町田内視鏡クリニック
横浜市瀬谷区瀬谷3-1-29 TEL 045-300-6055

年月

院長のひとりごと

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

>> ガラスのハート(笑):午後に大腸内視鏡(ポリープ切除含む)をやる。午後の外来が4時から始まるから、それまでには何とか、片づけなければならない。そうはいっても相手が水ものだから、午後の外来まで食い込むことだってあるんだ。受付さんに、待てる人は待ってもらって、薬だけの人は本当は違反だけれど、仕方ないから出してあげてというが、ほとんどの場合皆さん待っててくださる。検査が予定時間内に終わった時だって、それから2時間の外来。患者さんが混んでるときは意外と疲れない(ように感じる)。だけど、もうそろそろ患者さんも終わりかなーと思ってる時に製薬メーカーのMRさんが来る。自分が頻繁に使っている薬剤のMRさんだと、いろいろ話も弾むからいいんだけれど、ほとんど使ってない会社のMRさんと話するのって、すんごく疲れるのだわ。で、受付さんにうまいこと言い逃れしてもらっている。その人が嫌なのじゃないの。使ってない薬のメ―カーさんと何の話をしろっての。話題がないじゃない。しらけるっての嫌なの。ごめんね。受付さんは”先生、ガラスのハートだったんですね”と、苦笑いしながら、"撃退しましたよ"。聞いてたナースも”へ、ガラスのハートどこじゃないでしょ、プラスチックでああた、煮ても焼いても食えんのと違うんかなー。燃やしたらダイオキシン出るカモ”とぬかしやがった。 (2016/05/31)

>> リュックカバー:土曜日に朝雨降ってたっけ。忘れたけどリュックカバーして出勤した。帰りには雨が上がってて、リュックカバー忘れて帰ったので、今朝はない。えーーーー、リュック濡らすの嫌だしなー。例のすっぽり被る奴,暑そうやしみんなに睨まれそうやし。仕方ないから薄ーいレインコートで、バス出勤、久しぶり。それでも、瀬谷からクリニックの間まででリュックは十分濡れてもうた。やっぱ、カバーは必要や。 (2016/05/30)

>> 今年も山アジサイが:この冬にはもう枯れ木だけになってたんだ。3年前だったかな、娘と知人が二人で植えかえた山アジサイ。昨年は咲いたけど、何やら今年の冬は怪しかった。どの木も枯れかかってた。ちょっと手を添えると、カキっと折れる。もう諦めていたんだ。けど、春ごろどこかの誰かさんが剪定していった。で、観察していると、みどりの若葉があちこちから。で、昨日は下の方だけど淡いピンクの花が…。この花が次第に鉄さびのような色に変わっていくんだ。それが楽しみ。嬉しいなー。 (2016/05/28)

>> ジェネリックは好かん:ホントか嘘かは知らんけどFBにジェネリックの中には韓国産や中国産のものも5割くらいあるとの記事が出ていた。マッチはよほど患者さんから懇願されない限りは先発品を、変更不可で処方する。自分だって飲みたくないもん、ジェネリック。ある人の話では厚生労働省のお役人様は絶対ジェネリックは飲まないんだってさ。クリニックもジェネリック出せばほんの少し儲かる仕組みになっとるバイ。調剤薬局もえらく儲かるそうな。一番得するのは日本国政府。そして損するのは患者さん。その場は安いからいいように思うけど、何のまされとるかわからんし、先発メーカーが資金不足になって日本からはいい薬の開発ができへんようになるからや。このような過激なこと書いたら睨まれるわな〜。 (2016/05/27)

>> えげつない話:昨日の午後、生命保険と医療保険、がん保険全部解約した。それと、息子のと娘のも少しだけど入っていた。息子のは息子の嫁さんと話し合ってもらって、キャンセルならキャンセルにということで。夕食時、事務長が言う”そら、息子のは、万が一の時には嫁さんに行くんやから払ってやれや。けど娘のは要らん””そんなことゆうたってもしものことがあったらあたしはショックで生きて行かれへん””ほしたら、金もろうたら、ショックが癒されるんか?”ときた。”そういうわけやないけど、ないよりはあった方が…。”本人目の前に置いてえげつない話をした。本人はシラっと。今度まとめて知り合いのところへ入ることに。 (2016/05/26)

>> クーリングオフ、その2:生命保険の解約の件について、日曜の午後に生保レディーが自宅へ来るという話が出たけど、たった一日しかないお休みを、嫌な話で潰したくないので、今日の午後、クリニックに来てもらうことに。今日は久しぶりで長嶋先生が(星を見にニュージーランドへ旅行してたらしい)一日おいで下さるので午後の外来が始まるまではゆっくりできるから…。ルンルン (2016/05/25)

>> クーリングオフ:生命保険がまた切り替えの時期だそうな。で、外交員が日曜に来た。20代後半からずっと同じ生命保険会社にいろいろ加入しているが、一度も恩恵にあずかったことはない。それは大変ありがたいことなのだけど、この歳になってからの更新には、毎月の保険料金が半端ない。医療保険と合わせると、今現在でも10万円以上支払っている。で、今度の更新では保証額を少し下げて、更新のサインをしてしまった。それでも今より高くなる。昨日受付のAさんと帰り路、そんなに払うんですか?じゃ、やめとくわ。せんせ、クーリングオフの期間て週間くらいですよと。慌てて書類を見ると、契約時または、最初の保険金支払い時の遅い方から15日間だそうだ。よっしゃ、今日?してやめるって言っちゃおっと。本当に保証が必要かもしれない時には保険料はめちゃくちゃ高くなる。今まで払ったのがパーになっても、元気でいられたことに感謝しよう。がん保険だけ残そっと。 (2016/05/24)

>> 熊沢さん、おめでとう:あなたが、うちへ来てくださったときにはまだ、内視鏡なんて触ったことがなかったんだよねー。それに、開院以来内視鏡技師がずっといたんだけど、いなくなってしまってて…。先輩からいじめられてもうやめたいって何度も泣いてきたよねー。でもよく頑張った。うちで7人いるナースの中で初めて内視鏡技師試験を受けて一発で合格。おめでとう。昔は技師試験も易しかったみたいだけど、今はクリニックなんかでは経験できない肝胆膵の内視鏡やら、ESD、腹腔鏡まで試験に出るんだもんね。院長は自分の事のようにうれしっす。これからは、後に続く人も出てくることでしょう。みんなに、上から目線じゃなく引っ張っていってくださいねー。ほんとにおめでとう。 (2016/05/23)

>> せこい客:昨日の午後、高橋眼科へ行って、その下の薬局で点眼薬をもらった。事務員さん”お薬手帳はお持ちでしょうか”、割とタカビーに聞いてくるので”いや、持ってません””それじゃあ、お家にありますか””いや、ありません””ではおつくりしましょうか?””いえ、いりません”。自分でもあれだけぶっきら棒に受け答えするとは思ってなかったに。薬だけもらってさっさと帰った。言葉遣いは丁寧だけど、上から目線で来られたら、意地でも断っちゃう。ま、手前の飲んでる薬くらいはパパッと出て来るわな。それが、わからんような状態で運ばれた際には、あきらめるからかめへんで。むこうはせこい客と思っただろなー。あ、薬剤師さんは感じよかったよ。念のため。 (2016/05/21)

>> そら、あんた、勘違いもするわな:この近辺で(瀬谷ではありませぬぞ)、病院の院長の私生活の乱れ、経理の不正みたいなものを、嫌というほど耳にする。娘の以前勤めていた病院でも、耳を覆いたくなるような実情があって、娘から何度も聞かされていた。で、昨日の夕飯時、”そら、あんた、ただのど田舎の院長でも平気でおかしげなことするんやから、東京都のトップともなれば、権力握ったと思うて、何でもかんでも思うままと勘違いもするわな”と。...爆笑。 (2016/05/20)

>> 通じてないだろなー:FB友達で大腸内視鏡医の近間先生が載せていた記事に、コメントした。ベッキーもよくもあんな”にゃくい”男に惚れたもんやなぁ…と。マッチと娘との間では通じる言葉。ていうかマッチの母が時々使っていた、”にゃくい男や”。丸亀の方言かもしれないけど、娘と通じるのでついつい使ってしまう。”にゃくい”ってどんなって?ベッキーと不倫したようなああいう感じの男を指していう。うはは。近間先生には通じてないだろなー。ごめんなさい。 (2016/05/19)

>> カンファランス:今のスタッフは熱心で、一つでも問題が生じると、どうやれば防ぐことができるかを、お昼休みに時々カンファランスしている。そうしてくれと頼んでないのに、自主的に。その結果、より分かりやすい仕事の流れができてくる。素晴らしい人仲間たち。 (2016/05/18)

>> ステロイド:副腎皮質ホルモン(主にプレドニンなど)を長期にわたって服用している人は、その量がわずかであっても、大腸検査の時は必ず服用してくるようにお願いします。忘れた場合には申し出てください。当院に用意がございます。自分勝手な服薬中断は生命の危険を招く場合があります。予約時に口を酸っぱくしてお話いたしておりますが、忘れる方がいらっしゃいます。怖いですよ。 (2016/05/17)

>> 山手線:金曜の学会へ行く途中、新宿から品川まで。眠たかった。見ると17,8cmくらい隙間があった。4人掛けところに、ちょっと太っちょのおばさん含めて3人がゆったり座ってる。その隙間に”ちょっと、失礼”って、割り込んだ。通常はみんな少し詰めてくれるわ。お尻は入ったけど、両隣のおばはんは、明らかに嫌がらせみたいに体を捻って、抵抗する。マッチも負けじとキュッキュッ。で、落ち着いてから対面を見るとなんとそこは、2人掛けと3人掛けで仕切られてるではないか。気がついたけど、今更立つのもなんだか負け犬みたいで不愉快。で、気がつかないふりして品川まで。その話を看護師さんにしたら”えー、せんせ、なんちゅうことするのー。こんだけの(手で幅を表しながら)ところに自分のお尻が入ると思ったのー。もう、両側の人は頭にきて、翌日のブログにでもこういう婆がいたって書かれてるかもよー”と。大笑い。だけどさ、今更立てないでしょ。さらに笑っておしっこちびりそうになった。今思い出してもおかしい。ひょっとしてあれが新型の山手線かいな―。 (2016/05/16)

>> あんた、よう行けたな:娘は昨日休みで都内へ買い物に出かけたらしい。マッチはカットの後、高輪へ。帰りに何やら新宿で、待ってるとか連絡貰った時にはマッチはもうロマンスカーの切符購入。ついでにメールで洗濯物入れといてと来た。今朝の食卓。”あんた、昨日どこ行ったんな。””高輪プリンスで学会やがな””よう迷わんとひとりで行けたな””阿保かいな、もう何べんいっとるかわからへん。都内でやる時はホテルオークラか高輪プリンスじゃき””あ、そうか。ほなら迷わんわけや”。どこまで方向音痴と思うてけつかる。だけど、ホンマは山手線降りたときチョと不安やった。この降り口で大丈夫なんかいな。ま、ええわと思って歩いてるうちにしょっちゅう見慣れた風景が。あ、よかった。間違えへんかった。 (2016/05/14)

>> 真夏なん?:今朝の予報では28度まで上がるって。一日中診療してるならいいんだけど、今日は午後髪のカットそれから高輪まで出かける。で、当然真夏バージョンに変更。本麻のステテコに、本麻の7分丈パンツ、綿ローンのチュニックにした。で、出がけに靴箱からサンダルを探したが、な、な、ない。きっと”汚っ”って娘が断りなく捨てたの違いない。もう一足買ってあるが、それを取りに部屋まで上がる時間が…。しゃーないから運動靴。麦わら帽子。家庭画報では、高価な麦わら帽子があって、かっこいいんだけど、婆さんにはもったいないからAmazonでろくでもない奴を買った。全体的に変な格好。ま、いいや、熱中症予防が第一じゃ。 (2016/05/13)

>> 初めから請求できへんで:昨日も一昨日も娘の顔を見てなかった。昨日は薬局の新人の歓迎会だって。で、早めには帰ってきたが、普段から疲れてるからそのまんま寝て、朝風呂。で、出かける前に川崎は大腸検査のガスコンはどうなん?て聞いたら”そんなもん、上部内視鏡にしか認められとらんから、初めから請求もせえへんわ。処方箋なしで勝手につこうとる。みんな、知らんだけやろ”って。どこの病院も苦労してはりますな。 (2016/05/12)

>> ガスコンなしで大腸検査しろってか:何か、警告が来てはいた。ガスコン水は大腸検査には保険通りませんて。だから今月から請求しなさんなということだったようだ。めんどくさいから、そのままにしようと思っていたところ、先月分が全員削られてきた。一人一人の金額はわずかなものではあるが、要するに使うなということですよね。使わなければ腸管内は洗剤用液に浸されたような状況で、泡だらけ。当然当院ではガスコン水を前処置の終わりころに飲んでもらっていた。それでもなお、あぶくの多い人もある。あぶくが多いと病変を見逃しがちになるので、さらにガスコン水を入れた洗浄液で腸管内を洗浄しつつ観ていく。勿論初めからそんなものは持ち出し。保険を担当しているお役人様は、あぶくだらけの腸を観て病変がわかるらしい。もっともお役人様は高給取りだから、保険のきかない自由診療のところで、高額払って、検査受けるんかもしれない。当院は、削られようがどうしようが、いい検査をしていくのが仕事。 (2016/05/11)

>> よっぽど暇と思われてるのかなー:確かにこのブログを読むとマッチは暇そうにしてるなー。鼻糞でも掘ってるんじゃないかと。この欄の記事は全部FBにコピーして載せてある。昨日横浜市大の同級生からマッチのページに”随分暇そうですねー。それ自体は悪いことじゃないけど。僕はこれからボランティアに行きます”って。吃驚。そうでなくても朝は5時には起きて支度し、7時過ぎにはクリニック到着。事務処理してから、診療開始。胃も大腸もものすごい先まで予約をいただいている身なれば、自分の体調管理もしっかりやらなくてはならない。とてもとてもボランティアどころじゃない、と言えば自分本位になってしまおうが、ここを死守することが今のマッチの務め。とにかくお休みと言えば日曜祝日と金曜午後のみ。これで暇と言われては、士道が廃る。サラリーマンなら年金でのんびり食ってるわけじゃないっすか。Sさん、マッチの分まで頑張ってきて頂戴な。瀬谷の医師会長、川口先生は、黙ってボランティアに行く。 (2016/05/10)

>> 不審な小包:昨日の昼下がり、佐川急便。可愛らしい小包が。倅の嫁さんからかなーと、期待して送り主を見たら全く知らない名前が。しかも住所は倅の家の近くらしい。一瞬思ったことは、倅が悪さして離婚されそうになったのかなー。でもうんともすんとも言ってこないのだから、おかしな話。娘は”あんたは、すぐ忘れるんやから、よう思い出してみ、知り合いの人やろ”という。心当たりはなかった。で、倅の嫁さんのFBページみたら、その人の名前が。ぎょぎょぎょ、じゃ、その人(お店の人らしい)が間違えて自分の名前を送り主に書いちゃったんだろなー。開けてみたら、スヌのお弁当入れと、そのほかの小物。(*´▽`*)。メッセで確認したらやっぱり嫁さんからだった。ついでにメッセ送って送り主さんともお友達に。なんだかサザエさん一家みたいだ。 (2016/05/09)

>> 乾山晩愁と春風伝:連休の間に葉室麟の文庫本を8冊買って、今8冊目。大体が士道を貫こうとする若侍(それも貧窮している武家の子弟)が出世していく中で、小藩の派閥争いに巻き込まれていくというのが多かった。面白いけど、家老同士が仲がいいのか悪いのかわからなくなって,終いにはつまんなくなる。そのなかで、乾山晩愁は、尾形光琳の弟(尾形乾山)の生きざまやら、狩野永徳の生涯、そこへ現れる長谷川等伯と狩野派との争い、などが時代順に短編で描かれていて面白かった。狩野派は等伯に敗れたのちはこれと言った活躍はできず、探幽の出現を待つことになるそうな。等伯は狩野派との戦いには勝利したが、才能ある後継ぎに若死にされて,一代で終わる。その時の悲しみを描いたものが、松柏図だそうだ。今読み始めているのは春風伝、高杉晋作の生涯。これは明治維新については、いろいろな本を読んでるから、実に面白い。楽しみ楽しみ。 (2016/05/07)

>> 今日から仕事仕事:連休は片付けで終わった。いつもは帰宅後ご飯食べたらバタンキュー、夜中にごそごそお風呂入って、またすぐ寝る生活だから、片付けなんぞ無理無理。4日水曜日にはパルシステムからどっさり冷凍を含めてくる予定だったから、3日には冷蔵庫の大掃除。げ、ゴーダチーズの袋見たら、真っ青。そんなこんなで、大騒ぎしながら冷蔵庫もその隣の大きな冷凍庫も空っぽに。例年なら娘が毒づきながらも、手伝って(むしろ先に立って)やってくれるのだけど、今年は病棟勤務で連休も一日削られ自分の部屋が洗濯ものにあふれていて、手伝いどころではなかった。マッチひとりだからおもろない。4日にはパルシステムからどっさり届いて、冷凍庫もいっぱいに。今度は腐らせないように賞味期限いちいちチェックしながらしまい込む。さあ、今日から仕事仕事。 (2016/05/06)

>> 楽しかった休日診療所:昨日は、お休みなのに出勤で嫌だったけど、初めてご一緒させていただいた武岡先生が、卒寿の女医を労わってくださったのだろう。次々患者さんを診てくださって、めっちゃ楽ちんだった。患者さんにも、スタッフにも細かい心づかいのできる先生だ。あれで給料もらったら、申し訳ないな〜〜〜。 (2016/05/02)