奉行所の同心や岡っ引きが、命を張って捕縛する。同心は士分ではないから苦労したらしい。また大名屋敷は下屋敷といえども、町奉行所の管轄ではない。それでも博奕のために身を持ち崩す職人などがいて…。なーんて人間のやることそうそう江戸時代と変わっちゃいない。カジノで身を亡ぼす阿呆が出てくるのは間違いない。そいつが貧乏するだけならまだしも、強盗にでもなったらどないするねん。常識で考えたらわかるやろ。それでも無理やり通過させたちゅうのンは、トランプの無言の圧力もあるだろうが、実弾が飛んだと観なければなるまい。やりたい奴は仰山金持って、LAでも行ってやってきなはれ。どこやらのティッシュペーパー会社のバカ御曹司が、カジノにつぎ込んで身を滅ぼしたじゃんか。ぁ、ああいうやつは、親の七光で知らん顔して金持ちのままおるんやろけどな。みんな気をつけようぜ。カジノはあかん。火事のはもっとあかん。 (2016/12/03)

>> ちっこい幸せ:マッチのうちは、古宇田さんが日々の買い物もしてくれるけど、日曜日の食品は自分で買う。で、出かけるのが、めんどくさいので冷凍の素材を買っておく。けどパルシステムの受け取りが水曜日なので、冷凍は無理なの。地球温暖化が叫ばれ始めて以来、暑い日が多いのでドライアイスたくさん入れておきますと言われても、帰ったときには半解凍。仕方なく年に数回あるかなしかの水曜祝日あるいは夏休みにどっさり買い込む。今年は12月28日(水)が、就業日なので、冷凍は買えない。で、この前の11月23日(水)にマッチの胸あたりまである冷凍庫にしこたま買い込んだ。もう入れる余地はない。そのようにいっぱいになるのも嬉しいし、それを無駄なくきれいに使っていくのがまたまた楽しみなのじゃ。とりあえずは、年末までにおせちが入る余地を作らねば。さて何から料理しましょうか。マッチは、お金も暇もないし、旅行も行かないから不幸と思われてるのかもしんないけど、そういうちっこいところに楽しみがあるのじゃ。人生はそれぞれぞなもし。ぁ、宇宙旅行、1400万円だって、たとえ10億積まれても行きはせぬ。嫌いなのじゃもの。 (2016/12/02)

>> なんかあったときのために??:長嶋先生が、いろいろ検査を受けて結局たいしたことはないとのことで、昨日の午後から復帰。でも、体に気を付けてもらいたくて○○のベッドパッドはよく眠れるよって教えた。”そうなんですか。でも僕、ダブルだからちょっと高くつくなぁ”と。え、独身じゃなかったっけ。自分の体のために広いベッドで寝てますって答えが返ってくると思ったら”いや、なにかあったときのためにダブルにしてます”だと。何かってなあに? (2016/12/01)