町田内視鏡クリニック
横浜市瀬谷区瀬谷3-1-29 TEL 045-300-6055

年月

院長のひとりごと

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

>> クリック募金:TMSのHPからのクリック募金は毎朝の日課。朝食の片づけをして部屋へ戻り、自分のHPへのアクセス数を調べたのち、クリニックへ来ている新たなメールのチェック、それから必ずTMSへアクセスして、クリック募金。今朝は、クリニックへ来ていたメールに佐竹先生からルセラエリートの情報があった。うーーーん、高いけど欲しいなあと思ってるうちにクリック募金を忘れてしまった。通勤途中で思い出し出勤後ただちにクリック募金。連続募金日数は途切れずに済んだ。 (2013/01/31)

>> ウエストポーチ:毎朝歩くとなると、両手は開けておきたい。そこでリュックの再登板となった。しかし、お弁当を買う時や、自販機でお茶を買うときなど、わざわざリュックを下ろすのが面倒だ。確か、割と体裁のいいウエストポーチを持って居たはず。昨夜必死で探したらあったあった。捨ててなくてよかった。PROGRESの製品だ。そこへじかに小銭と千円札、スマホを入れて颯爽と。リュックの両ポケットは、患者救急呼び出し用のらくらくホンと、定期、鍵が占領していて、それ以上には使えないのだ。 (2013/01/30)

>> 玉川学園まで:夜明けが遅かったり、雪で路面が凍結していたりで、半ばそれを理由に朝、成瀬までのバスを利用することにしていた。今朝は一念発起して玉学まで徒歩。自宅から玉川学園までは一つ山を越さなければならない。いつも通り6時20分に自宅を出たが、有り難いことにもうあたりは明るかった。これからなるべく歩こう。今朝、玉川学園についたときには体がポカポカしていた。 (2013/01/29)

>> ご贔屓のラーメン:土曜に内視鏡に来てくださるK先生は、瀬谷商店街の古くからあるラーメン屋さんがご贔屓。いつもお昼に食べてきては、大汗かいている。一昨日は看護師さんがおねだりしたらしく、皆でそのラーメンを食べていた。何やらトウガラシが入っているのか、やけに辛いらしい。お店は、おっさん一人でやってるそうで、出前はうちのクリニックまでが限界だそうだ。古いお店のようだが、常連客が多いそうな。マッチはラーメンはあまり好きじゃないし、どうも怖そうな店長のイメージがあって、残したりしたら睨まれそうなので、行く気にはなれないが、瀬谷では評判だそうな。ちなみに店名は三十一番と言うらしい。 (2013/01/28)

>> 岡山セミナー:激しい痛み発作のため横浜市大で手術直前まで行ったマッチの腰痛をメールカウンセリングだけで通常の内視鏡業務ができるまで良くしてくださった、長谷川淳史先生が2月11日に岡山までセミナーに出かけて下さる。めったにない機会だ。四国、中国の人は是非ともご参加を。ちなみにマッチは手術は受けなかったが、その後もいろんな療法を転々とした挙句、長谷川先生に巡り合えたのだった。いろんな形で先生に腰痛治療を受けた方はたくさんいらっしゃるはずだ。皆さん、自分がよくなったらそれを是非とも友達に教えてあげて。 (2013/01/26)

>> 不思議な広告:今朝、小田急線を大和駅で降りる時、ふと目にした広告、”早慶も現役合格保証、○×予備校”と貼ってある。保証という言葉は一般には生命保険などで、三大疾病で入院加療した時の費用を支払いますと言うような意味で、使われるものと思っていた。その中には保証する側の積極的な関与、支払い義務などを示唆するものが含まれる。この広告の場合、受験生が入試の時に発熱でもして、実力が発揮できなかった場合には裏口からでも押し込みますと言うような積極的な意味合いまで含まれているのだろうか。 (2013/01/25)

>> 宮下先生:この季節、毎年宮下先生ご夫妻が胃内視鏡検査においで下さる。昨日がその日だった。ちょうど長嶋先生が内視鏡に来てくださる日だったので、少し宮下先生とお話する時間が持てた。”宮下先生って言ったら、30歳くらいと思ってるんだけど…。”と言いつつカルテを見る。”バカねえ、あんた、もう歳よお”とおっしゃる。横浜市大第一内科で研修医だったころの、あこがれの先輩。どうしてもその当時の印象が濃いのだ。すごい勉強家だし、上の先生にも遠慮なく物を言うし、豊富な知識はだれにも負けない内科医だ。先生を30歳と思うと言うことは、自分もまだ研修医の気分で居ると言うことかもしれない。 (2013/01/24)

>> 瀬谷区勉強会:昨夕は2カ月ぶりに瀬谷区勉強会。北里大学消化器内科准教授田邉先生の酸分泌についてのお話だった。大変わかりやすかった。事前の打ち合わせでは、初対面の先生だったが、内視鏡部門の先生なので、いろいろ話が弾み面白かった。終了後の懇親会には娘がインフルエンザにかかっていたので、出席しなかった。 (2013/01/23)

>> 赤と黄色と:この間、娘がどこかからもらってきた赤ワインを、どうにかしろと言う。ワインはマッチも飲まないし、そうだ料理の時に日本酒代わりに使おうと思った。毎朝オムレツを焼くがその時にお砂糖と、わずかなお醤油と日本酒を割と多く入れる。けれど、赤ワインはちょっと色が心配だったので、小皿に垂らして少量だけ入れた。卵を箸でかき回した段階で、あれれれと思ったが、もう遅かった。ええい、焼いてやれとフライパンへ。出来上がったオムレツは誰も食べたくなくなるような代物だった。早い話が赤ちゃんの頻繁な下痢便見たいな状態。勿体ないが全部捨てて、目玉焼きに。看護師さんいわく”先生、赤と黄いろとまぜたらねーーー”と。 (2013/01/22)

>> FBって魔物:昨日FBでのお友達が愚痴っていた。FBのお友達に騙されたらしい。それも一回だけではなく複数の人から騙されたらしい。元々がバーチャルな関係なのだし、参加している人にはそれぞれの利用目的がある。多くの人に自分の業種を宣伝し、顧客を増やそうと言う人とか、自分はこうなんだとより多くの理解者を求める人たち。参加するならそういうことを理解して参加すべきだ。そろそろあほらしくなってきた。時々覗くだけにしよう。 (2013/01/21)

>> 大腸内視鏡検査のハードル:味の素のMRさんが先日見えた。今まで2?服用が基準だったニフレックが1?で腸管内洗浄可能な前処置薬が5月頃、市販されるらしい。とにかく大腸検査を誰もが簡単に受けられるかどうかは、今やいかに前処置を楽にするかにかかっていると言っても過言ではない。マッチは禁忌を承知でビジクリア50錠飲んだのだが、これは患者さんにお勧めできる話ではない。もちろん適応のある人には使用するが、それでもより多くの人が楽に前処置可能な薬品を誰もが待ち望んでいた。この新薬がどんなものかはまだ未知数だが、大腸がん早期発見に明るい展望が見えてきていることは間違いない。 (2013/01/19)

>> 杖の効用:昨日はまだ解けずに残っている雪のため、杖を持ってきた。帰りに事務主任のAさんと、瀬谷で相鉄線に乗った。すぐに、若い女性が”ここどうぞ”と。ええっと思って、”いえいいんですよ”と答えたら”あのう、杖を持ってらっしゃるので…。”と、とても親切。少し面映ゆかったので、”いえ、これは雪道のために持ってるんです、ほら、こうやって折り畳んでしまうんですよ…。”Aさん、”先生、折り畳んだ杖の入れ物あるんですか!”と。”あ、家に置いてある”と二人でキャッキャ笑いながら、たたんだ杖を握りしめる。降りしなにその女性に”ありがとうございました”。Aさん、”今どき親切な人もいらっしゃるんですね”と感心した。嬉しいひと時だった。 (2013/01/18)

>> 介護用品売り場で:雪道を歩くのに、母が使っていた杖で歩いていたが、先端のゴムが摩耗して、かえって危なっかしかった。昨日の帰り小田急7階の介護用品売り場で新たな杖を捜した。”あのう、雪の時しか使わないんですけど…”と、言い訳しながら探した。”お客様、まだ杖が必要ない時から使ってらっしゃると、本当に必要になった時に上手に使えるのですよ”などと、うまいこと言って進める。マッチは骨折の経験もあるし、昔からひどい腰痛持ちだったので(あくまで”だった”)、杖を持つことにいまさら抵抗はない。折り畳みのできるブラックパープルの、持ちやすそうなのを買った。今朝も持ってきたが、もう雪も解けてきたし、ただのお荷物になってしまった。ま、そう言ってるうちが華かもね。 (2013/01/17)

>> 雪道で骨折:昨日の朝一番に胃内視鏡検査予約されておられた患者さまが、飛び込んでくるなり、”そこで転んで…”と。見ると右前腕部に浮腫が見られ、右手が動かないと言う。”もう、内視鏡なんかどうでもいいから、すぐそこの整形へ行って”と。遠方からの患者さまだった。”整形が終わったら何時になっても検査するからね”と念を押して行ってもらった。しばらくたっておいでになり、やはり骨折だと。けれど内視鏡を受けたいとおっしゃられ、右手が効かないので、ええんかいなと思いつつ同意書もマッチが代筆。無事検査終了してお帰りになられた。雪道は怖い。一度大丈夫か電話してみようと思う。 (2013/01/16)

>> 神奈中バス:少々の雪ではバスが止まったりしないはずの、成瀬までほぼ平坦な道路沿いの家を買ったのだった。少々のこと(桜並木に◎虫が出る)には、目をつぶったのだ。それなのに、今朝の神奈中バスは来ない。6:26分発のはずが、36分まで待っても来ない。そこへ丁度通りかかったタクシー。隣に並んでいたおねいさまと同時に手を挙げた。相乗りは禁止だと聞いたがそんなことは言ってられない。成瀬までですかと確認して一緒に乗った。降りしな、やっぱり相乗りは違反なので、マッチが領収書をもらって払った。だって、娘くらいの歳のひとだもん。 (2013/01/15)

>> 文庫本もありますよ:昨日は半ドンなので、町田カイロプラクティックARTSsで治療を受けた帰りに小田急8階の本屋へ行った。朝プラカードで見たまほろ駅なんたらかんたらを見に行くためだ。なかなか見つからなかったが、新刊本のところにあったので、上下2冊を抱えて、レジへ。おねいさんが”お客さん、文庫本もありますよ”となかなか親切。目の前の棚の文庫本を手にとって購入。早速読み始める。直木賞作品とあって、なかなか筋立ては面白い。地の分は分かりやすかったが会話文が主人公二人のどっちのセリフかが非常にわかりにくい。マッチが時代についていけてないせいなのか、それともずさんな小説にも直木賞が出るようになったのか。町田駅裏が舞台になってる所だけが私の興味を引いた。 (2013/01/12)

>> 物好きな人たち:JR成瀬からひと駅町田で降りて、小田急町田までアーケードの下を歩く。小田急近くまで来たとき、見慣れぬ行列が…。何で並んでるのと聞きたいところだが、こっちも急ぐのでそれどこではない。”ここが最後尾です”のプラカードを持ったおじさんが立っていた。見ると まほろ駅前なんたらかんたらの記念乗車券発売の行列らしいと判明。早速電車に載ってからググってみたところ、今日から始まるテレビ東京の番組に関係しているらしい。まほろ駅と言うのがどうやら小田急町田駅がモデルらしいと分かった。そうかと言って寒空に並ぶか。よっぽど物好きな連中だなあ。電車の中でググるマッチも物好きか。 (2013/01/11)

>> 得した気分:事務主任のAさんの真似をして、早速財布の中の硬貨を50円以下のものと100円以上のものに分類しておいた。今朝、セブンイレブンでお昼を買う時早速役にたった。一円玉も100円玉もすぐに枚数がわかりパパっと支払いができた。何だか得した気分だ。 (2013/01/10)

>> ロングベスト:ここ数年、暖冬が続いていたので、真冬と言っても薄いカシミアのセーターに短いベスト、ロングコートで間にあっていた。今年はやけに寒い。かといってコートの下にジャケットを着るのはアーム周りが窮屈で嫌だった。薄手のジャケットでも何だか窮屈。通販で目に付いたのがニットのロングベスト。これならアーム周りは楽に決まっている。電話したら、数日かかりますと言うことだったが、翌日到着。今朝は早速着こんでみた。暖かいし、軽くて楽チン。こんなことなら早くに注文すればよかった。 (2013/01/09)

>> お札の方向:昨日、事務主任のAさんと、相模大野まで久しぶりに御一緒できた。彼女はまじめで優秀な人だ。お財布の中味のお札を方向が一致してないと気持ちが悪いそうだ。支払いする時もおつりを受け取る時も、方向を揃えるそうだ。マッチにはとても信じられない。その時電車の中でマッチはお財布を開いて見せた。札の中で、二つ折りにしてるものと、折ってないものとが混在状態。彼女にびっくりされた。彼女は硬貨も50円以下のものと、100円以上のものとの保管場所を別にしているそうだ。それは確かに便利に違いない。マッチは一円玉をしょっちゅうレジで探すのだもの。 (2013/01/08)

>> 反面教師:年初にお見えになられた女性の患者さまから”ここのトイレはきれいねえ、スタッフがお掃除するの?院長さんのご指導がいいからじゃないですか?”とおほめの言葉を頂戴した。ところが違うのだ、マッチの診察室は片づけられない女だから、いろいろ山積み。もちろん要らないものもいっぱい。看護師さんや受付さんが見かねて、せめてトイレくらいはと、せっせとお掃除してくれた結果だと思う。いずれにしても嬉しいお言葉。 (2013/01/07)

>> 健康だけが頼り:昨年の震災から、固定資産も少々の預貯金も当てにならないことを我々は学んだ。結局どんなことがあっても生き残れるのは、権力と大きな富をもったごく一部の人間だけなのだ。その中で、しかし最後に頼りになるのが、健康だと五木先生は書いておられる。今回”腰痛は怒りである”の著者長谷川淳史先生が訳本”からだと健康の解体新書”を脱稿されたと聞く。アマゾンで予約をと思うが、出版が遅れたため先生に印税が全く入らないと、漏れ聞いて、腹が立ち、とりあえず出てからちら見して、それから注文する。カイロプラクティックARTSsの亀山先生が予約されたらしいので、みせてもらおうっと。内容の宣伝はアマゾンにもなかったが、きっと素晴らしいものに違いない。 (2013/01/05)

>> 大ブレイク:昨日は、娘は新品の何やら湯気の出る掃除機を使って台所掃除。マッチはそばで箱根駅伝見ていた。”ちょっとちょっと、この中大のブレイクした子、かわいそうやなあ”というと、”そりゃあ、かわいそうやわ。けどそれブレーキやで、なんや知らんけど急に人気が上がったのんがブレイクやがな”と正月早々馬鹿にされてしまった。そうこうしているうちに油で汚れていたレンジ周りがきれいになった。 (2013/01/04)