町田内視鏡クリニック
横浜市瀬谷区瀬谷3-1-29 TEL 045-300-6055

年月

院長のひとりごと

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

>> ビジクリア:看護師さんが忠告してくれて昨日の内視鏡検査終了時点から、ビジクリアを飲み始めた。ちょっとしょっぱい大きめの錠剤を5錠ずつ、15分間隔で飲む。必ず200mlの水で飲む。ウーロン茶や、十六茶でもいい。タイマーでセットしてもらって、昨日のうちに25錠飲んだ。飲み終わったころから便意を催し、何度もトイレ通い。もうほとんどきれいになってしまった。帰りがちょっと心配だったが、無事帰宅。今朝は朝食はとらずに今、残りのビジクリアに挑戦中。15分と言う時間は、書類書きや、カルテチェックが十分にできる。今朝は、偶然看護師さんたちも交代で健康診断に行くので、内視鏡は入れてない。外来だけだから、トイレ行きたくなっても何とかなるだろう。 (2012/08/31)

>> 大腸検査:明日、大腸検査を受ける。マッチはあの時の検査用の下剤が飲めない。それで、仕方なく月曜から、少しずつ食事制限をしているので、今は飢餓状態。体に力が入りません。下剤は高齢者で禁忌のビジクリアを高齢者ぎりぎり一歩手前なので、使うことにした。今夜と明日、ビジクリアを50錠飲みます。辛いなあ。考えることはコロッケやとんかつお寿司のことばかり。 (2012/08/30)

>> 古い抗生剤:昨日の夕飯時、なんか変だった。あ、こりゃあ膀胱炎だ。まずいまずい。いつも変事のために常用薬だけはきちんと揃えてある。どこで起きてもいいように、生きてる限りは診療が続けられるように。けど迂闊なことに抗生剤だけは用意してなかった。7,8年も前、娘が無石胆のう炎を起こした時の残りだけ。うーーーん、どうしようと思ったが、背に腹は代えられず、それを自己責任で飲んだ。ひと眠りした後、何か知らんが効いてきたようだった。朝、もう一個飲んで、今日は新しいのを手に入れなくては。知りませんよ、古いのは何が起きるかわかりません。 (2012/08/29)

>> 嬉しかったこと:昨日の昼休みにFBを見ていたら、どう考えても同級生と思われる女性がコメントしていた。お、あのすらっとした美人麻酔医じゃ。ご結婚されて姓が変わってるのがちょっと不安だったけど、すぐにおホモらち申請。早速返事が返ってきた。やっぱりそうかあ。お元気で御主人ともどもご活躍されてるらしいのが何より嬉しかった。 (2012/08/28)

>> 落ちないキャップ:成瀬駅では毎朝自販機で伊藤園の玄米茶を買うのだが、今朝は気が変わってFROM AQUAと言うのを買った。500ml入りで110円。自販機にしては安い。キャップを見ると、何だか面倒なことが書いてある。ねじって開けて飲んだ後にも、キャップが落ちないそうだ。なるほど、こういうのを買って飲んだ時、ついキャップを道路に落としてしまうことがあって、そうなるともう一度蓋をして再度飲み続けるのは何となく抵抗がある。いい考えと思うが、ちょっとごくごくとは飲みにくかった。 (2012/08/27)

>> 瀬谷区医師会:昨夜は瀬谷区の役員会。当院は午後お休みなので、それまでの間、クリニックで待機。結構無駄な時間が流れる。さりとてそう言う時には何をする気も起らない。二階の机の上に山積みされていた書簡類を破っては捨て、破っては捨て。その間に殺人事件のTVドラマを見る。飽きてきたので少し早目に出かけたら、まるきり時間が間違っていて、まだ空いてなかった。もしや、日時を間違えたのではと不安になったが、もう少し待ってみようと、お向かいの郵便局わきの自販機へ。いろはすと言う水を初めて知った。くせのない水でおいしい。夜空を仰ぐともうじき半月となるような月。夜風が涼しかったのが幸いだった。 (2012/08/25)

>> コンビニの店員:久しぶりに昼食を買いにコンビニに行った。ずっと京樽に浮気していたのだが、少々飽きてきた。前にいたおねいさまに会えるかなあと思っていたが、代わりにいたのは若い無愛想な子だった。コンビニに行く楽しみも一つ減った。 (2012/08/24)

>> 自然を生きる:玄侑宗久と釈徹宗の対談“自然(じねん)を生きる”がアマゾンから届いた。早速今朝の電車から読み始める。自力と他力、迷いの多い世の中だが、生き方のきっかけになるのではないかとわくわくしながら読んでいる。 (2012/08/23)

>> 募金と水まき:今朝はちょっぴり早く起きたので、食事の片づけをした後、気分よく水まきし、クリック募金も成就した。馬酔木はやはり西日には弱いみたいで、お隣との間に植え替えたやつはとても元気。玄関先のはどんなに水やりしてもだめ。 (2012/08/22)

>> クリック募金:毎朝、食事の片づけが終わって、出かける前にクリック募金を必ずする。今朝は、ちょっと起床時間が遅くなり、ゴミ出しもあったし、朝の水やりも。どちらかにしないとバスに間に合わない。クリック募金はマッチがしなくても大勢の人がされるので、大勢に影響ないが、水やりはマッチがしないと木々はかわいそうな目に会うので、水やりを選んだ。明日はもうちょっと早く起きよう。 (2012/08/21)

>> 朝の水まき:猛暑とはいえ、朝夕はいくらか秋の気配が漂ってきたと言う。早朝に起きて、家の中では実感しにくいが、外へ出て、わずかな植木にホースで水まきする時には、つい先週までとは違う風のさわやかさが感じられる。木々の葉っぱも、元気を取り戻してきているようだ。 (2012/08/20)

>> 鉢植えの花:一年以上前になるが、昔のオーベンF先生からかわいらしい鉢植えをいただいた。クリニックの受付に飾っておいたが、早く枯れてしまい、あきらめていた。事務長が二階の部屋にもっていき、様子を見ながら水やりを欠かさなかったらしく、かわいい花が開いた。もうひとつ蕾が付いている。 (2012/08/18)

>> お盆ダイヤ:昨日の帰り、18:56発か、うまくすれば18:48発の玉ちゃんバスに乗れると思っていた。玉川学園前駅に着くとすでに数人バス停に並んでいた。うん、これなら座れると思って並んだ。しかし、予定の時刻を過ぎてもバスは来ない。おかしいなと思って、表示を見ると小さな字で、お盆ダイヤで、土日と同じだと。折角並んだんだからと乗れるまで待ってしまった。19:18分発だった。あんな暑いところで待つくらいなら、隣のOXで、買い物でもすればよかった。旦那は後の電車で帰ったらしいが、そのバスを横目でにらんで歩いて帰ったらしく、少し先に帰宅していた。 (2012/08/17)

>> 忘れ去られていく終戦記念日:数年前までは、TVでも我が国が引き起こした前の大戦についてのさまざまな番組が放映されていた。昨年気がついたことだが、どうもそういう内容のものが激減してきている。そして今年、オリンピックのせいにしてか、”私は貝になりたい”くらいだった。ビルマ戦線に駆り出されてようやくの思いで生還した父もなくなって久しい。その手の番組が減ったのは、生存者が少なくなったために、視聴率が稼げないと考えているのか、または我が国をもう一度馬鹿な戦争に向かわせようとしているためのマスコミこぞっての世論操作なのだろうか。 (2012/08/16)

>> 不用心な女性:今朝の片瀬江の島行き。トイ面に座った中年女性が、座った途端から大あくびの繰り返し。咽喉ちんこまで丸見え。目のやり場に困ったマッチは、半眼にして、足芯呼吸に没入した。しばらくしてふと眼を開けると、黒いショルダーバッグの中から、南関東に住んでいればすぐそれとわかる浜銀の封筒を取り出して、万札を数え始めた。それもかなりの枚数だ。今度は眼を外さないようにじっと見てしまった。黒のバッグははプラダだ。けど、せっかくのショルダーなのに、膝の上に置いたまま、数え終わると封筒をバッグにしまい、またまた大あくび。ちょっとちょっと、じっと見ていたのはマッチだけじゃあないと思うぜよ。気いつけなはれや。 (2012/08/11)

>> 夏休みのお知らせ:昨日の午後いらしたかわいい女性の患者さん”先生とこ、いつが夏休みなのよ、HPに出てないじゃん”と言われた。確かに表には表示していたが、HPに出し忘れていた。”あ、ごめんごめん。うちとこ貧乏だから13,14,15だけ休むわ。すぐ書くきに”と。それでもHPを見てくださる人が患者さんにもいらっしゃるのが嬉しかった。 (2012/08/10)

>> 町田駅アーケード:JR町田駅と小田急町田駅は大分離れていて、そこをつなぐアーケードがある。アーケードとは言っても真夏の日差しは厳しい。そこに、毎朝襤褸をまとったおっさんがいる。60歳くらいだろうか。季節で言えば、11月くらいなら、ちょうどいいと言うような格好だ。もちろんあちこち破れている。7時前に毎朝通るのだがそこで夜明かししているようだ。よく、熱中症にもならず、生きていけるものだと思う。食べ物はどうしているのかなあ。この頃は、コンビニでも残った弁当をそのままゴミ箱に捨てたりはしないだろうから。あの人も同じ日本人として生まれてきたはずなのに、どうしてあんなことになってしまったのだろう。 (2012/08/09)

>> 痛えっ:時々、受付さんと一緒に帰る。彼女は相模大野で降りる。そこへ丁度快速急行新宿行きが来ていたので、あわてて乗った。ドア付近に立っていると、二人組のキャリーバッグの若い女。ビルケンシュトックの素足は無惨にも轢かれたのだ。マッチは、“痛っ”と叫んだのに女どもは”あら”と来やがった。心の中では”なあに、このくそ婆が”と思ったに違いない。家へ帰って真っ黒な印しのついた指がかわいそうになった。 (2012/08/08)

>> スーツに汗が:小田急線町田駅のホームで、中年の男性がグレーのスーツを着て電車を待っていた。背中には20×30cmほどの汗が。よく見ると襟筋にも噴き出したばかりの汗が。こんなに暑いのだから、勤め人もスーツ禁止にしてはどうだろうかと思った。気の毒で見ていられなかった。 (2012/08/06)

>> トイレからポリープ:2週間ほど前のこと。大腸検査中に看護師さん、”先生、ポリープトイレから出てきたよ”と。実は一例目の人のポリープを切った時、ポリープの部位が悪くて処置に手間取り、切り落としたポリープを探しても探してもなかった。後に何人も検査が控えているので、いつまでもやってるわけにはいかず、とりあえず一旦休んでもらって最後にもう一度スコープを入れて探すつもりだったのだ。ところが休んでる間に患者さんがトイレに行ったらしい。看護師さんたちが貼りついていて、“水、流さないでくださいね”と念を押し、トイレの底からポリープを手づかみで、とりだしたのだった。組織学的には粘膜内癌だった。私たちの仕事も、病変を切除したり、傷口にクリップかけたりは目に着くが、トイレまで手を突っ込んで、ポリープを回収してくれる看護師さん。嬉しかった。 (2012/08/03)

>> 猫に小判:夕飯を手伝ってくれている知人は、早くに御主人を亡くされた方。とてもおしゃれな玉川学園の奥様。時々どこかへ出かけたお土産に、しゃれたお菓子をくださる。昨日は”み○さん(娘のこと)なら、きっと知ってるお店の焼き菓子です”とメールが来ていた。マッチは全然知らない。猫に小判とはこういうことだ。帰って来た娘に”知ってる?”と聞いたら”ああ、渋谷にあるよ、時々行くよ”だそうだ。確かにおしかった。 (2012/08/02)

>> レセプト:今朝からレセプトチェック、何やら忙しい。 (2012/08/01)