町田内視鏡クリニック
横浜市瀬谷区瀬谷3-1-29 TEL 045-300-6055

年月

院長のひとりごと

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

>> あんたら、目先の欲だけで:ふるさと納税の大型本がクリニックに届いていた。牛肉やらようけもろうてもなあ、どうしようもないしと言ったら、事務長は”自分で独り占めしようとするからいけないんだ。スタッフと分ければいい”と。そやけど、配達指定できへんし。冷凍も解凍してまうし。結局お米か酒というところかなと事務長。そんな、酒てあんたが飲むだけやん。それでもふるさと新潟の納税にはなるわなー。娘にも相談しよと思うて持って帰った大きな本。夕食時チラ見もせんとに娘”あんたらみたいな目先の欲だけ考える奴がようけ居るから、自分の今すんでるとこが資金不足になってるて、さっきもテレビでいよったで”事務長”東京は大丈夫なんだよ〜〜〜”と目先の欲。またまた小さなバトルが始まった。マッチはどーでもええけどなー。 (2016/09/30)

>> わがまま放題な患者:誰の事って?あたいだよ。昨日は長嶋先生の日で、胃内視鏡検査を受けた。それでも外来やりながらだから、いつでもというわけにはいかない。午前に午後の大腸をお二人持ってきて、その人たちの結果をマッチがお昼過ぎにお話しして、それから自分の番。後は数人の大腸が残ってるだけ。で、でマッチはものすごく咽頭反射が強い。佐竹先生に受けた時、スコープ引き抜いて大騒ぎしたことも。結果、咽頭麻酔は自分でして、それから普通はありえない8%のキシロカインスプレーを水で薄めてうがい。ナースは危ないからやめてくれと言うが、マッチはキシロカインはどれだけ使っても大丈夫。それから、通常ならありえないのだけど留置針入れてもらって点滴流しながら、ペチジンとサイレース。それもこれだけ入れてネッと御願いした。それからマウスピース噛ませて頂戴。薬が効いてからキシロカインスプレーやってネッと。わがまま放題。結局マッチが指示した量では効かず、げーげー始まったらしく、ペチジンを追加して無事終了。長嶋先生、看護師さんたち、ありがとうございました。みんな、口をそろえて言う、”院長が一番手のかかる患者だわ” (2016/09/29)

>> 自施設で内視鏡を受けるということ:大抵の病院やクリニックのナースやスタッフたちは自施設ではあまり内視鏡を受けないみたい。で、うちにも他の施設のナースたちドクターもかなりの数お見えになる。聞くと自施設で受けるのは嫌だとのたもう。ま、胃は別として大腸は男性医師に診てもらうのは抵抗があるのだろう。うちは院長が妙齢の女性であるからして、ナースは皆自施設で受けてくれる。ちょっと気は使うけど、とても嬉しいことだ。昨今のように病院自体に信頼性の置けない事件があればなおさらの事、みんな信頼してくれてるんだとうれしく思う。なんたって、鎮静剤でほぼ眠ってしまうのだから。信頼がなければ受けられないわけだ。 (2016/09/28)

>> 夏物が仕舞えへん:この間の秋分の日いつもやったら、お世話になった夏物をクリーニングに出して、仕舞うとこやった。先週の金曜に最後の夏物と思ってクリニング屋さんに本麻のパンツを数枚出した。あれが帰ってきたら、入れ替えやと思うていたのにこの暑さ。仕方ないわな。今朝は木綿のパンツに(これも涼しい)藍木野で買った紺絣のフレンチスリーブチュニック。あー、手洗いはできるけどしまう前にはクリニング出さなあかんな。ほしたら入れ替えはまた来週に延期や。いつまでも片付かん部屋。 (2016/09/27)

>> おせちの注文:金曜の午後、帰宅するとシュガーレディからおせちのカタログが来ていた。数年前、どこにも注文してなくて、慌てたことがあるので、ちと早いとは思ったが電話注文。今年は暮れが28日まで仕事させられるみたいで、仕事納めが水曜だから、生協の冷凍品も受け取れない。(留守だとドライアイスたくさん入れときますと言ってくれるけど、帰宅までにはにゅるにゅるになってまう)。生協の冷凍が届くのは1月開けて4日(水)。この日だって生協は休みカモ。で、それまでの間水曜お休みをカレンダーで探したら、勤労感謝の日が水曜だった。よっしゃ、ちと早めだけどこの日に冷凍はどっさりこと買い入れよっと。後困るのはお刺身などの正月用品。これはこれで何かのルートで探さねば。 (2016/09/26)

>> お豆腐狂言:夕べ早く寝たので今朝は4時に目が覚めた。ラジオ深夜便”明日への言葉”を全部聞くことができた。今朝は初めて聞く言葉、お豆腐狂言の家元を今回継ぐことになる何とかいう人の話。全く知らない世界であるから、名前もわからないのだ。けれどいわゆる古典芸能とされている歌舞伎、人形浄瑠璃、能そして狂言の関係がよくわかるように話されて面白かった。他の芸能と違って、狂言は舞台に何もないところで役者のしぐさとセリフだけで情景を想像させるらしい。狂言と言ったら野村萬斎と馬鹿みたいな母子の和泉流しか知らなかったんだもん。 (2016/09/24)

>> 公判が維持できん:昨日娘と見ていたテレビで86歳の亭主が74歳の妻を刺殺したと。”ちょっとお、こんなん、捕まえて刑務所入れてもなぁ”と言うので、”そうなん”と返した。”あのなぁ、このごろあんた受刑者も高齢者が多うて、中にはバルーン(尿の)入れてるのもおるらしいで。ほやからな、いちいち看護師外から呼んだら、高うつくから、刑務官が看護師の資格取れいわれるらしいで”と娘。”へ、ホンだら、要介護になったら、あんた、おかしげな老人ホームはいるより気が利いとるやんか。””阿保かいな、なかなか入れてくれんがな、コソ泥くらいでは無理や””ほならな、海岸みたいなとこで人殺しましたゆうて自首して出たら入れてくれるやろ。ただ飯で介護付き刑務所””いかんいかん、それだけでは公判が維持できんゆうて追い帰されるがな””いや、そこで殺した殺したゆうて大騒ぎするんや””あかん、おばはん、こっち入っとり、ゆうてな精神病院入れられるのが落ちや。”団塊の世代は揺りかごから墓場まで競争と言われてきたけど、刑務所さえ入れんのかいな。 (2016/09/23)

>> Kさんのフルート:うちの患者さん(と言って、大してどこも悪くはないのだが)は、障害者施設で働いている。つい先だって、19人もの障害者が惨殺された事件はまだ記憶に新しいが、彼女も障害者施設で働いている身として事件に心を痛めており、それでも何もできることはないと思っていたらしい。そこへ、瀬谷区として追悼集会を催すからフルートを演奏してほしいとの要請があったそうな。うん、精一杯やってきてね。瀬谷区役所のホールで、やるのかしらん。月曜の夕方というから、もうくたくたで見にはいけないと思うけど、心から応援してるから、頑張ってね〜〜。 (2016/09/21)

>> 銀杏(ぎんごう)というお店:瀬谷にそういうお店があるのは知っていた。長嶋先生がうちへ仕事に来られるたびに、お昼をそこで、と決めてるらしい。マッチはどのあたりにあるかだけは知っていたが、伺ったことはない。土曜日前にうちで仕事していたナースのOさんが、ナースたちの技術指導に来てくれた。マッチも検査終了して、話に加わったらもうキャーキャー。で、Oさんも一緒に銀杏へ繰り出そうということに。マッチは初めてお邪魔するので興味津々。で、みんなで押し掛けた。ぁ、ママさんは見たことある。うちに前に来てくださった人。瀬谷には稀な(と言ったら瀬谷のご婦人がたから文句が出ようが)、素敵な人。長嶋先生がせっせと通うのも無理はない。垢ぬけてるー。お店もママさん同様、構えた感じではなくそれでいて、心が休まるという感じ。しばらくみんなで騒いで、長嶋先生が会計してくれた。ラッキー。 (2016/09/20)

>> 梅園饅頭:前には小田急地下に、その後町田東急地下に、そして丸井の2階にちょっとお店を出していた。小田急の時はちょくちょく寄っては利休饅頭を買って、冷凍していた。東急になるとちと面倒。丸井になった時には、カイロプラクティックの行きがけにお金払って予約しといて帰りに受け取っていた。そうしないと、数が少なくてすぐ売り切れてしまうのだ。ついにその丸井店も撤退してもうた。昨日ケメちゃんからメール。”今日はルミネに梅園饅頭来てますよ”って。高橋眼科で診察受けて、小田急に乗ったら、寝てしまって町田を通り越して玉学まで。折角教えてもらったけど利休饅頭は買えなかった。いや、たとえ町田で降りていたとしても、あの時間ではもう利休饅頭は売り切れていたに違いないと思うことにした。ケメちゃん、折角メールくれたのに…。 (2016/09/17)

>> 事務処理能力:何を隠そう、マッチには事務処理能力がない。あきれるばかりじゃ。例えばポリープ切除するでしょ。手術と同じ扱いだから証明書を書くと医療保険の給付が得られる。で、大体初診日とか、既往歴とか、手術名とか病理検査の結果とか通院日を書くようになっている。まず患者さんはその大切な書類をマッチに預けようとするが、お断りしている。必ずなくすからだ。で、受付さんから書けと命令されて、書く。その書類が一度で通ったことがない。受付さんが眼を通すと必ず細かなミスが、あちこちに。で、訂正印だらけの書類となるのである。受け取った保険屋さんは、この医者いったいどうなってるのかなと思うだろうけど、マッチには事務処理能力というものがないのだ。文系に行かなくてほんとによかったわい。 (2016/09/16)

>> 警察へいけて、ざけんなよ:一昨日の昼下がり、事務さんが困ったかお。うちの患者さんがうちの前に落ちていた書類みたいな物を落し物ですと届けてくださった。見るとアリコジャパンの証書。入会者はうちの患者さんではない全く覚えのない人だそうな。で、アリコに?したんだって。そしたら”それはですね、警察へ届けて下さい”と言われたらしい。ザけんなよと、マッチがもう一度電話、同じ答えが返ってきた。そこでゆうてやった。”あのなぁ、証書がここにあるんよ。名前も住所もわかっとる。あんたんとこの患者さん、あまちごうたお客様やろ。自分とこで?してうちで拾われてるって伝えるのが義務やないの””あ、そそれでは、一応?してみますがもし通じなかった場合にはお宅から警察へ届けて下さい”とぬかしやがった。”ちょっと、電話だけして通じんかったら警察へいけて、それおかしいやろ。電話で通じんかったら、文書で送らはったらええんちゃいますか。ホンマ無責任やね。”と恫喝した。翌日、”電話をいただきまして、こちらでお預かりくださってるとのことで”と老紳士が…。そのまんま、大腸受けたいのでとうちの患者様になってくださった。瓢箪から駒。それにしてもアリコは不親切。大体織田裕二なんかCMに使ってえらそうにしやがって。そういうとこへはゆうことはゆうてやるのだ、マッチは。 (2016/09/15)

>> とっくにバレとるわ:昨日の午後、ナースたちとお喋り。”せんせ、明日検診でしょ。腹囲どうすんの?”主任”あ、大丈夫よ、測る時だけお腹へこましたら大丈夫。”マッチ”そんなんバレとるで”。主任”いやいや、向こうも測るのに一生懸命だからわからないみたいよ”マッチ”阿保かいな、向こうもプロや、そんなもんわからん訳ないやろ。そやけどな太っとりまっせゆうたら、次から来てくれんかったら困るやん。そこは商売やがな。騙されとるんはうちらやで”と言って大笑い。そうなんだよなー、マッチも測る時は、お腹へこましますがな。 (2016/09/14)

>> 洗濯機の下の口から:そこは月に一度は掃除をしなくてはならないそうな。買ったばかりの頃はしてたけど、今はしない。娘がつい数日前に掃除したら、ぬめっとした汚れはあったけど、それだけだったそうな。で、昨日まさかなあ、と思ってもう一度開けたら、その深いトレイみたいのにまるで山盛りのうん子のような何とも表現できないものがどっさりとあったと言う。”それなあ、詰まっとって、摘便したみたいになって、残りがどさっと出たんやろなー。明日のブログに書いてもかまへんかなー””いかんいかん、そんな汚らしい洗濯機であろうたもん着とる思われたら困るわ”と。書いちゃったもんねー(^^♪ (2016/09/13)

>> 覚えがないのに:このごろFBでは、お友達申請した覚えもなければ、されて承認した覚えもない人とお友達になりましたから、メッセージ送りましょうと摩訶不思議なコメントが送られてくる。昨日もそういう人がお一人。どうしようかなーと思ってその人のページを見てみた(お友達でなくても公開されてるページは見ることができる)。知ってる人がお友達になっていた。その方からも連絡があったわけではない。昨日の朝は、無視しようと思っていたけど、これも何かの縁かもと思って、こちらがはるかに年長なのだからメッセを送った。メッセには大変失礼ですがお友達申請していませんし、されて承諾した覚えもありませんがと正直に書いた。そしたら丁寧な返事が返ってきた。アクセサリーなど手作りされてる若者。感じがよかったのでそのままお友達に。彼のショッピングのページに出ているスモーキー何とかという石が気にいったのだ。手持ちのプラチナチェーンがたくさんあるからペンダントトップだけでも作って貰えればいいかなーと、貧乏暇なしのマッチは考えるのであった。(笑)ちょっと図々しいマッチかも。 (2016/09/12)

>> 知らんて、あんた:昨日の午後は早めに帰れたので、少し寝てから休暇中の娘をたたき起こして、二人でテレビ見る。ちょうどパラリンピックのニュースしていた。”このなぁ、金メダルっちゃ、純金やろ”と聞くと”へ、あんたなんちゃ知らん女やな。メッキに決まっとるがな””へ、メッキとな。それやったら夢破れるがな””あんた、純金やったらえらい値段やで””そうやなー、今の値段でゆうたら一千万はするやろなー””ほれみてみぃ、そんな金かけるわけないやろ””嘘嘘、ほならお前ググってみんかい””いいよ…。ほら見ろ、金メッキ!!””いや、知らなんだわ、この歳になるまで知らなんだわ、ショックやわ””良かったやろ、わかって。純金やったら泥棒の心配までせないかんがな””そら、そうや” (2016/09/10)

>> 寝れらたのなんのって:昨日は久しぶりで大きなポリープ切除。深部大腸にもゴロゴロあったけど、メインは下部直腸。ま、部位からして何かあっても間に合うと思ってかかったのがつきの始まり。切除した途端に動脈出血。で、ごたごたしてる間にどこが切り口かわからんようになってしまった。そうなると、ソフト凝固やら、HSEなど、頭の隅にも入ってこない。ひたすらクリッピング。そこだけに小一時間。で、ようやく様になった。疲れ切って、後外来。帰宅後、飯だけは腹いっぱい。で、寝る。ふと目が覚めると11時半。あれ、風呂入ったんかなー、いや、入ってないなーと思い直して、烏の行水。爽健美茶だけしっかり飲んで朝までぐっすり。気がついたらいつもより寝過ごしてるやんか。こらあかん、バスじゃ。クリニックに到着してから、患者さんに?。何ともないですー。聞きたかったその言葉。ま、これから先が、後出血の山場だけどね。 (2016/09/09)

>> 源河先生:昨日のお昼前に旭中央病院の循環器科部長源河先生が、マッチの顔を見に来てくれた(笑)。実のところ、消化器外科、消化器内科などは地域連携に連絡さえつけば殆ど顔パスで、患者さんの受診枠が取れる。けれど循環器科だけは、いちいち電話にナースが出て、病状説明し、それでかかれるかどうかが半ば選択されていたため、敷居が高かった。そのことを源河先生にぶっちゃけて話した。そしたら、もう地域連携から直に予約が取れるようになった。診断に確信がもてようとどうだろうと、専門家がみてくださるのだから有り難い。また、救急時にもしっかり対応してくださると確約してくださった。こうなったら、怖いものなし。外来もやりがいがあるというもの。それにしても源河先生とは、超一流の先生であるにもかかわらずフットワークが軽くて、信頼度抜群。 (2016/09/08)

>> 新たな前処置法:ラキソベロンの薄めたような奴を少量飲んで、その後水やスープ、お茶を飲むという新たな前処置法の紹介を、メーカーが案内してきた。来月5日に勉強会。当院はマッチ自身があの不気味なる下剤はコップ一杯が限度なので、高齢と高血圧という禁忌を破って,自らはビジクリアを使っていた。高齢で高血圧がある場合、数日して急性腎機能障害がおこる可能性があるので、本来は若い人向き。そやけど飲めんものはしゃーないわな。今度の前処置法はラキソベロン(これもマッチは多量に飲むと気を失う、しかも誰も気づいてくれない!!)だけど、相当薄まってるようだから、マッチにも使えるカモ。ナースは、ええ、また下剤の種類増やすんですかあって、ぶー垂れてたが、勉強会に向けて、いそいそと資料を読んでるみたい。もうマッチより詳しいかも。何しろ、うちは院長が下剤にナーバスだから、今許されているすべての前処置法を患者ごとに考慮して使用している。ぅヒヒ、説明するナースは大変だろうて。いいのいいの患者さんが少しでも楽に検査受けられればそれで。 (2016/09/07)

>> 火宅の人、上下。壇:この前の土曜は何となく寝つきが悪かった。で、午前一時の深夜便まで聞いちゃった。中井貴一と宮本百合子(だっけか、伊丹十三夫人)が台本を持った二人芝居って奴。宮本が火宅の人の主人公壇一雄に捨てられた奥さん役。中井貴一がそこへインタビューに毎週月曜午後に行く沢木耕太郎。二人の間にかわされる会話だけがお芝居。昔若かったころ、映画で火宅の人は知っていた。っていうか、今は亡くなった緒方拳が、素っ裸で女に挑んでいるような宣伝用のポスターを見ただけで、嫌らしい感じになり、見なかったし、原作も読まなかった。ぁ、緒方拳は嫌いじゃないよ。で、その私小説の作家が檀一雄であり、その娘さんが女優の檀ふみということも知らなかった。俄然興味が湧いてきて、新潮文庫の火宅の人上下巻と、沢木耕太郎”壇”を購入。日曜夜から読み始めて昨日は2百ページまで。またまた寝付きにくい夜を過ごしている。 (2016/09/06)

>> 焼き丸くん:FBお友達の加納さんの投稿から、イワタニの焼き丸くんを知った。で、Amazonに注文していたのが、先週半ばに到着した。時間がないので開けてなかったが、金曜午後に梱包をひらく。チョっと小さい(お肉焼く部分)が気になっていた。土曜日、しこたまお肉、キャベツなどを小田急OXで購入。夕方まで待てないので、器具を洗ったりしながら、殺しを見る。笑点終わってみんなを呼んだ。開口一番、事務長が”これ、小さいな。間に合うかな”だと。何に間に合うって言うことなのかなー(笑)。早速ポン酢で始めた。お肉は煙を出さずにうまく焼ける焼ける。キャベツもシメジも。ってんで、小さいかもとの危惧は払拭された。ま、老夫婦と元来小食な娘との組み合わせだからだろうな。これから、冬に向けて何度も出番があるだろう。加納さん、ありがとうございました。 (2016/09/05)

>> 今更、ぎっくり腰に安静なんて:受付さんの一人がぎっくり腰に。ロキソニンテープだしてあげたけど、休んでいいとは言わなかった。できる範囲で仕事すればいいのだから。院長自身が滅茶苦茶な腰痛で苦しんで、手術一歩手前だったのが、長谷川先生に救われて、腰痛なんて誰の事って具合に毎日体を酷使してるのに。そういえば、ナースたちは代替わりしたんだ。長谷川先生の事知らないんだ。未だにぎっくり腰には安静が必要と”思い込んで”いるこの怖さよ。もう日本中に安静不要どころか治癒を長引かせるということは常識として行きわたってると思い込んでいたマッチのそそっかしさ。これから少しずつ教えて行かなければ。 (2016/09/03)

>> 期待外れ:台所の窓の内側のカーテンを昨日娘は洗ったらしい。割と小さいほうだけ。大きな方はちょっとよいしょが要るでーと。で、半ば厚手のカーテンは洗面台をたらい代わりにして洗ったそうな。手洗いしてから、洗濯機にかけたんだって。”お前、ようしたなぁ。おかしげになると思わんかったん?”て聞いたら”ま、どうなってもええからやってみよと思うてな”と。結局汚れのほうはレースのほうがひどかったらしく、大したことはなかったって。真っ黒になるのを期待してたみたいだけど(^^♪。 (2016/09/02)

>> ま、真っ黒な汁が…:娘が8月半ばから9月いっぱい有給休暇。昨日は前の病院へ顔出して、年金手帳とか分捕って来たんだって。健康保険証はギリギリまで使わしてもらうわって。しっかりしてるわ、あんたは。で、休みの間に言うことには”ちょっとぉ、台所のカーテンな、レースのほうだけ手洗いしたで。ほしたらあんたま、真っ黒な汁がようけ出たがな。あたしの部屋のンはもうとっくにあろうたけどな、他の部屋のはどうすん。”と迫る。前にうちには贅沢と思われるカーテンを仕立てたのでそのカーテンやさんにクリーニングを頼んだら、代わりのカーテン持ってきてくれて、付け替えるときに二人のおっさんがめっさ、くしゃみしたから、そんだけ埃だらけやったんやと思うて、恥ずかしくなり、それ以来放置。また、たまったんやろ、埃が。金はなかなかたまらんけど埃はすぐたまるわ。頭を抱えるマッチです。ずっと娘が、お休みしてくれてたらすべて何とかなるんやろけど、あいつもマッチが死んだら一人で食べていかならんから、便利遣いはできない。10月からは晴れて新たな勤務先へとられてしまう。ま、ええわうちの家族は埃では死なへんみたいやから(^_-)-☆。 (2016/09/01)