町田内視鏡クリニック
横浜市瀬谷区瀬谷3-1-29 TEL 045-300-6055

年月

院長のひとりごと

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

>> 瀬谷区医師会忘年会:初めは、参加する気はなかった。ってか、案内状はどこかへ消えてしまってた。ナースの一人がいこいこと言うのであとからの参加に。楽しかったっす。隣の席になった先生が、堀病院の院長先生で、産婦人科はあまり関係ないから、お話もないし、どしよっかなーと思っていたが、そこはそれ向こうは年嵩も行った方だから(向こうもそう思ったかも)、いろいろ話してるうちにすっかり打ち解けて、面白い話ができた。新医師会長は川口浩人せんせ。お若いが頼りになるせんせだ。田村先生も長い間お疲れさまでした。各方面の先生方にもご挨拶できたしとっても楽しい会だった。そやけど、ゴスペルちゅう奴が、あまりの大声で、シェラトンのあの部屋ではうるさすぎた。私たち耳はまだしっかりしてまんねん。あー、やかまし。千人くらいのホールの時大声張り上げてちょんまげ(笑)。 (2015/11/30)

>> クリニング屋さんのプリンタ:金曜の夕食時にクリニング屋さんは来る。月の半ば過ぎに書き付けたノートを持って帰り、翌週に請求書を持ってくる。昨日はピンポンとなったとき、慌ててノートを探したけど、ない、ない。しゃーない、ドアを開けて、はいってもらう。”あのう、ノートが見つからなくって…。””あ、お預かりしてますから”と。そういう時は請求書が入ってるから、おつりなしの現金が揃っていれば、すぐ支払う。”あのう、お支払いの請求書、見当たりませんけど”と聞くと”すみません、プリンタが故障しちゃって来週になります”とのこと。しめた、いっそのことずっと故障してて頂戴な。ケケケ。 (2015/11/28)

>> そらまあ、そうやけどさ:出かける支度済ませて下へ。まだ6時前。娘が一人で朝ごはん、ゆっくり食べるのだ、あいつは。で、”ちょっと、東京と横浜と5度違うよ、今朝は”と言う。”へ、寒いのに出かけとうないわ””あんた、温い方へ向いていくんやからかまへんやろ””そななことゆうても、今寒いんが嫌やがな””あのなあ、寒い方へ向こうて行く人もおるんやで”ま、シャーない。行ってきまーす。 (2015/11/27)

>> 診療ベッド(使ったことないもの)要りませんか:みんなでいろいろ話し合った結果、要望も含めて数点出てきた。看護師さんがお昼を摂るための場所があまりに狭かったので、処置室(と称する場所)に置いてあって、一度も診療には使ったことのないベッドを捨ててそこへテーブルを置くことにした。これ捨てるんだと言ったら看護師さんたちが、いや、きっと欲しい人いらっしゃいますよ。楽天ででも出したらどうですかという。マジに捨てるにはお金もかかるし。欲しい人がいたらただでもどうぞ、なんだけど。事務長に言わせたら、ひょっとしたら、これリースの一部かもしれなくて、売ったら違反だよと言う。捨てるのはいいんだろ。それなら、誰か使ってくれる人にさし上げるのは違反じゃないかなー。リースなのかどうか調べると言っていた。 (2015/11/26)

>> 消火の理論:どうしてビルなどの火災で、死者がたくさん出るのかと不思議に思っていた。建材の燃焼から出る有毒な煙を吸うことで死者が出るのは、仕方のないことと思っていた。今朝、知り合いの消防官の動画で欧米の消火の方法と本邦のそれとが、考えかたが真逆と知って驚いた。一生懸命に消火を勉強しようとしている消防官には、半年でも一年でも留学させるべきではないかと思った。 (2015/11/25)

>> 銀杏ご飯:久しぶりの連休ゆっくりFBで、長谷川せんせからかってたら、偶然井手上さんと言う女性とお友達に。彼女のページを眺めていると、到来物らしい銀杏ご飯の写真のアップが。たまたま土曜の帰り小田急で殻付き銀杏を買ったばかり。チンしたら、おかずの足しにでもと思って買っておいたもの。ぁ、これこれと思って問い合わせ。チンして、そのあと炊きあがったご飯に混ぜるのと聞いたら、否銀杏の殻剥きと言うものがあって云々。我が家にもあるある。で、朝っぱらから生銀杏の殻と格闘。殻はどうにか剥いたものの、渋皮ってんですか、あのまとわりつくような薄っすーい被膜。これを流しのそばで肩を凝らしながら剥いた。ようやく起きてきた娘は”えらい地味ーな仕事してるやん”と、からかう。で、昼前にはお米をといで、買ったばかりの日高昆布を一枚放り込んどいた。夕方せっせと剥いた銀杏と、だし醤油、ニンジンの細く刻んだのを入れてスイッチオン。夕方テレビ見ながら、娘は”何やら銀杏臭いがな”とぬかす。その割には一番沢山平らげたのが娘。いやはや、おいしかった。久々のヒット作。そこへ東北うまいもの会から届いた真鰈のから揚げ。上等上等。若い頃なら、腹いっぱい食べたものを、今はそのようなことはすまいと、翌日のお昼におにぎりに。これも娘が一番沢山平らげた。食いすぎだろお前。 (2015/11/24)

>> 魚焼き器の手入れ:帰りに買い物すると、玉ちゃんバスに座れないけど、仕方ない。小田急OXで、連休のお昼のうどんに入れるナルトと、油揚げを買う。ぁ。生協に注文し忘れて在庫がない納豆と。それだけ。というのは、明日の午前中に東北うまいもの市場から鰈が5尾届くのだわ。出刃包丁があったか、捨てちゃったかわかんないけど、探して切り身にして煮つけに。これは冷凍して後のは片栗粉まぶして空揚げに。23日には先週届いた干物のうちホッケが冷凍されてるのでこれを焼く。魚を焼くセラミックだかの、手入れが悪いので、火を入れると魚臭いと娘が文句言う。新しい魚なのに、手入れが悪いと、もったいないことになる。それはわかってるけど食べた後きれいに油落とすのって至難の技。 (2015/11/21)

>> 聞き取り調査:昨日は5人の聞き取り調査。須田先生が一日内視鏡をやってくださる日だったので、マッチの手が午後少しの間あいたから。で、みんないい子たちばかりなのに、どうしてカリカリするのかわかったような気がする。要は、忙しすぎるのだ。で、それならと常勤さんを一人増やそうと思う。休憩場所は何とか手配するとして。一生懸命働いても税金に持ってかれるのだから、それなら従業員の福祉に回した方がずっといい。一緒に気持ちよく働いていくためにお金を使いましょう。来週水曜は他の5人の面談。なんだか楽しみになってきた。そうそう、時々お弁当を提供してみんなで昼食会ももちましょう。その時は一人だけ順番で患者さんの張り番をしてもらうことになってしまうのだけど。勉強会に出席したナースからの話を聞かせてもらう会にしてもいいな。 (2015/11/20)

>> 継ぎのあたった術衣:クリニング屋さんによると、古いものほど糊がこわばりつきすぎるらしい。マッチの術衣は、田坂時代のもの。もう20年にもなろう。次に来られた先生が要らないとのことで、全部貰ってきた。開業当初は、術衣一つ買うにも、資金不足だったから、ありがたかった。お蔭様で今は術衣の10枚や20枚は買えるけれども、手放せないのだ。あのころ、ポリープ切除して夜中に出血の電話があって、代々木まで飛んで行っても、なかなか止血できず、看護師さんにはタクシーチケットで帰ってもらって、マッチは患者さんと泊まり込んだことも何回もあった。止血完了が午前2時だったりして、帰ってから5時に起きて代々木まで来るより泊まっちゃった方が楽だったことも。その頃は、結構きつかったが、その時の辛さが今の自分を支えていると思うと術衣一つ捨てられない。難しいポリープの時には、後ろから睨んでくださった佐竹先生への感謝も込めて。 (2015/11/19)

>> 麦と兵隊:ビルマ戦線へ引っ張り出されていた父は、この歌が好きだった。マッチも好きだ。今頃こんな歌が好きなんて言ったら、世界中を敵に回すかもしれないけどさ。特に3番の歌詞”友を背にして、道なき道を、行けば荒野は夜の雨。すまぬすまぬを背中に聞けばバカを言うなとまた進む、兵の歩みの頼もしさ”。戦いで両足を失い歩けなくなった友を、これも戦いで視力を失った兵が背負って、味方の陣地まで歩きとおすという情景らしい。この作者の火野葦平は、戦後戦争責任を感じて自殺したと、その著作、麦と兵隊のあとがきに書かれてあった。原作の内容は決して派手なものではなく、日々の苦労の繰り返しの中に、戦友との交情を交えて描かれてある。こういう本を闇に葬ってはならないと思う。 (2015/11/18)

>> 面接用紙:今度からマジに職員と面接することになったっす。そやけど、吹き出すだけでどうにもならんと思うていたが、FB友達の病院事務長さんをなさってたKさんから、こういう用紙を作っておいて、内容を書いてもらって面接するのがいいですよとファイルまで送ってくださった。ご親切に、大変感謝です。ところで、急いで職員分コピーして手渡したところ”せんせ、ここほかの病院の名前入ってるし”と早速の指摘。しまった、いただいたファイルのまんまコピーしちゃった。自分とこの名前にもせずに。”ま、最初やからええやろ、これでいこか”と言うことに。おっちょこちょいなんですわ。 (2015/11/17)

>> もっと他力を:夏休みにブックオフで数冊持っていた歎異抄を売ってしまった。昨日司馬遼太郎の最後のエッセー読んでいたら、歎異抄について書かれていた。戦争に行くとき持って行ったらしいけど、つまらん本と思ったらしい。けれど、後になって音読してみるとこれに勝る本はないと書かれてあった。急に歎異抄が読みたくなり、五木寛之版の、原典と五木先生の現代語訳の出ているのを注文。夜に到着。今度は文庫本なので、バッグに入る。田坂の時佐竹先生に言われたなあ”あなたは自力に頼るところが多すぎるんだよ。もっと他力を勉強しなさい”って。そういう佐竹先生は禅宗が好きなんだけどなぁ。この歎異抄は手放さないから。”いずれの行もおよびがたき身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし”と。親鸞聖人でさえそうおっしゃったのだ。 (2015/11/16)

>> 思いがけないところで:昨日はひょんなことから、ナースたちがマッチに不満を持ってるってことが発覚した。マッチには寝耳に水。っていうか、そんなことがあったことすら知らなかった。ま、いい。それを勇気を持って言ってくれたナースに感謝。で、これから先だが一人ひとり面接の時間を欲しいという。佐竹先生はボーナスの査定の時期にやっていたわ。よっしゃやるぞ。とはいえ、ドアを閉めて一対一になった時、わたしゃ吹き出すのではないかと今から心配しておる。笑い上戸のマッチより。でもまじめにやれと、ナースは言う。これが最も難しい注文だべ。どんな顔してやれってか。かぼちゃのお面でもかぶってくるか。 (2015/11/14)

>> 楽しかったぁ:昨日は横浜コロンクラブ。みなとみらいまでてくてくと。症例もいろんな先生がたくさん出してくださり勉強になった。マッチの症例は、出すつもりではなく、万が一どなたか症例提示の先生が来られなかった場合の予備として、適当に作成していたが、司会の田村先生の手腕で15分早く終わり、出す羽目になった。途中でパソコン(エーザイさんのですぞ)が、動かなくなり、文献的考察がちょん切れてしまって、みっともなかったけど。ま、楽しい会とはなりました。場所を提供くださったエーザイさん、スライドにつなげられる大きな顕微鏡を貸してくださるオリンパスさん、お世話になりました。 (2015/11/13)

>> 意地悪婆さん:TMSの長谷川先生はマッチの腰痛を、消し去ってくれた大恩人だけど、FBに載せてる格言みたいなのが、あまりにも人格者過ぎて(どうせ他人の残した名言だけどさ)、おもろくない。みんな付和雷同して、いいね、素晴らしいとかってシェアーしてるけど、人間これだけ長く生きてると、そこまで単純にはなれまへん。もっと、人間臭くていいんじゃないかって、つい反発心を抱いて、憎まれ口を書きこむ。若かったころは意地悪婆さんって言うのが何でそうなるのかって思ってたけど、このごろよくわかるようになった。だって意地悪って面白いんだもん。 (2015/11/12)

>> 横浜コロンクラブ:明日はみなとみらいでコロンクラブ。いつもは12月に行っているが、どうしても参加者の日程が合わず(そりゃ、そうでしょう。皆忘年会だわさ)、変則だが明日夕刻となった。お天気を心配していたが、明日は晴れるそうだ。嬉しいな。症例が出てみんなが言いたいことを言う会が、気楽で勉強になる。遠慮のいる人は誰もない。もっと発言しよう。恥かいてもいいじゃない。その場でかき捨てだからさ。 (2015/11/11)

>> まだ、来おへんがな:マイナンバー、マイナンバー、うちにはまだ来ておまへん。町田の郵便局員の自宅にでも隠されてるんかしらん。それとも、もういっしょくたになって灰になっとるかもわからへんし( `ー´)ノ。テレビでろくでもない郵便局の話が出るたびにそう思う。と言うのは、マッチなんかそんなもんどうでもええけど、たちまち娘は年末調整の用紙にマイナンバー書いて出せて言われとるらしい。もう、郵便さん冗談ええ加減にしてや。 (2015/11/10)

>> 誰が本気で考えとるかい…:これから二人目の子供さんを産むために産休に入ってるナースが遊びに来てくれた。いつから来れるのと聞いたが、保育園に入れるかどうかが問題だそうだ。政府は人口減少を懸念して、産めと言うし、労働力確保のために産んでも働けという。が、実際には保育園不足で働きたくても働けない人がいる。その人だって、産休だからうちの人員の籍に入ってるのに。家で娘に言ったら”あのなあ誰が本気で子供産んだ人に働いてほしいと思うてるんや”と言う。”いや、うちは来てもらわな困るんや”と。”そういうのはな、格好のええことゆうてどこぞの代議士がその時だけガッポリ儲けただけの話やがな。そんなもん信じとるあんたも阿保や”。けど、来てもらわなうちは困るんや。保育園何とかして。 (2015/11/09)

>> ワーキングプア―:今朝、電車の中でFB見ていたら、生活保護の月々の支給額が26万円で、とても足りないとぼやいている記事があった。ふざけるなと思った。うちの娘なんざ、病院勤務の薬剤師でもう10年以上の経験があって、かなり気も付く子だし、少々の咳や体調不良などでは休まず、毎朝一番に出勤しているけど、手取りはその生活保護者とほとんど変わらないんじゃ。わずかの給料の中から、将来まずもらえないであろう年金、健康保険、介護保険料などむしり取られて、かわいそうなもんじゃ。今は我々と同居していて、家賃、食費、光熱費が要らないから、それでも毎月積み立てたりして努力してる。かわいそうなもんじゃ。私が死んだらどうすんのかなーって思うが、本人は”いざとなったら、生保でもええがな”と呑気な発言。生保の中で本当に働けない体や心に障害のある人以外は贅沢言ってないで、働いてほしい。娘なんかわずかの給料から医療費だってとられるし、薬代だってただじゃないんだから。一時はやったワーキングプア―とはわが娘のことであった。為政者はもっと考えろよ。でないと生保生活者が増えるばかりでこの国はどうなってしまうんじゃ。 (2015/11/07)

>> 二電車遅れ―:目が覚めたら5時33分。いつもより確実に30分遅れ。結果二電車遅れとなったが、気分は爽快。なので、良しとする(笑)。 (2015/11/06)

>> やる気:パートの看護師さんで。内視鏡経験なかった人でも、積極的に検査室に入って先輩ナースの手技を一生懸命見ている人は、驚くほど早くに技術を習得する。もちろん、先輩ナースの優しさあっての話だが。ドキドキしながらやってるというが、度胸もあるのだろうなー。 (2015/11/05)

>> 睡眠薬替わりじゃ:昨夜の深夜便は、須磨佳津江アナのピンチヒッターで森田アナが。須磨さんどしたのかなー。心配、けど森田さんもテレビの7時のニュースの頃からのファンなのでそれはいいとしてだ。ゲストが悪かったわ。”私の一冊”と言う題で心に残る本を紹介するコーナー。たいていの人はなるほどと思う一冊を紹介してくれて、それをきっかけに本を漁ることになる。けど昨日の作家はどうしようもない。金にあかせて(とは言わなかったが)和服を着て、お香の会に出たんだと。花散る里というお香らしいで。それに、小さいころから読んできた本がまあ、ありきたりのものばっかり。ひどかったのが、中学時代の”風と共に去りぬ”。これがそもそもアトランタの奴隷制度が原風景だから、戦争の場面と奴隷差別の場面を最小限に切り捨てて翻訳本を出すらしい。阿呆か、そういう背景あっての”風と共に去りぬ”なのじゃ。そのうえ、さらにひどいことには自分にもいつか、レットバトラーが現れるんじゃないかと思ってなどとぬかしおった。そこは映画を見ての感想だったからつまりはクラークゲイブルが現れるんじゃないかって。阿保くさ。あまりの馬鹿馬鹿しさに聞く気がしなくなりそこでぐっすり。おかげで寝過ごしましたわい。ところで須磨さん、どうされたのかしらん。気になるところです。ぁ、それとその作家、お友達に頼んで手に入れにくい歌舞伎座の切符まで買いましたって。金持ち自慢のために出てきたのか。NHKはもちっと人選すべし。聞いてるのは大抵は眠れなくて悩んでるお年寄りとか、生活苦の人が多いのだぞ。ちったぁ、気を使えよ。 (2015/11/04)

>> 早や霜月:今日からレセプト。もう2か月だなぁ。今年も。 (2015/11/02)