町田内視鏡クリニック
横浜市瀬谷区瀬谷3-1-29 TEL 045-300-6055

女性の方へメッセージ

町田内視鏡クリニックからのお知らせ

>> 2月21日(木)は午後の外来休診となります。大腸検査は実施いたします。 (2019/01/24)

>> 来週水曜日の午後(1月23日)は外来休診とさせていただきます。。大腸内視鏡検査は実施いたします。午前は外来やります。 (2019/01/18)

>> 12/13(木)の午後の外来は、コロンクラブ開催のため5時30分で受付終了とさせていただきます。 (2018/12/10)

>> 今朝から通常診療です。長くお休みいただきましてご迷惑おかけいたしました。 (2018/08/20)

>> 夏休み前の診療は明日でおしまいです。8月20日からまた診療開始となります。よろしくお願い申し上げます。 (2018/08/09)



院長のひとりごと

>> 自宅での転倒:外来やってると、うちは内視鏡だけのためにこられる方と一般内科で来られる方、いろいろだけど、皆さん,年々年取っていかれる(当たり前か(笑))。で、この前元気で来られた方が、歩き難そうに、杖つかないまでも、コチョコチョ歩きになってると、あれまどしたんって。たいていは転んだと、しかもご自宅での転倒が圧倒的。ワッシもついこの前まではそれが一番怖かった。歩けなくなると、たちまち日常生活に支障が出る。40歳前後での激しい腰痛の時には、今のこの年には、きっと歩けないのではないかと、うっすら恐れを抱いていたものだった。それがまあ、なんつうこともなく、お陰様でピンピンしとる。そりゃまあ、生身であるからには明日のことはわからんが、不安はない。昨日体芯力トレーニングで聞いてみた。皆、家の中では気が緩むから転ぶんですよと、先生。へ、そやけど家の中で気を緩めなけりゃあ、疲れるやん。そう、だから筋肉を柔らかくするといいんです、って。明日、日曜日の夜には先生の2回目のライブ放送がFBで予定されている。今度はいいね押し続けると、パー――っとマークがたくさん飛び散る仕掛けだってさ。さ、転ばないように仕事続けられるように、拝見しましょっと。 (2019/02/16)

>> くだらない投稿:今朝、スマホ見てたら友人の投稿に別の人がくだらない投稿だと書いてあった。へ、そないなこと書かれたらああた、ワッシなぞどないすべえか。昔、友人の投稿への他の友人からのコメントあり、そこへコメントしていろいろおせえてもらおうと思うたところ、他人のページ使ってくだくだいうのは止めましょうと書かれた。その時にはまだ、他人のページとかの認識がなかったため、随分なおっさんやなあと思うておった。そやけど、そないなことゆうてたら何も書けへんやないかいな。口の軽いワッシは、筆も軽いらしくてついいらんでもええことまで書いてしまう。瞬時にそれは世界中に回るて、そないな阿呆な、回る回る回転木馬。あ、また下らんことの羅列じゃ。不快なる御仁は、スルーしてチョンマゲ(笑)。 (2019/02/15)

>> ところで、あんた誰やったんかいな:昨日あるメーカーのMRさんが交替するからと訪ねてきた。長嶋先生の日だったので時間に余裕はあった。受付あたりで声がするから、なんぞ聞かないかん場合もあるかもとちょっと出ていった。ほしたら、ああた、これが吉本興業じゃが。イケメンではなかったけれど、おもろい。中へ入ってもろてお話。こちらの質問には答えられず、後日という。MRになってまだ日が浅いそうだ。前何しよったん。そごうの売り場に居ったんですわ。なんでやメタンん。あのねえ、これ(指でわっか作る)もってる人だけのために奉仕するのが嫌になったんです。それに今、百貨店は不景気ですねん。ワッシは本音は後者と思う。ま、ええやん。金持ってる人かどうか僕ら一目でわかりますねん。へー、なんでやのー。そら、せんせ、着とるもんガチャいますがな。なんつうことからムートンのコートの話まで。いや、ワシは明日のコメさえ心配やカラ買わへんでえ。などと、際限がない。で、質問には後日メールで返事せえとゆうといた。ところであんた、誰かいの―。向こうも唖然としたが、長谷川ですがな、へ、長谷川一夫かいな、知らんやろそれ。知りませんわ。長谷川平蔵と覚えて下さい。鬼平犯科帳ですがな。あ、松本幸四郎ね、あれよりは大分落ちるけどなー(笑)。次々患者さん来てて、受付さんにねじ巻かれてもうたわ。あれなら漫才やっても売れるわ。あんた売り上げトップやろーて聞いたら、いえ、そこまで行きまへんて。もちっとのところでトップチュウのんがやりがいあるねん。稼いでると踏んだ。 (2019/02/14)

>> 嬉しい知らせ:いくらか個人情報が入るかもしれないが、うれしかったので書く。ごめんね。彼が小児科医から紹介されて当院初診したのが中学3年の時。すぐに診断がついた。潰瘍性大腸炎。紹介元の医師はすぐに聖マリアンナ医科大学へ送ってくれと。私は断った。大腸内視鏡については専門医であるし、田坂でベッドなしでどこまで患者さんを診れるかは叩き込まれているからだ。で、当院で治療開始、5ASA製剤から初めて一応落ち着いたが、その後再燃を繰り返し、辛いステロネマも経験してもらった。経口ステロイド使ってるうちはよかったが切って来ると再燃する。今はレクタブルという便利な製剤もできてはいるが、結局ステロイド依存性に。で、昔なら大病院に送ったところだが、生物学的製剤が開業医でも比較的簡単に使えるようになったので、慎重に開始。みるみるよくなってきた。で、その彼が昨日の外来に。何と薬科大学に合格したって!!そして、さらにもう2校受けるそうだ。いずれも薬学部。いい選択をしたと思う。私は自分のことのように嬉しかった。後、6年もすれば彼は、自分の主治医を自分で選択できるような環境になることは間違いない。私がいつまで診てあげられるか案じていたので、朗報だった。優秀な彼のことだから製薬の研究でもして、新たないい薬の発明に至るかもしれないのだ。いやー、よかったよかった。聖マリアンナに紹介しなかった訳は、ああいうところだと学校行ってる彼にとって不便(主治医がいないから、今日は診ませんとか平気で言うし)受診の度に学校休まないといけないから。それに若い医師はどんどん入れ替わるから、まずいと思ったわけ。自分のクリニックなら親御さんに来てもらって病状効くだけで薬の調節ができるのだ。まずは、おめでとう!! (2019/02/13)

苦痛のない内視鏡検査とは

こんな症状にご注意ください


Copyright (C) machida-endoscopy.jp All Rights Reserved. - - - - - - - - - - - -