町田内視鏡クリニック
横浜市瀬谷区瀬谷3-1-29 TEL 045-300-6055

年月

院長のひとりごと

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

>> たまってしまった事務仕事:明日からまたレセプトなので、ご紹介くださった先生方へのお返事やら、生命保険の書類記入やら今日のうちに片付けてしまわなくては。今日は一日中長嶋先生が居てくださるので、仕事ができるかも。一人で診療するときは、第一時間がないし、ちょっとした隙間には事務仕事なんかしたくないので、ついつい看護師さんや受付さんのところへ遊びに行ってしまう。結果、仕事が溜まる。あー、今日こそはやらなくては。 (2015/09/30)

>> 相手がマシャなら:マシャが結婚したって。前から取りざたされてる吹石だって。娘と以前話のタネに、”吹石ってちょっと田舎臭くない?””うん、まあね””あれなら、ファンもま、いいかって思うんじゃない”って言ってたのだ。そしたら、昨日のFBで吹石を超美人だという内視鏡医がいたので、ビックラこいた。そういやそうかなー。ま、どーでもええわ。相手がマシャなら誰持ってきたって見劣りするもんね。 (2015/09/29)

>> 枝豆ご飯:シルバーウイークの御蔭で、先週は水曜日がお休みとなり、生協(パルシステム)の冷凍をどっさり買い込んだ。冷蔵庫と別仕立てになっている冷凍庫(人間一人入れそうで、怖ーい)が、もう満杯。次は年末休みが水曜を含むので(と言うのはうちの配達日が水曜と決まっている)、又冷凍を頼めるから、それまでにある程度使い切ってしまわなくてはならない。月曜から土曜までは古宇田さんが来てくれるので、私が冷凍庫の材料を使って食事の支度をするのは日曜、祝日だけ。そのかわり、お休みの日にまでお買い物で無駄な時間を使わなくて済む。てことで昨日は何とかその中の物を使ってご飯作り。剥き枝豆ってのがあった。そーだ、これで枝豆ご飯作ろっと。ご飯を普通に仕掛けて、スイッチを入れ、おそらくふつふつしてきたところで一つまみの塩と剥き枝豆を入れるのが、一番いいだろうと決めた。けれど、スイッチ入れてから湧き上がるまでが待てないマッチ。釜のそばに張り付いて待ってたけど、結局湧き上がるよりも早くに枝豆入れてしまった。炊き上がるまでちょっと心配。煮崩れないかなー、とか。だったら、もうちょっと待てばいいんだけど、それができない性格。…。で仕上がりは、いけるいける。どっちでも大して変わらんのやろな。 (2015/09/28)

>> 先生のご講演:昨夜は新宿南口で迷子になりながら、オリンパス本社へ。佐竹先生のご講演を拝聴のため。一口に早期大腸がん1500例(実際は(1600近く)と言うと、素人はなーんだそんな数かと思うだろうが、それだけの早期癌(良性腫瘍ではありませんぞ)をかき集めるにはどれだけたくさんの大腸内視鏡検査を実施しなければならないか。想像を絶するものなのだ。もちろん先生おひとりでそれだけの早期癌をかき集めることはまず不可能で、昭和大学以外の他施設からの、大腸内視鏡検査をマスターしたいと望んだ多くの弟子たちを、広く受け入れてその人たちが熟達し、早期癌を治療できるようになった結果(病理は先生ご自身がご覧になられる)、集まった膨大な早期癌たち。それらを大きさ、形態、深達度分類、腺腫成分の有無からご検討されてのご講演であった。これを聴くと大腸がんの組織発生について、異なる意見をお持ちの先生方も、納得せざるを得なかっただろう。大変わかりやすい、いいお話であった。 (2015/09/26)

>> せめてお天気ならいいのに:今日は、新宿モノリスで首都圏大腸内視鏡研究会。今回は佐竹先生が早期癌1500例について講演なさる。この前からの予報では?て言うてたのに、いじわるな雨。モノリスのオリンパス本社も久しぶりだから、道に迷ったらどーしよー。確か京王プラザの前と思うていたけど。 (2015/09/25)

>> 自宅の大掃除:4連休は結局一歩も家から出なかった。干し物と、ごみ捨て、生協の受け取りだけ。あとは家の中。何をすることもないが、普段は忙しすぎて帰宅後バタンキューだから、整理する暇がない。で、タンスの中から、絶対要らんものを引っ張り出して捨てたり、いつの間にか溜まりにたまった段ボールを、ごみに捨てるべく紐で括ったり。あっという間に過ぎ去った。いつもこうなのだ。仕事のために生きてるとしか言いようがない。それに身辺整理もしとかなきゃね。 (2015/09/24)

>> 買い叩く:カイロプラクティックから帰宅、寝ていたところ、電話が。”何でもいいんですけどご不要のものありませんか”。昨年の夏、台所整理してたらいろいろ出てきたのを、母の部屋へ一時置いていた。夏休みにでも、成瀬あたりにちらっと見えたリサイクルショップへ、持ち込むつもりだった。が、いかんせん、暑くてそれどこじゃなかったので、放置していたものがあるのだ。それとこの前のブックオフの箱に入りきらなかった本が少々。ノートパソコンも2台。で、これから伺いますってんで、金曜午後は、唯一のんびりできる日だけど、それとガス屋さんも来る予定だったけど、来てもらうことに。で玄関先へそれらのものを並べる。なんたって、捨てるにはしのびなかった物たち。”あのう、いただきものの洋酒などありませんかねぇ。”と言うので、”そんなものは亭主がすぐ飲んじまいますがな””じゃ、使わなくなった金、プラチナのアクセサリーなどは”と次々突っ込んでくる。”いや、今急に言われても”と断った。で、玄関一杯に並べた捨てきれなかったもの(買うつもりになったら結構高いと思うのだが)、しめて千円です、と来た。ま、いいわ。ごみ捨てに出すのもお金かかるしと思って、しぶしぶ千円受け取った。こういうの買い叩くってんだろなー。でもさ、高い洋酒で、何年も放置していたものも買うって言ってたけど、そんなものどうすんの。もう飲めないっしょ。焼酎でも入れ替えて売りつけるのかしらん。リサイクルショップで物を買うって怖いかもー。 (2015/09/19)

>> 雷怖い:今朝は夜中に目が覚めた。チリの大地震と、我が国の津波の話ばっかりで、聞いてて心が逆なでされたような気持ちに。何度も目が覚めたけど、津波津波って。怖いなー。早朝、窓がぴかっと光った。ぁ、雷だ。それで、もう歩く気が失せた。雷は子供のころから怖くて、いつも押し入れに入っていたんだ。今朝は、完全装備でバスに。 (2015/09/18)

>> 防災マニア:ついに来た24区にも”防災ブック”早速読んだ。たいていの備蓄品は我が家には用意してある。と言うか、水など多すぎて、これが玄関塞いだらどうしようと思うくらい。20年間持つという缶詰まで備えてある。欠点は、それを一か所にまとめてないことだった。マッチでつく石油ストーブも、電気の要らないカセットコンロの新品も。で、懐中電灯とラジオが書かれてあったが、重いのを持って逃げるなんて、体力的に無理だから、単4の電池でつくペンライトと携帯ラジオ(手回しはもってるけど重い)をAmazonに注文した。知り合いの消防官にそれをメールしたら”防災のために生きてるわけじゃないっすよ”との皮肉が。う〜〜〜ん。痛いところを突かれたわい。けど、そのブック、いざ初期の大きな揺れへの対処法が書かれてあって、とても参考になった。東京都民でよかったぜよ。 (2015/09/17)

>> ”オ、オートクチュールって?”:昨日はこの前ガスに火をつけたままスプレー缶を缶切りで開けて、大やけどした受付主任Aさんと。”あのね、Sさんが、大和のエスカレータで見たんだって。女の人がね、ロングスカートはいてて、裾が、エスカレータの溝に挟まれたんだって””へ、そいでどうなったん””駅員さんがエスカレータ止めて、引っ張ろうとしたけど取れないんだって。で、あのう、この裾ぎゅーって引っ張っていいですかと尋ねたらしいの。そしたらね、ダメよ、オートクチュールなんだからねって言ったらしいよ”あきれたマッチは、声を潜めて”そいでな、あんた、オートクチュールちゃ、なんな”と聞いた。Aさんは”あのう既製服じゃないんですよ。注文服でものすごく高いんですよ”と。帰宅して娘に話した。娘は”あほらし、そなな服着とってからに電車に乗るやつがあるかい。運転手付きのベンツにせえ、人迷惑じゃ”と、大笑い。駅員さんは災難だね。 (2015/09/16)

>> 痩せても枯れても全共闘:昨日、ひょんなことから看護師たちとの間に大きな誤解があったことが判明した。当院は労災保険の患者は診ない。頚椎症など来るわけないからだ。ある看護師が、針刺し事故に近いものにあった時マッチの言葉が悪かったのか。”うちは労災保険はやらないから、保険診療だよ。でも一時払ってもらって、その月の給料で還元するから(従業員福祉と言う制度)”と言った。そのことを自分たちは労災保険で守られてないと思い込んだらしい。労災保険の患者を診ないということと、従業員を労災から守らないということは全く別のことだ。当然労災保険には全員入っている。そんな最低のことも出来てないクリニックと思われてたのかと思うと情けなくなる。確かにマッチの言い方が足りなかったのだろう。でも事務さんは以前階段から落っこちて骨折。ちゃんと労災保険を適用して整形で診てもらった。日本帝国主義との闘争に敗れ、挫折したとはいえ、痩せても枯れても元東大全共闘、従業員を搾取する気など毛頭ないのだ。誤解が、哀しい。 (2015/09/15)

>> 細径スコープ:当院は女性の大腸検査が多いので、婦人科手術後の強度癒着の症例が比較的多い。他院で挿入できなかったとか、ひどく痛かったとか。そういう人には、おもちゃみたいに細い細径スコープが適しているが、なかなかたくさんのスコープをそろえることは難しく、そういう症例のたびにオリンパス社に無理を言って、お借りしていた。先週その細径スコープを購入したので、これからはいつおいでになられても、大丈夫になった。嬉しいな。 (2015/09/14)

>> 珍道中:出かける直前に、どーんて。震度4と言うが嘘だろ。5弱と思った。娘もそうだ5弱だよ、これって。で、早めに出かけたけどやっぱり小田急は大幅遅れ。イライラしながら大和へ。大和で来た電車に飛び乗った。境川を越えてそろそろだと思ったら何やら駅舎のようなものを通り過ぎていく。しまった特急に乗ったのだ。いつもマッチが乗る時間なら特急なんてありはしないから、乗っちまったのだ。どひゃー、そのまま二俣川までまっしぐらー。で、シャーない海老名行の急行を待って、ようやく瀬谷へ。もとはと言えば、小田急がやたら遅れるからだ。糞―( `ー´)ノ。 (2015/09/12)

>> 正常化の偏見:恥ずかしながらこの言葉の意味を知らなかった。知り合いの消防官が投稿してたので、初めてググってみた。自分のところだけは災害は来ないだろうと思い込むというような意味らしい。マッチはそんなことは思わへんけど、用意はしてるけど、いざとなったら,気が小さいからどっちへ向いて逃げたら助かるのンかがわからへん。しゃーないわな。助かるときは助かる。あかんときはあかん。日航ジャンボの墜落だって、乗ってる人はまさかと思うたやろう。運悪く乗り遅れた人は助かったんやから。こればっかりは、一寸先は闇。戦場ではないけれど、常に今ここで死んでも悔いのないような生き方をしなければ、命を与えてくださった大いなるものに失礼だろう。 (2015/09/11)

>> 横浜内視鏡医会:昨日の内視鏡医会は、台風で出足が心配されたが、意外にも沢山の先生方がお見えになられ、面白い会となった。フロアーからの質問がなかった時のために2,3質問事項を用意して臨んだが、その必要全くなし。いろいろな意見が出て、大変参考になった。年会費払ってなかったことはばれなかったかしらん(^^♪ (2015/09/10)

>> 蒸し暑いぜよ:今夕は、桜木町で横浜内視鏡医会と言うのがあって、大腸検査についてのご講演が予定されている。しょっちゅうさぼってる会なので、座長が何をするのかわからないままに指名されてしまった。いつもなら、この悪天候、ど田舎の農婦の格好で平気で出かけるのだが、ついこの前ひょんなことからお友達になっていただいた、村田先生のご講演とあっては、失礼にあたるので、普通の格好をして出かけた。そうなると坂道を歩いて汗だく、ビショビショとはいかないので、一年ぶりに朝の成瀬行きのバスに乗った。レインコートなんか着ちゃったばかりに、かえって汗かいてしまった。今日は台風の余波で蒸し暑く、所によっては篠突く雨も。村田先生は参加者が少なくて演者(村田先生)とマッチだけだったらどうしようと、心配されておられるそうな。げげっ、ついに若い男性の先生には嫌がられる年になってしもうた。そっちの方が余程ショック―。 (2015/09/09)

>> ご、ご飯がない:いつもは、夕方7:20にご飯が炊きあがるように、古宇田さんがセットしてくれている。昨日、炒めものなどのおかずをチンして、みそ汁を温めてみそを溶いた。で、おかまを開けてみたら、水の中にお米が…。ぅーーん、今から炊いたんでは、いつになるやら。てんで、他のおかずはそのままいただき、防災用のチキンドライカレーの缶詰を温めることに。これだって20分かかるそうだが、ま、いいではないか。娘は私食べない、おかずだけでいいと言うから、勝手にせえと。で、炊飯器のスイッチを入れた。洗いもの全部終わって、少し経ってから、ご飯が炊きあがった。セラミックみたいなご飯を入れる容器があったので、それに入れて、今朝冷蔵庫へ。むふふ。こういうこともあるじゃろう。 (2015/09/08)

>> 文庫本:ベッドで寝っ転がりながら本を読むことが多いので(と言うか、殆ど寝っ転がって読む)、固い本は上向きで読んでると腕が疲れるし、右か左に顔を向けて読むと、下になったほうの方がこる。仕方なしに、このごろは文庫本が多くなる。この前ネットオフで、本を売ったので、代わりに文庫本をどっさり購入。司馬遼太郎全講演1〜5、以下、無用のことながら、風塵抄上下、これを昨日はぐるぐる回しで読んだ。どれも、面白い。 (2015/09/07)

>> 郵便局員:夕飯の前にピンポーン、出てみると若い郵便局員さん。”このあたり、配達員が新人になりましたのですが、お配り間違いなどございませんでしょうか”と。”他所のが来たらわかるけど、うちへ来るはずのんが、よそへ行ったらわからへんわなー”と、嫌味。”ところで防災ブックはまだ来んけど?”と聞いてみたら、”あ、それは全部のお家にお配りすることになってます。まだ町田の本局に来ておりませんので”と、どうして知ってるのみたいな怪訝な顔をして帰った。 (2015/09/05)

>> 24区も来るのかな:東京消防庁の知り合いから、防災ブックが配られるよって、メールが来た。もう届いた?との内容だったが、まだ来てない。へ、違う町田さんちに行ったのかなと思ったりしたが、全戸に配られるものらしい。消防庁の人は命を的に働いて、日々訓練してその中から書かれた貴重なブックなのだろう。ところで、23区だけなんじゃないのかなー。24区(町田市)には届くのかしらん? (2015/09/04)

>> 腹の立つこと:パートのナースの子供さん御病気でちょっと入院された。治癒したので保育園に連れて行ったら、治癒証明書がないとお預かりできませんと。それはまっとうな考えだ。他の子供さんにも責任がある園長さんの立場ならそういうだろう。で、入院先の病院へ証明書をもらいに行ったところ、どこの病院かは知らないけれど、主治医の外来日までかけませんと言われたらしい。娘にその話を今朝したら、”そいじゃさ、主治医が死んじゃったらどうなるのよ”と。お役所仕事でなくもっと親身になってやれや。 (2015/09/03)

>> ブックオフ:夏休み中に、紙ごみと化するはずだった文庫本など、結局ネットオフという、中古買入れ業者に頼んだところ、3578円也。銀行に振り込まれるんだって。わずかではあるけれど、何となく嬉しいな。ごみになるはずだったものが、おそらくどなたかの手に渡って、又読んでくれるんだと思うと、なんだかうきうき。もちろんお金も嬉しーな。 (2015/09/02)

>> レセプト:9月1日。今日からレセプト。8月はまるまる1週間休んだので、少ないよ。(-"-) (2015/09/01)